TOP > マンガ新聞レビュー部 > 『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』を読んで、“愚者風リーダーシップ”を発揮しているジャンプ主人公3人を考えてみた。

『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』を読んで、“愚者風リーダーシップ”を発揮しているジャンプ主人公3人を考えてみた。

突然ですが、あなたは「リーダーシップ」について考えたことはありますか?

 

学校の部活やサークル、はたまた会社なんかでも、メンバーを率いる立場にある人は考えたことがあるのではないでしょうか。

自分の思うように周りが動いてくれない、またはメンバーとのコミュニケーションがうまくとれずまとめることができないなど、

結果を出すことが求められているなかでうまく影響力を発揮できず、悩むことも多いと思います。

 

そうやって色々壁にぶつかりながら、理想のリーダーとは何か、

はたまたメンバーに対して有効なリーダーシップは何なのか、

多くの人が模索していくのでしょう。

 

かくいうぼくも、大学は心理学を専攻し、「リーダーシップ」について卒業論文を書いたくらい興味があります。

そして、つい先日、一冊の本と出会いました。『宇宙兄弟「完璧なリーダー」は、もういらない。』という本です。

 

宇宙兄弟 「完璧なリーダー」は、もういらない。
著者:長尾 彰
出版社:学研プラス
販売日:2018-03-20
  • Amazon
  • Amazon

 

この本は『宇宙兄弟』の主人公である南波六太(なんばむった)の作中での言動を解説しながら、彼が周りのメンバーに対して行っているリーダーシップについて説いた本です。

著者は本のなかでムッタのリーダーシップを“愚者風リーダーシップ”と称し、
タテの関係を築いてメンバーの関係性をヒエラルキー型にする“賢者風リーダーシップ”の対として紹介しています。

 

基本的にムッタは、仲間の話に耳を傾け、信頼し、一緒に物事を作り上げていこうとします。そこにタテの関係性はなく、フラットなかたちでメンバーが自分の役割を担っています。

このリーダーシップが有効なものだというのです。

 

さて、前置きが少々長くなってしまいましたが、ここからが本題。

このリーダーシップが有効なものだと仮定して、それじゃあ他にもこんな形のリーダーシップをとっているキャラがいるのではないかと探してみました。

そして、そのキャラを「週刊少年ジャンプ」で連載されていたマンガのキャラで、独断と偏見により3人集めてみました。

 

①『家庭教師ヒットマンREBORN!』の沢田綱吉

 

 

一人目はイタリアの「ボンゴレファミリー」というマフィアの末裔である沢田綱吉(さわだつなよし)。

運動も勉強もニガテでなにをやってもさえないので、周りからは「ダメツナ」というあだ名をつけられています。

家庭教師のリボーンに「死ぬ気弾」という弾を撃ってもらえないとなにもできない、頼りない主人公です。

 

しかし、そんな彼の周りには、いつも彼を慕う人間であふれています。

みんな個性が強く、まったくまとまりがつかないので、よく彼自身トラブルに巻き込まれますが、みんな彼のことが好きでそばにいるのです。

 

なぜみんな彼のことが好きなのか、その魅力は何なのかといえば、恐らくその“優しすぎる人柄”にあるでしょう。

争いを好まない性格で、たとえ戦っている相手でさえもついその身を心配してしまうお人よしなので、周囲の人間は気が気でならないのです。

また、面倒見がよい性格もあいまって、年下からは慕われることが多いのです。

 

作中で出てきた10年後の彼は頼もしい存在になっているようですが、高校生の彼は頼りなさ過ぎて、いつもみんなに助けてもらいながら日々を過ごしています。

ただ、そんな彼を助けたい、フォローしようという思いもあってか、彼の周りにはいつも人が集まってきます。

 

「彼を助ける」という共通の目的で、周りを協力させ、うまくいくようにする。

彼自身が知らず知らずのうちに発揮しているリーダーシップが、周りの人間をそういう風に動かすのではないでしょうか。

 

②『SKET DANCE』のボッスン(藤崎佑助)

SKET DANCE 1 (ジャンプコミックス)
著者:篠原 健太
出版社:集英社
  • Amazon
  • Amazon

 

二人目は『SKET DANCE』の主人公、ボッスンこと藤崎祐助です。

学生たちの悩みや困りごとの解決を助ける「学園生活支援部」のリーダーで、メンバーのヒメコとスイッチとともに様々な依頼や相談を受けています。

 

自身がキャラ的に地味であることを気にしていて、あがり症であったり落ち込みやすい性格でもあるので、あまり普段はリーダーっぽい扱いを受けません。

変顔をしたりしてふざけたことをしてはヒメコにしばかれたりしています。

 

でも、人一倍仲間思いで情に厚く、生徒たちから受けた相談を自分ごとのようにとらえて、全力で解決に協力します。

そんなところが周囲の人間には魅力に感じられて、メンバーはじめ多くの人たちから好かれています。

 

また、彼は引き受けた相談をすべて自分たちで解決するのでなく、

最後は相談者自身の手で問題の解消を促すことをたびたびします。

相談者自身がその問題と向き合い、そして乗り越えられるようにするよう、彼なりの思いをもって行っているのです。

 

仲間のことに全力で親身になって取り組み、そして解決に協力するだけでなく、相談者が問題と向き合って克服できるように導く。

つまり、「フォロワーシップ」にあふれた精神があることが、彼をリーダーたらしめているのではないかと思います。

 

③『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ

 

ONE PIECE 1-85巻セット
製造者:#manufacturer
  • Amazon
  • Amazon

 

三人目は『ONE PIECE』の主人公、モンキー・D・ルフィです。

彼も愚者風リーダーシップを発揮する主人公だと思います。

ゴムゴムの実を食べた全身ゴム人間で、体の柔軟性を生かして様々な技を繰り出します。

麦わら海賊団の船長で、「海賊王」になるという夢と、ともに戦う仲間とともに偉大なる航路(グランド・ライン)を旅しています。

 

ただ、彼は確かに船長なのですが、具体的に船長として日頃何かしているかというと、特には何もしていません。

基本的に食べるか戦うか騒ぐか寝るかのどれかしておらず、船の航海に必要なことはすべて仲間に任せっきりです。

 

サバイバル能力は高いのですが、それ以外の生活能力はあまりなく、

恐らく彼一人では夢を叶えることは100%不可能なことだったでしょう。

 

ただ、そんな彼が優秀な仲間を見つけ、一緒に冒険するよう誘い、

そして旅が出来ているのは、彼の性格やリーダーシップによるところが大きいと思います。

 

では、彼の一体どんなところがすごいのか。

自分の考えとしては、「仲間を信じて全力でぶつかることができる」というところだと思います。

彼は基本的に仲間を疑ったりしません。たとえ拒まれたとしても全力で対峙し、自分の気持ちをぶつけて仲間の本心を聞こうとします。

踏み込むことで自分が傷つくことを全くいとわないですし、図々しいくらいひかないので、

ついその姿勢に触発されて、仲間の心のなかにたまっているモヤモヤや不安、心配を引き出させるのです。

 

そして、引き出した後、彼はそれもすべて含めて受け止め、仲間の本当の気持ちを聞こうとするのです。

そしてそれを肯定し、手助けをする。

理屈とか法律とか関係なく、仲間自身が「本当はどうしたいのか」ということに全力で寄り添えること、

これが魅力であり、彼なりのリーダーシップなのだと思います。

多少強引な方法でもあったりしますが、どんな困難も乗り越えられるようなたくましさや素直で自分の気持ちに正直な性格もあいまって、有効に働いているような気がします。

 

人はさらけだされると、どうしても心揺さぶられてしまうところがあると思います。

普通の人であったら距離をとって自分が傷つかないようにするところでも、仲間を信じて全力でぶつかることができる。

その強さがあるからこそ、リーダーとして仲間に慕われているではないでしょうか。

 

愚者風リーダーシップとは

 

以上、自分が愚者風リーダーシップを発揮する主人公として、この3人を挙げてみました。

3人に共通する点として、仲間思いであることや素直であるということ以外にも、メンバーとの関係がとてもフラットであるという点があげられると思います。

 

メンバーはリーダーに従っているわけではなく、自分の意志で行動し、好きでリーダーの周りにいる。

強制力がまったくない、そしてタテの関係を生み出す要素がほぼないことが言えるでしょう。

だからこそ、みんな自分の好きな場所で、自分らしく活動したり発言することができるのだと思います。

 

物事の主導権争いで意味もなく疲弊することがある「賢者風リーダーシップ」よりも、自由に意見を発言できて、かつ自分の能力や役割を果たすことができる。

その環境を用意できることこそ、「愚者風リーダーシップ」の優れたところでしょう。

 

これから時代が進むにつれて、今までの「常識」がどんどん廃れて「非常識」になっていくと思います。

そんな移り変わりの激しい時代だからこそ、リーダーとメンバーが、フラットな立場で意見を言い合える、「愚者風リーダーシップ」が求められてくるでしょう。

仲間と全力でぶつかっても平気なよう、日ごろのコミュニケーションには気をつけたいですね。

 

なお、今回挙げた3人の主人公は、独断と偏見にみちた、あくまで例ですので他にも色々似たようなリーダーシップを発揮する主人公がいるかもしれません。

そんな主人公がいたら、そのキャラの魅力を言語化してみると、より愚者風リーダーシップのことを理解できるかもしれませんね。

 

ONE PIECE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:尾田栄一郎
出版社:集英社
販売日:2012-09-21
  • Amazon