TOP > マンガ新聞レビュー部 > 老夫婦が引き取った美少年には「秘密」があった!『坂本ですが ?』の作者が描く奇妙な双子サスペンス『ミギとダリ』

老夫婦が引き取った美少年には「秘密」があった!『坂本ですが ?』の作者が描く奇妙な双子サスペンス『ミギとダリ』

多くの漫画は、表紙を見ることでその作品の世界観やテーマ、読者に期待させるものが分かります。
スタイリッシュな笑いで一世を風靡した『坂本ですが?』に関しても、黒板でかっこ良くビリヤードを決める、あの表紙の絵にすべてが集約されていると言えるでしょう。

 

坂本ですが? 1 (HARTA COMIX)
著者:佐野 菜見
出版社:KADOKAWA / エンターブレイン
販売日:2013-09-20
  • Amazon

 

それでは、同作者の新作である本作『ミギとダリ』はどうでしょうか?

 

ミギとダリ 1 (HARTA COMIX)
著者:佐野 菜見
出版社:KADOKAWA / エンターブレイン
販売日:2018-05-15
  • Amazon

 

……なんだこれ???

 

金髪の美少年が、ニコリともせず、二人羽織のように、絡まりながらおにぎりを作る図。
そこには坂本君のようなスタイリッシュさはなく、かといってシリアスさもなく、まるで騙し絵でも見ているかのような奇妙な戸惑いだけが残ります。

 

一言で言うとなんか怪しい……。

 

けれど私は、この「よくわからない」所に興味を持ち、中身を読んでみました。

今ならKindleストアの「なか見!検索」からでも無料で1話分読むことができます。

https://www.amazon.co.jp/dp/B07CNR7HHM/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1
 

……なんだこれ???

 

1話読んでも良く分からん!
ただ、はっきりしているのは、この双子は明確な目的をもってこの街にやってきた、という事。
そして、その目的のために彼らが二人いることを知られてはいけないのです。

 

彼らはこの後も「一人の人間」のふりをしながら周囲の調査を続けていきます。
最初のターゲットは、彼(ら)を引き取った一見善良そうな老夫婦。
夫婦が買い物に出かけた後、双子は館の捜索を行ないます。

やっぱりこの夫婦 裏がある
何だミギ 今の顔は
裏のない人間なんて いないのさ

冷たい声で断言するダリ。
彼らの心の中には深い闇があることがわかります。
人前では快活な子供のふりをしながら、周囲の全てに心を許さず、信じられるのはお互いのみ。
秘密を守るため、さまざまな「双子アクション」を駆使する彼らの行動は(本人達が真剣なだけに)ひどく滑稽で笑いを誘います。

 

その辺のシュールなセンスは『坂本ですが?』と共通するものがありますが、本作には「え、今笑っていいの?」と困惑するような不思議な緊張感があり、その辺で好き嫌いがはっきり分かれそうな作品でもあります。

とはいえ、一巻の最後には彼らの目的も明確に明かされ、物語は双子の謎の真相に迫っていく事と思います。

 

私と同じく表紙の奇妙な絵に惹かれた人は、ぜひ続きを読んでみてください!

 

ミギとダリ 1 (HARTA COMIX)
著者:佐野 菜見
出版社:KADOKAWA / エンターブレイン
販売日:2018-05-15
  • Amazon