TOP > マンガ新聞レビュー部 > コンセプトに文句は言わせない!宇宙戦艦ヤマト×キングダムは、スターウォーズを越える!?『銀河戦国群雄伝ライ』

コンセプトに文句は言わせない!宇宙戦艦ヤマト×キングダムは、スターウォーズを越える!?『銀河戦国群雄伝ライ』
銀河戦国群雄伝ライ (1) (Dengeki comics EX)
著者:真鍋 譲治
出版社:メディアワークス
  • Amazon

 

どうも初めまして。
アミューズメント業界の経営コンサルティングをしております狩野と申します。

 

さて、早速ですがマンガ新聞の読者の方は、皆様ホンモノ好きだと思います。

 

ホンモノとは前述の『キングダム』『クローズ』など、掲載紙面に関わらずジワジワファンを増やし、読者を波及させていく作品だと僕は思っています。

 

『キングダム』…ホンモノですよね。
今まで、中華戦国時代モノでは三國志モノがメインで春秋戦国時代を描いたものは数すくないものでしたが、登場人物一人一人の個性、時代ならではの残虐性、男たちの夢、情熱、友情、我々男子が熱くなるもの全てが詰まっています!

 

『クローズ』…こちらもホンモノです。
正直言いますと「月刊チャンピオン」。無知を承知で、秋田書店の編集の方には大変申し訳ないのですが、当時は月チャンなんて誰が読んでんだ?ホントにそんなレベルだと思っていました。

 

そこに、『クローズ』!!
「パンチパーマで特効服」でもなく「学ランでベットリトサカのリーゼント」でもない

 

"最強じゃなくて最高"

を描くヤンキーマンガ、斬新でしたね。

 

そう、私はマンガに関しては常にホンモノを追及する「求道者」でありたいのです。
あくまで「ありたい」のです。

 

さて、かなり前置きが長くなりましたが、今回ご紹介したいのは真鍋譲治先生の名作『銀河戦国群雄伝ライ』です。

一言で言うならばこの作品は宇宙戦国立身伝。

 

これだけ言うと、訳がわかりませんが、要は海が宇宙、国が星、そして時代は全宇宙制覇の覇権をかけた大戦国時代、一兵卒から皇帝までの立身出世物語なんです。

 

師との望まぬ戦。
凶帝の打破。
共に覇権を狙う強敵と書いたトモとの激闘。
幼き頃からの戦友との死別。
愛する妻との別れ。
愛憎権乱の大奥。
大義のための冷酷な処刑。

 

あれ?これって?って思いましたよね?

 

そうなんです。
まさに宇宙規模のキングダムなのです!

 

しかもこの作品、当時は電撃コミックガオで連載されていたのですが、なんとアニメ化までされているんです。

 

今と変わらずテレビ東京さんの編成担当さん!
お目が高い!!

 

また、このオープニングテーマが佐々木功さんを彷彿とさせる速水けんたろうさんの痺れた仕上がりなんですよ!!

 

オープニングをYouTubeで見る!
そのあとマンガ読む!

 

を推奨します!

 

真鍋先生!エッチなのも素敵ですがもう一度王道を!!!
そう願ってやまないです!
 

(文:狩野 剛史)

 

銀河戦国群雄伝ライ (27) (Dengeki comics EX)
著者:真鍋 譲治
出版社:メディアワークス
  • Amazon