TOP > マンガ新聞レビュー部 > チャンピオンにはこの男がいる!増田英二最新作『週刊少年ハチ』に刮目せよ!

チャンピオンにはこの男がいる!増田英二最新作『週刊少年ハチ』に刮目せよ!

どの雑誌にもヒットメーカーと呼ばれるような作者がいます。

 

「この作者の作品なら間違いねぇだろう」

 

と呼ばれるようなような人達です。

 

その筆頭格は、

  • 高橋留美子先生
  • 藤田和日郎先生
  • 真島ヒロ先生
  • 青山剛昌先生
  • 鈴木央先生

なんかがすぐに思い浮かびます。

 

鳥山明先生もそうですし、もちろん尾田先生や岸本先生、秋本先生といったセンセイ方もそうです。

 

しかし、このセンセイを忘れてはいけませんでした。

増田英二先生です。

 

前作の漫画『実は私は』は、センセイ自身の代表作になるビッグヒット作品となりました。

その前の作品『さくらDISCORD』も個人的には死ぬほど好きな作品です。好きすぎて、舞台となった兵庫県網浜まで行ったことも有ります。

 

そんな増田センセイの最新作が『週刊少年ハチ』!

 

週刊少年ハチ 1 (少年チャンピオン・コミックス)
著者:増田英二
出版社:秋田書店
販売日:2018-07-06
週刊少年ハチ 2 (少年チャンピオン・コミックス)
著者:増田英二
出版社:秋田書店
販売日:2018-07-06

 

二冊同時発売です。僕としたことが発売されてるのを見落としていました。猛省です。 

 

この物語は、主人公になりたいけれどなれなかった少年『八坂八起』(通称・ハチ)が、夢に向かって成長していく物語です。

 

作品の舞台は漫画家を育成する漫画の専門学校、鬼が浜まんが学園。そこに居るのは増田英二作品特有のクセの強いライバル達(但しほぼポンコツが確定されています)

 

そんなライバル達や先輩達、さらには学校の講師たちと切磋琢磨しながら成長していくお話になるんでしょう。

うん、多分、きっと!そうなるはず……。

 

増田センセイの作品の魅力は、なんと言っても個性的でクセが強くて、ポンコツ感が溢れ出すキャラクター達です。

そのくせ、キメる時はちゃんとキメて物語をしっかり回してくれる。そんな頼もしい奴らです。

 

今作の主人公は、主役になりたくてなりたくて、でもどうしてもなれなかった少年。

この「主人公になりたい」はそっくりそのまま、僕ら読者の共感につながります。

挫折したことない人なんていないし、どんなに頑張っても手が届かなかったことがない人もいないと思います。

主人公のハチ君はそんな僕らの想いを作中で熱く代弁してくれます。

 

それでも手を伸ばさなきゃあの光さえ掴めないことを、そしてその熱はどんどん伝播していきます。

これから物語が進むに連れて、彼の周りにはもっともっとたくさんの仲間が集まってハッピーエンドに向かうことでしょう。

 

系統的には『バクマン。』や『左ききのエレン』『ランウェイで笑って』と言った作品にコメディ要素をがっつり入れた作品ですね。

笑って泣いて、そして熱くなること請け合いです。増田節全開のこの作品、最高におすすめですし増田英二というブランドだけで買えるこの作品めっちゃオススメです!

 

関連記事

>>リメイク版が原作版を超えてきた!『左ききのエレン』の進化が恐ろしい

>>漫画『ランウェイで笑って』デザイナーとモデル、それぞれの夢を追う姿に号泣!