TOP > マンガ新聞レビュー部 > 料理下手が料理上手に間違われるレシピ集…谷口菜津子、小田真規子『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』

料理下手が料理上手に間違われるレシピ集…谷口菜津子、小田真規子『放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる』
放っておくだけで、泣くほどおいしい料理ができる
著者:谷口菜津子
出版社:ダイヤモンド社
販売日:2018-05-17
  • Amazon
  • Amazon

誰にでもできる「放置料理」!

 時短料理が流行っている。時間をかけず、手軽な方法で、おいしいものが食べたいと願っている人は多い。書店の料理本コーナーに行けばそれは一目瞭然で、「時短」は、もはや料理本のジャンルの主流といってもいい。それほど「時短料理」という言葉は浸透している。

 本書は、それと真逆のアイディアの料理を紹介するまんがだ。つまり、<時間がかかる料理>を提案している。それだけ聞けば、腰がひけてしまうけれど、ありがたいことに、それ以外のハードルはめちゃくちゃ低い。タイトル通り「放っておくだけで」とくに「テクニックが必要なく」作ることのできるレシピが満載なのだ。

料理上手に間違われるかもしれないレシピ集

ロースハム、モツ煮込み、サムゲタン、パテドカンパーニュ、鶏もも肉のコンフィ、大人のチョコレートケーキ…etc.とにかく本書のレシピの目次にはプロっぽいタイトルが並ぶ。私のような料理下手な人間などは、見ただけで絶望的な気持ちになるようなラインナップだ。

だが絶望するのはまだ早い。まんがで描かれる、一つ一つの行程はとても簡単だ。だから、まんがを読むと、とてもテンションが上がる。時間さえあれば、私にもできそうだ、と思えるのだ。そして、できあがりの写真のおいしそうなこと!料理下手にも<やってみたくさせる魔力>がある。

仕事に通う平日は無理でも、休日に時間をつくって、ぜひとりかかってみたい。作った料理が自分の体の糧になることは当然として、それ以上に美味しい料理を時間をかけて作った経験は、そのまま自信になるような気がするのだ。

最後に、谷口菜津子氏の名言を引用して終わりたい。

「仕事や恋人は裏切ることもあるけれど、ハムは決して裏切らない。必ず結果を出してくれます」