TOP > おすすめニュース > 足立梨花、結婚したいジャンプのキャラクターは「殺せんせー」

足立梨花、結婚したいジャンプのキャラクターは「殺せんせー」

「週刊少年ジャンプ」(集英社)が今年創刊50周年を迎えるにあたり、2018年7月17日(火)より六本木の森アーツセンターギャラリーにて「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3―2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)―」が開催される。

 

先立って12日に内覧会が行われ、女優の足立梨花さん、お笑い芸人のスピードワゴン(井戸田潤・小沢一敬)さんを招いた特別トークセッションが開催された。

 

足立梨花さん、井戸田潤さん、小沢一敬さん

3名はジャンプのシンボルマークである海賊をモチーフにした衣装で登場。
井戸田さんは持ちネタである"ハンバーグ師匠"の衣装で現れ、小沢さんに「なんですかこれ」と聞かれ「俺だよ俺、ハンバーグだよ!」と答えた。
井戸田さんいわく余所行きのフォーマルなバージョンらしく、開始直後から会場の笑いを誘った。

 

昔から「週刊少年ジャンプ」に慣れ親しんできた3人は、それぞれのジャンプ愛についてを語り、なかでも小沢さんは「昔ジャンプを友達から借りて、わら半紙に透かして写して書いていた。今でも身体が(キャラクターの書き方を)覚えている」と語り、驚きを呼んだ。

また、特に好きな作品として『ジョジョの奇妙な冒険』を挙げ、コンビ名でもある「スピートワゴン」はジョジョのキャラクター名からいただいたと言った。

 

司会に「有名な話ですけれども集英社には言ってなかったんですね」と聞かれ「…やばいかな…今更だけど勝手に使っちゃって20年経ちますけど…」と焦る場面も。

会場に来ていた現ジャンプ編集長からその場でOKをもらい、ついにコンビ名が「公式」となった瞬間が訪れた。

 

 

一足早く会場を見学した3名は今回の「週刊少年ジャンプ展VOL.3」の見どころについてを聞かれ、足立さんは『ハイキュー!!』のブースに展示されている "とあるシーン" で泣いたと語った。

 

『ハイキュー!!』ブース©古館春一/集英社
泣いたシーンを再現する様子

衣装のイメージは、『ハイキュー!!』のキャラクターで「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄をイメージした赤いマントだとも語った足立さんだったが、その足立さんを泣かせたのは同じチーム内の ”別の人物” だとのこと。

 

そのシーンは、ぜひ実際に会場に足を運んで確かめてみてほしい。

 

 

記者からの質問では「ジャンプの中で結婚したいキャラクターは?」と聞かれ、足立さんは「本当は影山なんですけど、色んなこと考えると殺せんせーを旦那にしておけば最強かな」と答えた。

小沢さんの「(殺せんせーを)愛せる?」という質問には「めちゃくちゃ可愛いんですよ。表情も豊かで、何よりマッハのスピードを持ってるので遅刻しそうなときとか助けてくれるじゃないですか。すごい賢いし」と語った。

 

小沢さんは最後に「どんな人に来てほしいですか?」という質問に対し、

「僕は家に3000冊以上漫画があって、人生に必要なものは漫画に全部教わりました。その中でもジャンプが一番最初に出会ったものだから、占める割合が多くて。困ってる人も悩んでる人もここ(週刊少年ジャンプ展VOL.3)に来ればヒントはある。答えは自分で探しなさいっていうきっかけをくれるので、誰が来ても楽しめると思います」と答えた。

 

漫画や「週刊少年ジャンプ」への熱い想いを語る小沢さん

 

「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3―2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)―」概要

会期:2018年7月17日(火)~9月30日(日) ※会期中無休

開館時間:10:00~20:00

会場:六本木ヒルズ内 森アーツセンターギャラリー

公式サイト:https://shonenjump-ten.com

 

同展覧会は『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』『BLEACH』など、世界中のマンガファンたちが憧れる作品の「ジャンプヒーロー」たちが大集結。
各作品をイメージした空間で、会期中440展以上もの原画展示や、描き下ろし18作品のイラスト展示が行われる。

 

<描き下ろし18作品>

  • 『アイシールド21』
  • 『暗殺教室』
  • 『家庭教師ヒットマンREBORN!』
  • 『銀魂』
  • 『黒子のバスケ』
  • 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
  • 『D.Gray-man』
  • 『DEATH NOTE』
  • 『テニスの王子様』
  • 『トリコ』
  • 『NARUTO-ナルト-』
  • 『ハイキュー!!』
  • 『バクマン。』
  • 『HUNTER×HUNTER』
  • 『ヒカルの碁』
  • 『BLEACH』
  • 『僕のヒーローアカデミア』
  • 『ONE PIECE』

 

 

マンガ新聞編集部

公式SNS

@mangahonz/@manga_shinbun