TOP > マンガ新聞レビュー部 > 結末はわかっているのに読む手がとめられない面白さ! 『元風俗嬢が金持ち妻になりました』

結末はわかっているのに読む手がとめられない面白さ! 『元風俗嬢が金持ち妻になりました』
元風俗嬢が金持ち妻になりました(1)
著者:奏羽穂香
出版社:DeNA
販売日:2018-05-01
  • Amazon

少年漫画のようなアダルト漫画

 

この漫画は、一言でいうと、行き場を失った不幸な生い立ちの18歳・ほのかが風俗に入店し、どんどん出世していくというサクセスストーリーだ。ほのかは素直で気が利く性格で、その長所が幸いし、客の使命が次々と集まっていく。お店でのぼりつめると、高級店から声がかかり、移籍する。さらにそこにはナンバーワンと呼ばれる先輩がいて、その人たちを指名で凌駕できる日を夢見ながら、彼女は仕事に励む。アダルト描写もかなり盛り込まれているけれど、一方で今時珍しいくらい、まっすぐな成長物語なのだ。

 

その過程のなかで、風俗業界で働く人たちが描かれる。話の冒頭には必ず「★この物語はフィクションであり、実在の人物・団体・出来事などとは一切関係ありません。」と注意書きがあるので、多少誇張されていることは間違いなさそうだが、私にとっては、まず表側、つまりお客さんとの基本的なやり取りからして未知の世界のものとしてとても面白かった。そして、多少の演出はあるとわかっていても、業界の外にいる人間が足を踏み入れることが決してできない風俗の裏側はとても興味深い。

 

応援したくなる主人公

 

少しの工夫で、差をつけられる。そんなことは耳にタコができるくらい言われてきたし、そういう物語には幾つも出会ってきた。けれど、風俗というフィルターがかけられたことで、同じメッセージがとても新鮮に見える。ほのかのやっている努力はどんな仕事にも共通のことなんだと、サラリーマン生活の長い私もはっとさせられた。また彼女の性格がまっすぐで泣かせる。不幸な生い立ちのせいで、序盤こそ卑屈なセリフを吐きまくっていた少女が、自分を徐々に尊重できるようになるステップは、読んでいてとても痛快だ。

 

タイトルですでに結末を語ってしまっている本作の冒頭は、幸せな結婚式からはじまる。そして連載最新話で、ほのかはまだまだ夢の途中を歩いている。セレブ妻になると判明している結末までに、あとどれくらいたくさんのエピソードが読めるのだろう。リアルタイムで楽しみに読んでいる。