TOP > マンガ新聞レビュー部 > 「パテなどでつくろう!」の衝撃!!  『超戦士ガンダム野郎』

「パテなどでつくろう!」の衝撃!!  『超戦士ガンダム野郎』

唐突ですが、私の夢はビルを丸ごと買い取って

屋上に実物大ガンダムの上半身を設置することです。

 

さて、みなさんは、その昔あった

コミックボンボン』という雑誌を

ご存じでしょうか?

今は休刊してしまったのですが、

かつて人気を誇った児童漫画誌です。

中でも特に大好きだった作品がこの

『超戦士(ハイパーせんし)ガンダム野郎(ボーイ)』

 

新装版 超戦士 ガンダム野郎(1) (KCデラックス)
著者:やまと 虹一
出版社:講談社
販売日:2015-01-23
  • Amazon

 

80年代前半、世はまさにSDガンダム全盛期。

『機動戦士ガンダム』の登場メカ(MS)たちに

極端なディフォルメをかけ、

可愛らしさとカッコよさを同居させたそれは、

少年たちの心をわしづかみにしました。

ガシャポン戦士カードダスといったグッズが一世を風靡し

持ってない少年など一人もいないのではというくらいでした。

 

その中で、ホビーの王様だったのが

BB戦士元祖SDガンダムといったガンダムのプラモ、

いわゆるガンプラです。

 

主人公の少年・天地大河

そのガンプラをシミュレーター上で操り、

ガンプラを悪用する者たちと戦うのが本作です。

 

おや?

ガンプラをシミュレーターで戦わせるといえば、

かの有名なパーフェクトガンダム武者ガンダムを生み出し、

ボンボンの発行部数を15万部から50万部まで押し上げた

伝説の作品、『プラモ狂四郎』

思い出した方も多いかもしれません。 

 

それを連想するのも自然なことで、

本作は、直接的な続編でこそありませんが

原作・作画ともに、同制作陣であり、

いわば精神的続編と言えます。

(狂四郎も少し本作に関わってきます)

 

そんな本作ですが、いくつかの特徴を上げる事ができます。

1、プラモ描写の正確さ

 

BB戦士と元祖SDガンダムはどちらも同じ

SDガンダムを扱っているプラモなのですが、

双方の造形にクセがあり、たとえ元が同じ デザイン画

でもかなり違って見えます。

 

本作ではその違いをはっきり描いており、

SDガンダムの代表的存在である武者頑駄無ひとつとっても、

BB戦士と元祖SDガンダムではまったく別物に見えます。

このリアリティが少年たちの心を掴みました。

 

2、改造

 

二つ目の特徴ですが、こういったリアリティに加え、

実際のプラモを組み替えて生み出す

改造戦士」が好評を博しました。

本作の影響で改造を始めた人もきっと多いはずです。

 

改造戦士は、既存のプラモの組み換えで

簡単に作れるもののほかに、

大規模な改造が必要なものも多数いたのですが、

コミックボンボン』 本誌にその作例が載っていました。

そこに添えられていたパワーワード

「パテなどでつくろう」

です。

(パテ=主に家財の補修などに使う接合剤)

 

実際に、パテを扱ったことがある人ならわかると思いますが、

これは接着剤と粘土の間のようなもので扱いがとても難しく、

まず思った形を作るのが困難です。

熟練の技が必要で、ふつう小学生に勧めるようなものではありません。

でも、それをやるのが『コミックボンボン』 です。

 

何しろ本作の敵は、プラモを溶かす接着剤の溶液で攻撃してきたり、

プラモに仕込んだバッテリーで熱した金属線で斬り裂いてくるなど

異常にリアリティがある上に、容赦がありません

 

SDガンダムやプラモを悪用しようとするそれらの強敵に対し、

大河の属するG研と呼ばれる研究会では、

日々プラモの改造の腕を磨き、改造戦士や

完全オリジナルのガンプラを生み出して対抗します。

 

そんなG研は、当時の少年たちの憧れでした。

みんな、大河たちのように

1から自分だけのガンプラを作れるようになりたかった。

だから、思いっきり背伸びした改造手法の紹介が心に刺さったのです。 

 

まとめ

 

以上のように、子どもをナメず、真剣に向き合っている所が

本作の大きな魅力です。

 

作中に登場するG研ビル屋上の巨大なガンダムの上半身は、

G研の象徴であると同時に、

読者(ガンダム野郎)たちの魂の象徴でもありました。

大好きなガンダムに見守られながらプラモの腕を磨いていく

そんな少年 たちの夢が詰まった作品といえるでしょう。

 

本作は、一時期は絶版で入手が難しい作品でしたが、

現在では新装版として復刊され、電子書籍版も出ています。

手に入れやすくなった今がチャンスです。

 

ぜひ、みなさんも手に取っていただいて、

一緒にガンダム野郎になりましょう。

 

そして、パテなどで改造戦士を作りましょう!!

 

新装版 超戦士 ガンダム野郎(1) (KCデラックス)
著者:やまと 虹一
出版社:講談社
販売日:2015-01-23
  • Amazon