TOP > マンガ新聞レビュー部 > 清純派JKの脳内はエロい妄想でいっぱい『淫らな青ちゃんは勉強ができない』

清純派JKの脳内はエロい妄想でいっぱい『淫らな青ちゃんは勉強ができない』

「わたしのなまえのゆらいは アオカンの青です」

…って、そんな可哀想な子いる???

はい、ここにいるんです(笑)

(C)カワハラ恋/講談社

 

超売れっ子の官能小説家の父を持つ主人公・堀江 青(ほりえ あお)。

彼女は高校卒業後、そんな父から離れて一人暮らしをするために、親から条件として出された「有名国立大学への入学」を目指し、青春すべてを犠牲に勉学に励むガリ勉女子高生です。

 

ただ、この物語はそんな彼女に、イケメンで友達も多い「リア充王(青が勝手に名付けている)」木嶋が告白をするところから始まります。

 

あー、少女漫画に良くあるパターンね、と思ったそこのアナタ。

もう一度タイトルをよくご覧ください。

 

 

そう。この漫画『淫らな青ちゃんは勉強ができない』の主人公・青ちゃんは、子供の頃から父親にエロの英才教育を受けて育ったせいで、

男なんて性欲の塊、隙さえあればセックスしようとしてくる野獣だと言い切る超偏った考え方を持っています。

 

(C)カワハラ恋/講談社

 

さらに、青ちゃんは周りの男の子たちよりもはるかにエロい知識を持っていて、すぐにエロい方に考えてしまう、ナチュラルエロ思考を持ったエロ女子高生なのです!

青ちゃんの妄想が止まらない

そうとも知らずに、青ちゃんのことが好きになった木嶋くん。

彼はリア充王と思われていますが、実は童貞BOYで、本当に純粋な恋心で青ちゃんに告白をします。

 

しかし、そんな大事な告白シーンでも…

(C)カワハラ恋/講談社

 

はい、この通りです(笑)

 

(C)カワハラ恋/講談社
(C)カワハラ恋/講談社

 

なんとか断りの返事をしようと試みる青ちゃん。

この返事の仕方は、一見「今はあなたと付き合う気持ちの余裕がない」的な答えに見えるんですが、実際は…。

 

(C)カワハラ恋/講談社

 

木嶋くんが巨根だという噂を聞き、そのことを理由に断っているという、予想の斜め上を行く発想っぷりです(笑)

 

そんな青ちゃんと、彼女に振り回される木嶋くんが、これからどんな関係になっていくのか、楽しみすぎてワクワクが止まらない本作。

ぜひ読んでみてください。

 

>>『淫らな青ちゃんは勉強ができない』をDMM電子書籍で読む

 

淫らな青ちゃんは勉強ができない(1) (少年マガジンエッジコミックス)
著者:カワハラ恋
出版社:講談社
販売日:2016-06-17
  • Amazon