TOP > マンガ新聞レビュー部 > 異世界だってオタクの本質は変わらない『魔法使いの印刷所』

異世界だってオタクの本質は変わらない『魔法使いの印刷所』

コミケ?いいえ、マジケです

異世界に転生とか転移とかした話が最近大ブームになってますが、そういう人たちってみんな元の世界の知識や経験を武器に、異世界のルールに従って活躍してますよね。

 

でもね、もし本当に同人ガチオタクが転移したら、きっとこれが一番現実的な異世界ライフなんじゃないかと思うんですよ。

 

コミケ帰りにいきなり異世界に転移させられた主人公・ミカ。

もう一度元の世界に戻るための転移魔法を探すため、自分から魔法使いを探す旅には出ず、むしろ魔法使いを一箇所に集めればいいじゃない!という発想で企画したイベントが、コミケならぬマジックマーケット(マジケ)。

(C)MOCHINCHI 2018
(C)YASUHIRO MIYAMA 2018

マジケ代表として、さらに印刷所を立ち上げた社長としてのミカの奮闘がこの漫画には描かれているんですけど、ぶっちゃけこの面白さはコミケなどの同人誌即売会を経験した人にしか分からないと思います。

 

が、知ってる人からすると、異世界の話のハズなのに実話レポかな?って思うくらいリアル(笑)

(C)MOCHINCHI 2018
(C)YASUHIRO MIYAMA 2018
(C)MOCHINCHI 2018
(C)YASUHIRO MIYAMA 2018

逆に、もしまだコミケに参加したことのない人は、これを読めばあそこがどんな場所かよく理解できます(笑)

 

あと、個人的にめちゃくちゃツボったのが、魔法使いの派閥のネーミングですね。

(C)MOCHINCHI 2018
(C)YASUHIRO MIYAMA 2018

古くから存在する二大巨頭、スガク(…カン?)・ケーダン(…シャ?)

多くの天才を輩出したスエイ(…シャ?)

中小の派閥を呑み込み今では最大派閥のカドカ(…ワ?)

R18以上でないと入門できないワニ(…マガジンシャ?)

 

うん、全部納得(笑)

そしてトドメの

(C)MOCHINCHI 2018
(C)YASUHIRO MIYAMA 2018

このコマで不覚にも吹き出してしまいましたよ(笑)

出版とか同人とかが好きな人のツボをくすぐりまくるこのマンガ、1巻までしか出ていないのでこれからの展開に超期待です!

 

あ、最後に大事なことなので最後に一言。

即売会での徹夜は禁止です!

(C)MOCHINCHI 2018
(C)YASUHIRO MIYAMA 2018

 

殲滅されちゃいますよ♪

 

>>『魔法使いの印刷所』をDMM電子書籍で読む

 

魔法使いの印刷所 (1) (電撃コミックスNEXT)
著者:深山 靖宙
出版社:KADOKAWA
販売日:2018-05-26
  • Amazon
  • Amazon