TOP > マンガ新聞レビュー部 > 【ネットの闇】人の生死を落札できる"闇オークション"があるらしい。『殺人オークション』

【ネットの闇】人の生死を落札できる

 

"殺し方"を競り落とす犯罪サイトがあるのをご存知だろうか。

名前は確か…
 

『赤いオークション』

 

サイト上にターゲットが表示され、

そいつをどんな風に殺すかを

金持ちたちが数億円と言う価格で落札していくオークションなのだ。

 

 

しかも

殺されるのは、司法で裁けぬ犯罪者

 

最初の落札者はIT企業の社長で"F"と言う男だったが

殺しの快感に染まり、無関係の人まで殺してしまう。

 

国家ができない"正義"を自らの手で執行できるというのは

最高のエンターテイメントなのだろう。

 

幸いFは捕まったそうだが、

ヤツが捕まってもまだまだオークションは続くに違いない

 

そんな刺激的なオークションが

実は、600円あれば誰でもみれるのだ。

新しい刺激が欲しい人には非常にオススメである。

 

▼▼▼オークションの詳細が知りたい人は以下のURLをクリック▼▼▼

殺人オークション(1) (アクションコミックス)
著者:秋吉 宣宏
出版社:双葉社
販売日:2017-12-20
  • Amazon
  • Amazon