TOP > マンガ新聞レビュー部 > 長時間労働をして社畜化したらもう笑い飛ばしてしまえ『いきのこれ! 社畜ちゃん』

長時間労働をして社畜化したらもう笑い飛ばしてしまえ『いきのこれ! 社畜ちゃん』
いきのこれ! 社畜ちゃん(1) (電撃コミックスNEXT)
著者:結うき。・ビタワン
出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
販売日:2016-05-27
  • Amazon

 

最近ますます長時間労働が話題になっていますね。

IT化とグローバル化の並の中で、効率化をいくら進めようと、相手が効率化して長時間働いたら、そりゃ合わせてこっちも長時間労働するしかない…

競争が激化することで恩恵を受けている面をも多くあり、一概にIT化、グローバル化を否定することもできないでしょう。
ただ、制度自体が限界を迎えているのかもしれません。

 

そして、この記事を読まれている方の中にも残業続きで
今日は久しぶりの休日…という人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
 

朝 自分:「今日は昨日残業して仕上げたからこのまま早く帰れる〜」
昼 上司:「これ明日の朝までにお願い」
夜 自分:「さて、まだまだ今日はこれからだ」
→次の日へ続く

 

責任感が強く優秀なあなたは、何がなんでも仕事をやり遂げてしまいます。
そんな、働きすぎなあなたに、共感の嵐を呼んでくれるであろう漫画が、今回紹介する『社畜ちゃん』です。

 

もう、どんなに仕事を効率化しようと、残業、休日出勤が消えないのであれば、それを笑い飛ばしてしまおう!楽しければいいじゃん!と言えるような漫画です。


社畜ちゃんはとある会社のシステムエンジニア。
(自販機のエナジードリンクがいつも売り切れているこの素晴らしい会社)

 

先輩さん、営業さん、後輩ちゃん、同期ちゃんなど愉快な仲間が沢山います。
ただ、この会社は何かがおかしいのです。

(C)2016 Vitaone (C)2016 Yuuki.

社畜ちゃんの心の中

社畜ちゃんはこれ以上仕事はできない!休みが欲しい!と思いつつも、ついつい仕事を請け負ってしまう。社畜ちゃんは責任感が強く真面目…そして…チョロい!これが揃うと立派な社畜になれるということがよくわかります。

(C)2016 Vitaone (C)2016 Yuuki.

でも、このくらいであれば、まだまだ序の口という方も多いかもしれません。休日出勤なんて当たり前〜。という人も世の中では多いのかもしれない。このくらいだと社畜度はまだまだ、代休で休むともう気が気じゃなくなってくる…周りが見えなくなってくる…

(C)2016 Vitaone (C)2016 Yuuki.

この2つに当てはまったら社畜化が進んでいるかもしれません。

 

後輩ちゃん、同期ちゃんマジかっけー

社畜ではなくこういう人が本当に仕事ができる人ですよね。こうなりたい…

 

ルーチン業務を自動化して、仕事の要件はきっちりと徹底的に洗い出す。社畜ちゃんももちろんそんなことはできるのでしょうが、自動化したことや仕事の要件をおそらく正直に伝えすぎて、真面目で優秀だからこそ社畜になってしまうのでしょうか。

(C)2016 Vitaone (C)2016 Yuuki.
(C)2016 Vitaone (C)2016 Yuuki.

最近は、長時間労働は悪みたいな風潮がありますが、そもそものビジネスモデル的に長時間労働にならざるを得ない業界に、残業を減らすような制度を入れようとしても壊れるに決まっています。

 

根本的に設計が間違っているプログラムにいくら修正パッチを作ったところで、それは一応動くけれども、様々な歪を生むのは至極当然です。
むしろ、問われるべきは、なぜ長時間労働やその他の文化が合わない人が、その会社でこんなになるまで働くことになったのか、それを生み出す制度に問題があるのではないでしょうか。

社畜と言われようが、何しようが自分が楽しいかどうか、有限な時間を使って最大限楽しくいきられればそれでいいはずです。

それでも、仕事に疲れたら『社畜ちゃん』を読んで笑ってください。

 

いきのこれ! 社畜ちゃん(1) (電撃コミックスNEXT)
著者:結うき。・ビタワン
出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
販売日:2016-05-27
  • Amazon
いきのこれ! 社畜ちゃん(2) (電撃コミックスNEXT)
著者:結うき。・ビタワン
出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
販売日:2017-02-27
  • Amazon
  • Amazon
いきのこれ! 社畜ちゃん(3) (電撃コミックスNEXT)
著者:結うき。・ビタワン
出版社:KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
販売日:2017-11-25
  • Amazon
  • Amazon

 

社畜ちゃんと合わせてこちらの本もぜひ。