TOP > マンガ新聞レビュー部 > 女の恋愛観ってどんなの?『てのひらに秘密をひとつ』があるある過ぎて、たまらなく辛い

女の恋愛観ってどんなの?『てのひらに秘密をひとつ』があるある過ぎて、たまらなく辛い

先日、とある男子から「少女マンガは男のAVだろ?」って言われました。
「こういうのをかっこいいと思ってるんだろ?」
「ああいうのに萌えるんだろ?」
「だからモテたい男は少女マンガを読めって言うんだろ?」みたいな。

 

あのなー、思いっきり否定したけど、なんか頭が凝り固まってるみたいで耳に入らなかったみたいです。
もちろん、中にはそういう物語もあります、「ハーレクイン・ロマンス」シリーズとか。だけど月間500冊ほど新刊が発売される少女マンガ・女性向けマンガ(以下、双方を少女マンガとして表記します)のうち、そんな萌えだけで成り立っている作品は一部です。

 

少女マンガは少年マンガに比べてゴールや目標が見えにくいのが特徴で、出来事よりも心の機微に着目しているため、大事件は起こらないことも多いです。 超萌え萌えかっこいい俺様が出てくる少女マンガの対極にあるのが「ご近所の悪い噂」とか「嫁姑バトル」みたいな実話系ワイドショー女性向けマンガだとしたら、その中間地点にある作品が多そうです。
リアルにありそうな事柄を述べながら心の機微を描いていって読者の共感を呼んだり、主人公の成長を描いたりします。

 

そして、読み手が楽しめる漫画の種類は、精神的成長度合いが重要になってきます。
①恋に恋するイケメン憧れ期、②現実の男に超ガッカリなんだけど期、③怒り期、④どうでもいいから楽しむか期です。

 

①恋に恋するイケメン憧れ期
小中高生くらいで、現実の男性を知らず(男性にケモノのような性欲があることとか、自分の肉体だけを目当てにされることを知らない)、アイドルや二次元に真剣にドキドキしちゃうころです。「もちろん付き合うならイケメンがいい!」と思ってます。このころに読む少女マンガは、やっぱりイケメンや王子様ものが多いです。「男性はこんなにステキなんだわ」なんて夢見てます。俺様とかツンデレものとかが楽しい時期です。

 

②現実の男に超ガッカリなんだけど期
実際に男性と付き合うようになったりして経験値が増えてくると「あれ? なんか思ってた男性像と違くね?」とわかってくるころ。警戒心が薄いので自分の誠意を利用されてヤリステされたり浮気されたりとかで、死んじゃいそうなくらい嫌な目に遭ったりします。

 

③怒り期
そういう男性経験を経たり、仕事をするようになると、社会の男偏重なところや、周囲の男性からのセクハラに気づくようになったりして、男性に対する怒りがボンボン湧いてきます。 ②や③期に入って現実を知ると、恋に恋する系のマンガに赤ちゃん返りすることも。イケメンや王子様ものでも、癒やし系、年下系が楽しくなってきます。「ああ、現実を忘れさせてくれる少女マンガって楽しい……」みたいな。
同時に、女の業や息苦しさを描いた作品が共感を呼び、ジンジンくるようになってきます。

 

④どうでもいいから楽しむか期
そういう怒りを乗り越えて「男はそういうものか」みたいに達観したり、自分に合う相手を選べるようになってくると、自分の性を楽しめるようになってきます。少女マンガで俺様やツンデレ萌えには戻れません。過去に読んできた作品を振り返って、自分の性癖を自覚したりします。

 

ちなみにどの段階でも、ボーイズラブの沼に落ちる可能性があるので注意です。

 

という感じで、単にイケメンが登場する少女マンガでも、人の成長具合によって楽しみ方が異なると思われます。そういう②期以降の女性たちに絶大なる支持を得たのが『深夜のダメ恋図鑑』でした。

 

深夜のダメ恋図鑑 (フラワーコミックスアルファ)
著者:尾崎 衣良
出版社:小学館
販売日:2015-04-10
  • Amazon
  • Amazon

 

作者の尾崎衣良さんは、女が抱える男性への鬱屈した思いをガンガン描いてくれる作家さんです。
その彼女の新作は、一転して男性へではなく女へのダメ出し変わっていました。

 

てのひらに秘密をひとつ 1 (フラワーコミックスアルファ)
著者:尾崎 衣良
出版社:小学館
販売日:2018-04-10
  • Amazon
  • Amazon

 

女の生きづらさを描きつつ、でもそれをまるっと集合体としての男のせいにはせず、救いがある公平な物語になっています。

 

1巻は3つの短編からなっていて、それぞれ主人公が異なりますが、微妙に全員リンクしていて連続した物語になっています。そして、どの話も「あー、わかるわぁ!」と叫びたくなります。

 

1話目は人との距離感がわからなくて、単なるお人好しになってしまった沙季のお話。彼女は過去の恋愛に罪悪感を抱いています。その相手の男がのうのうとしてるってのが本当にもう腹立たしいですね。

2話目の主人公は夫とのセックスレスに悩む一絵。最近、セックスレスを描く女性向けマンガが多い気がしますが、男性たちから「女が性を語るな」「嫁は清楚な女がいい」という呪いをかけられた女たちの叫びですね。きちんと性について話し合えないから、鬱々と悩むことになってしまうんです。一絵の夫のような無神経で差別的なことを言ったり、振る舞ったりする男性はめちゃくちゃ多そうだな、というか「こういう人いそうだよね」って容易に想像がつきます。

3話目の主人公・帖佐(ちょうさ)は、一見嫌な女だったけど、彼女の行動の原因を知ると「なるほど仕方ない」って気持ちになります。

 

どれも①期にはわからない、もしくは読みたくない物語です。②期にはちょっと生々しくて痛いかも。③期以降は「あーわかる!」「いるよいる、こういう男!」「私も反省してたわ!」って共感の嵐になりそうです。

 

それにしても、一絵の物語は特に重苦しい。
「結婚しなきゃ」というプレッシャーと、周囲の空気に流されて結婚した男女って、多いと思うんですよ。私たちは、誰が自分のベストパートナーかとか、自分の人生をどう生きたいかということより先に、ひたすら「就職したら結婚」「就職したら結婚」と呪文をかけられてる気がします。

 

そして男性たちの女の気持ちへの不理解ったら宇宙人かと思うレベルですよね。一絵も、夫が述べた反省にこう言い返します。
「違うよ。そんなことはどうでもよかった」って。

 

あー、なんか今思い出したけど、和久井も離婚するときに夫からものすごくどうでもいいこと言われたな。「俺が土曜日に働いてるのが嫌だったの?」って。私そんなことひと言も言ってないのにな……。結局、なんにも通じてなかったのかって悲しくなりました。

 

和久井は「モテたければ少女マンガを読め」運動をしていますが、それは「壁ドンテクニックを磨け」なんてことじゃありません。少女マンガには女の思考回路がそこにギュッと詰まっているからです。女はどういうときにどんなことを思うのか、恐らく男性には想像もつかないことばかりでしょう。

 

男も女も、相手に勝手な理想を押しつけると不幸の元ですよね。だけどどうしたって男女はすれ違うもの。だからこそ誠実になって正直に素直に言葉を尽くしていきたいものです。
そういう人と、私は知り合いたい!!

 

しかし一絵の夫への復讐は、ちょっと恐かったです。根が深い……!