TOP > マンガ新聞レビュー部 > お前の罪を数えろ!『風都探偵』

お前の罪を数えろ!『風都探偵』

仮面ライダーWの正統続編!

 

諸君、私は仮面ライダーが好きだ。

年齢的に初めて見た仮面ライダーはBLACKだったけど、そのカッコよさにハマって以来、この歳になってもずっと仮面ライダーシリーズはずっと見続けている。

 

最近のいわゆる平成ライダー(もうすぐ年号が変わったらこの呼び方も変わるのかなぁ)も、毎年新ライダーのビジュアルが発表になる度に「いやいやこれはさすがにないわ」と思いながらも見始め、すぐにハマって結局最後まで欠かさず見続ける、を繰り返している。

 

モチロン特撮ヒーロー番組としても好きなんだけど、なにせ1年間で全50話強続く番組なんで、世界観の作り込みやストーリー展開が深くて濃いんだよね。

だからこそ、漫画になっても本当に面白い。

 

仮面ライダーの漫画というと、原作者・石ノ森章太郎先生ご本人の作品だけでなく、歴代ライダーが登場するオリジナルストーリー『仮面ライダーSPIRITS』も本当に面白いし、平成ライダー第1号であるクウガのストーリーを再構築した『仮面ライダークウガ』も懐かしさと新しさの両方で胸熱な名作になっている。

 

そんな仮面ライダーシリーズの漫画に新たに仲間入りしたのがこの『風都探偵』だ。

 

 

 

 

この『風都探偵』は、2009年から2010年にかけて放送された平成ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』のコミカライズなんだけど、今作はなんとTVシリーズの正統な続編になっている。

 

つまり、番組が終わってもう翔太郎フィリップの活躍がもう見れないのか~と寂しい思いをしていたファンにとっては、その後の彼らを見られるヨダレものの作品なのだ。

 

2人で1人の仮面ライダー

 

この仮面ライダーWは、ライダー史上初の2人で1人の仮面ライダーというコンセプトで、今やトップ俳優の1人である菅田将暉のデビュー作としても非常に人気が高い。

 

菅田将暉演じるフィリップと、桐山漣演じる左翔太郎の2人のイケメンが、2人で合体して1人のライダーになるという設定は、イケメン好き女子たちのハートもしっかりガッツリ鷲掴みにした。

 

 

©石森プロ・東映 
©石森プロ・東映 

 

 

今回のコミカライズでも、佐藤先生の描く翔太郎フィリップも超イケメンなので、ファン的には同じキャラで2度おいしい幸せな思いができる(笑)

 

更に佐藤先生はただイケメンが描けるだけではなく、熱いバトルシーンも大迫力で描く実力派なので、TVシリーズの熱さにも全然負けていない。

 

 

©石森プロ・東映 
©石森プロ・東映 

 

 

正統な続編ということで、当然全く新しいキャラクターも増えて新たな展開が繰り広げられているので、

これからのストーリーが楽しみでならないけれど、ファンのワガママな要望としては、その中に「おっ」と思わせるようなTVシリーズオマージュが色々出てきてくれると大感謝です(笑)

 

 

>>『風都探偵』1巻をDMM電子書籍で読む