TOP > マンガ新聞レビュー部 > 教科書には細かすぎて載ってない内容がもりだくさん歴史漫画特集3選!!歴史オタクには必見です!

教科書には細かすぎて載ってない内容がもりだくさん歴史漫画特集3選!!歴史オタクには必見です!

突然ですが、みなさん歴史漫画はお好きでしょうか。

私は歴史漫画が好きだったので、大学受験の時は教科書を読む代わりに現実逃避で歴史漫画を読んでいました(笑)

今回は、そんなマンガ新聞編集部がオススメする歴史漫画特集3選をお届けします!

 

歴史漫画①『ヴィンランド・サガ』

はるか北方ー

凍てつく海の彼方より

戦乱の黒雲をしたがえて彼らは来る

 

舞台は11世紀。ヨーロッパ各地を荒らし回した最強の民族が存在した。

その名もヴァイキング。スカンディナヴィア出身の海賊である。

そのヴァイキング海賊団の一員として、戦場を駆ける一人の少年がいた。

 

彼の名はトルフィン。幼いころ父を殺され、以来父の仇であるアシェラッドの海賊団の一員となり復讐の機会を狙っている。

アシェラッド一行は、ひょんなことから後にデンマーク王となるクヌート王を自国まで護衛することに。

 

無事クヌートを自国まで送り届けたアシェラッド一行であったが、激しい争いの末仲間は激減。

さらにアシェラッドはその争いのさなか不慮の死を遂げてしまう。

 

長年、アシェラッドを殺すことを目標にしてきたトルフィンは生きる希望をなくしてしまい…!?

 

一言で、この漫画のすごさを表現することはもとより不可能‼そのつもりもありません!

興味のある方はぜひお手に取ってみてください!

 

気になる方はこちらのレビューもあわせてどうぞ。

>>「誰にも敵なんていないんだ」とてつもなく深い愛の物語『ヴィンランド・サガ』

 

ヴィンランド・サガ(1) (アフタヌーンKC)
著者:幸村 誠
出版社:講談社
  • Amazon
  • Amazon

 

歴史漫画②『拳闘暗黒伝セスタス』

人類が手にした最初の武器

神話の時代から人間は拳で争って来た

最古の格闘技 それが拳闘だ

舞台は紀元54年、古代ローマ帝国。

のちに史上最悪の暴君として名を残すネロ帝の治世に、明日を生きるため必死に努力する少年がいた。

彼の名はセスタス。奴隷拳闘士養成所に身を置き、闘うために日々鍛錬する拳奴である。

 

命を懸けた決闘が大いに楽しまれていた時代、生き残るためには相手を倒す以外に道はない。

いつしか奴隷から解放されることを夢見て、今日も彼は拳を振るう‼

様々な強敵との死闘の末に、彼を待ち受けるのは自由か、それともか…‼

 

感動あり、成長ありの元祖格闘歴史漫画です!

闘うこと以外に道はない少年拳奴セスタスの生き様をぜひお手に取ってご覧ください‼

 

拳闘暗黒伝セスタス 1 (ジェッツコミックス)
著者:技来静也
出版社:白泉社
販売日:2013-07-31
  • Amazon

 

様々な強敵との死闘を繰り広げて成長したセスタスは、皇帝ネロが主催する闘技大会に出場することに‼

優勝すれば晴れて自由の身に‼しかし、相手は世界中からはるばるやって来た強敵揃い!?

はたしてセスタスは優勝することができるのか!?

 

『拳闘暗黒伝セスタス』の続編となっており、現在もヤングアニマル嵐にて連載中です‼

気になった方はこちらもあわせてどうぞ‼

 

拳奴死闘伝セスタス 1 (ジェッツコミックス)
著者:技来静也
出版社:白泉社
販売日:2011-04-28
  • Amazon
  • Amazon

 

歴史漫画③『遮那王 義経』

源義経。平安後期から鎌倉前期にかけての武将で、平氏追討に大いに貢献した日本を代表する歴史的偉人である。

物語は京都の神社で一つの古門書が発見されるところから始まる。そこには驚愕の事実が記されていた。

その内容は牛若丸、後の源義経が16歳で死去したというものだった…‼

 

時は遡り、舞台は平氏の長・平清盛が世を牛耳る平安末期。

そんな時代に、親もいなければ金もない少年たちで構成された軒下一座は芸を売って生活していた。

その座長の名は漂太。後に源義経として平氏に立ち向かう男である。

 

ある日、軒下一座の芸で自分の息子にそっくりな漂太を見かけた牛若の母・常盤は漂太にあるお願いごとをして…!?

 

2004年、講談社漫画賞少年部門を受賞した作品です!

教科書には載ってないもう一つの義経物語がここに開幕!

 

遮那王 義経(1) (月刊少年マガジンコミックス)
著者:沢田ひろふみ
出版社:講談社
販売日:2014-08-29
  • Amazon

 

穏やかな生活が続き、漂太が奥州を下ってから早6年が過ぎようとしていた。
そんななか、奥州平泉に1人の密使が訪れる。
一方、平氏の独裁政治に不満をもつ勢力が各地で動き始めていた。そしてついにあの暴君・平清盛は命が尽きて…‼
 
清盛の死や新たな敵の登場などで物語は急展開を迎えます。気になった方はぜひ!

 

 

以上、マンガ新聞編集部イチオシ作品をお届けしました。
気になった作品はありましたか?
ご友人にもシェアしてオススメしてください!
 

 

マンガ新聞編集部
公式SNS

@mangahonz/@manga_shinbun