TOP > マンガ新聞レビュー部 > 「魂を揺さぶる名言の宝箱」そんな感想を抱く面白い漫画『ブルーピリオド』

「魂を揺さぶる名言の宝箱」そんな感想を抱く面白い漫画『ブルーピリオド』

マンガ新聞のレビュアーになってから、他のレビュアーさんと話したり飲んだりすることが増えて、特に琢磨さんとか松山さんと飲んでるといつも「◯◯の好きなシーン」山手線ゲームが始まります。

けど気付いたらいつも、好きなシーンじゃなくて好きなセリフになってることが多いんですよ。

 

やっぱり面白い漫画って、モチロン絵のうまさとかキャラの魅力とかストーリーの良さもあるんだけど、心に残る名言みたいなセリフが本当に多いなと。

 

ということで、僕が今一番面白いと思っている漫画のひとつ『ブルーピリオド』

画家を目指す少年の美しいシーンが散りばめられたこの作品を、あえてセリフだけ抜き出して伝えてみようと思います。

 

 

なら一体、この感動は誰のものだ?他人の努力の結果で酒飲むなよ。お前のことじゃないだろ

人間関係を円滑にするコツ。相手が欲しい言葉をあげること。自分の話より相手の話を面白くすること。
俺もうそういうやり方でしかコミュニケーションわかんねえよ

あなたが青く見えるなら、りんごもうさぎの体も青くていいんだよ

好きなものを好きっていうのって、怖いんだな…

勉強は苦しいよ。でも苦しいほうが人より高く飛べるだろ

作った本人が好きで楽しんで情熱を込めて作ったものってね、それを見た人も楽しくなっちゃうものなんですよ

好きなことに人生の一番大きなウェイトを置くのって普通のことじゃないでしょうか?

好きなことをする努力家はね、最強なんですよ!

今までずっと生きてる実感が持てなかった。(中略)俺の心臓は、今動き出したみたいだ

人は神と自分を比べることができないから(中略)悔しいと思えるならまだ戦えるね

本で読んでもわからないから面白いんだ。理論は感性の後ろにできる道だ

俺はやっぱりただの人だ。特別じゃない。天才にはなれない。やった分しか上手くならない。
だったら天才と見分けがつかなくなるまでやればいい。それだけだ

 

どうでしょう?

1巻だけでこれだけの名言が溢れているし、この台詞を読むだけでも主人公の心の成長が伝わってきて、ワクワクしません?

 

主人公が今後どんな成長を遂げていくのか、そしてこれからどんな素敵な名言が紡がれるのか、

 

そしてその言葉を受け止めた僕らがどれだけ自分の生き様に変えられるか、

漫画はやっぱり僕らの人生を前に進めるための最高のエネルギーをくれる宝物です。

 

©山口つばさ/講談社

 

>>『ブルーピリオド』をDMM電子書籍で読む

 

ブルーピリオド(1) (アフタヌーンKC)
著者:山口 つばさ
出版社:講談社
販売日:2017-12-22
  • Amazon
  • Amazon
ブルーピリオド(2) (アフタヌーンKC)
著者:山口 つばさ
出版社:講談社
販売日:2018-03-23
ブルーピリオド(3) (アフタヌーンKC)
著者:山口 つばさ
出版社:講談社
販売日:2018-08-23

 

 

 

「無料試し読み増量キャンペーン」実施中!

2018年12月14日(金)~2019年2月21日(木)まで、一部電子書店にて「第2回マンガ新聞大賞」ノミネート10作品の無料試し読み増量キャンペーンを実施中です。

 

本作『ブルーピリオド』もノミネートされておりますので、ぜひ他の作品と一緒に読んでみてください!

 

LINEマンガpixivコミックBookLive!BookLive!コミックDMM電子書籍BOOK WALKER