TOP > マンガ新聞レビュー部 > サイバーエージェントの暴露本!!かと、思いきや「リアルな恋愛バトルもの!笑」業界共感しまくりの『彼女のいる彼氏』

サイバーエージェントの暴露本!!かと、思いきや「リアルな恋愛バトルもの!笑」業界共感しまくりの『彼女のいる彼氏』

どうも

漫画家こしのりょうです。

 

最近「コルクBOOKS」に投稿したりしてるのですが・・・。

 

あ、「コルクBOOKS」とは

「お題」が投げられ、そのお題をいろいろな漫画家さんが 「漫画で描く」。

そして、その漫画にコメントしたりリメイク(ラリー)したりして「漫画を楽しく描くことで、漫画が上手くなるよ」というサイトです。

 

そこの投稿作の中に「矢島光」さんの作品がありました。

「漫画家になるまで」のお題でね。

サイバーエージェントに勤めながら漫画家になるまでの悪戦苦闘(めちゃ、おもしろい!!)が描かれているのですが・・・

その話のなかで、矢島さんは編集者さんに言われます。

 

「みんな揶揄しながらも本当はサイバーエージェントの中身が知りたいんです」

!!!

「うん、知りたい!」

というわけで、読んでみました!!

 

彼女のいる彼氏 1 (BUNCH COMICS)
著者:矢島 光
出版社:新潮社
販売日:2016-10-08
  • Amazon
  • Amazon

 

舞台は「サイダーエイジジャパン」というインターネット広告会社。

主人公は、スマホのUIデザイナー「小泉 咲」。

努力家だけど、センスはそこそこ。自分に自信がなく、恋愛もこじらせてると思ってはいるけど、友人からは、可愛い女性として自信もあるが使い方をしらない「出し惜しみ系女子」と言われています。

 

取り巻く男性陣は

B’z大好き、チャラい上司であるが仕事はできる「徳永 靖太郎」

コミュ障で仕事はマイペースだけど年下凄腕デザイナー「佐倉 直己」

多くの魅力的なキャラクターがでてきますが、主には、この3人の恋愛三角関係物語ーー!!

 

って、おい

サイバーエージェントの暴露話じゃなかったのか?と勝手に想像していましたが、もちろん仕事内容もわかりやすく、バランスよく配合されていました。

 

というか、仕事と絡めて恋愛話がすすんでいく。

主人公の成長とともに恋愛も急展開!!

2巻の「咲」をめぐっての「徳永」と「佐倉」のバトルは超見ものです!!

もちろん、社内で肉体かけて戦うわけではありません。みごとな仕事がらみの知能戦!

 

こうきたかーー!!

面白れぇーーーーー!!

そして、上手い!!矢島さん!!

やばい・・・

いつのまにか、まるでサイバーエージェント・・・じゃなくてサイダーエイジジャパンの社員になったかのようなトリップ感!

 

なるほど、なるほど

この恋愛模様も含めて「サイバーエージェント」の中身か!と。

やはり、リアルを経験してきた作者だからだせるリアリティ!!

 

思い起こせば、私も漫画家になる前は(20年以上前ですが)小さな広告代理店の社員でした。

小さいながらに社内の恋愛事情はなかなか複雑なものでした。

ちょっとあの頃とリンクしながら読んでました。

 

普通にあったりしましたからね。三角関係とか四角関係とか・・・社員の恋人が誕生日に会社にきたりとか・・・。

時代は変わっても「恋愛」事情はかわらないのかもしれませんね。

職場は仕事だけの場ではありませんしね。複雑怪奇、だからこそおもしろかったりするよな~。

 

そんな思いで既刊の2巻をあっという間に読破。

え?つづきあるよね?

え?3巻まだ出てない?

はやくだしてくださいよーーー!!お願いします!!

 

「私は女の人が元気になる漫画を描きたい人間」と作者の矢島さんは言っています。

等身大の生身の女性の、笑いと涙の悪戦苦闘。

作者の思いと経験が思いっきり詰まった作品だから、きっと、読んだ女性たちは共感し元気をもらえると思います。

もちろん男性もね。

 

ぜひ一読!おすすめです!!