TOP > マンガ新聞レビュー部 > やっぱり男の子はバカで純粋でかっこいい!『うっちゃれ五所瓦』

やっぱり男の子はバカで純粋でかっこいい!『うっちゃれ五所瓦』
うっちゃれ五所瓦(1) (少年サンデーコミックス)
著者:なかいま強
出版社:小学館
販売日:2013-07-08
  • Amazon

 

どうも!アニメ制作会社TRIGGERでアニメーションプロデューサーを担当しております、舛本和也です。今回で3回目の投稿です。

日頃はアニメーション制作を生業としておりまして、お仕事柄マンガもよく読ませていただいてます。

 

ちなみに現在TRIGGER×A1pictures共同制作「ダーリン・イン・ザ・フランキス」が絶賛放送&配信中です!是非観てくださいね!!!

公式サイトhttp://darli-fra.jp/

 

というわけで、今回お勧めしたいマンガは1988年から小学館「週刊少年サンデー」にて連載されていた『うっちゃれ五所瓦』です。
(知らない人はまずここで第1話を読んでみましょう!
サンデー名作ミュージアム:http://websunday.net/museum/no21/no21in.html)

 

まずはあらすじです。

武蔵山高校三年生、五所瓦はたった一人の相撲部員。最後のインターハイで団体戦に出場するためあと4人のメンバーを集めようとします。五所瓦のまっすぐな姿勢と志に4人の高校生が集まります。

柔道インターハイを2年生で制した清川薫

硬派な男を目指す応援団部員の難野一平

プロレスラーを目指すアマレス部部の関内孝之

巨漢のびびり屋な囲碁部の雷電五郎

相撲経験の全くない4人が五所瓦とともにインターハイ地区予選・団体戦に出場し優勝を目指します!

 

12巻のうち1巻以外(2巻~12)で描かれているのはたった1日の予選大会の物語です。ストーリーもコンパクトでだれることなく、キャラクターも引き立っていて、相撲ではありながらそれぞれの特性を生かして勝負する姿勢は(男の子的に)ワクワクします。一見トンデモ部活ものに見えますが(若干そういう部分もありますが・・・)ベースは硬派な男の子向けスポ根性マンガです。(・・・多分)

 

これだけだとあまり魅力を感じませんかねー。

ではなぜあえてこのマンガをおすすめするのか?ポイントをまとめました!

 

<ポイント①>

女の子が一切出てこない!

キャラクターとして登場しません。マンガのコマにも登場しません。一切しません。恋愛やちょいエロな部分が全くありません!現在のマンガでは考えられません!

 

<ポイント②>

相撲のインターハイ予選大会だけどほとんど異種格闘技対戦!

レスリング対相撲、柔道対相撲、空手対相撲。これは男の子としては心沸き立ちます。

(でもトンデモ相撲マンガではありません!・・・多分)

 

<ポイント③>

漢気満載!

昭和的な漢気!売られた喧嘩はルールを守って買って勝つ!骨折しても脱臼しても試合を続ける!男の約束は守る!悪いと思ったことはすぐに謝る!利益よりも男の意気込みを優先!受けた恩は必ず返す!まさに男道を地で行くキャラクターばかりです!

バカな男の子の意気込み満載です!

 

当時、僕は12歳。TVとマンガばっかりの日々を過ごしてました。コロコロコミックやてれびくんを卒業しジャンプとサンデーを購読していた時代です。特に当時のサンデーは『今日から俺は!!!』『YAIBA』『らんま1/2』『機動警察パトレイバー』『帯をギュッとね!』『健太やります』『八神くんの家庭の事情』『BB』などが連載されておりどれも繰り返し繰り返し読んでました。僕にとってのサンデー万歳!時代です。

(ちなみに『帯をギュッとね!』を読んだせいで高校時代は柔道部でした())

 

そんななか僕はいまでも印象深く覚えている作品がこの『うっちゃれ五所瓦』。

多分ですが・・・僕がまだ他人に憧れる心があった時代にアニメ作品以上にキャラクターの漢気に感化れた作品なんだと思います。

 

僕がいまでも好んで制作しているアニメ作品には、どこかこのマンガの漢気に通じる部分があると思います。一言でいれば「やっぱり男の子はバカで純粋でかっこいい!」

 

願うことは今の10代の男の子や女の子にこのマンガを読んでもらいたいということ。

(いままで女性の方からこのマンガが好き!という方には一人として出会っていませんが・・・)きっとこのマンガを読んでまっすぐな男の子の魅力を感じられると思います!(・・・多分)

 

ちなみに冒頭で紹介しましたが小学館・週刊少年サンデー公式サイト「サンデー名作ミュージアム」にて第1話が読めます!

だまされたと思って是非読んでみてください!

 

サンデー名作ミュージアム:http://websunday.net/museum/no21/no21in.html

 

 

Pure idiots are cool after all!『Ucchare Goshogawara

 

Please to meet you, I’m Masumoto Kazuya, a producer at the animation company “Trigger”.

This is my third article on this website.

As my job as animation production, I am constantly reading manga.

 

By the way, now, TRIGGER and A-1 Pictures are collaborating to make the anime “Darling in the Franxx” Available now online and on TV! Make sure to check it out!

Official site:  http://darli-fra.jp/

 

The manga I would like to recommend this time is ‘Ucchare Goshogawara" which was serialized in Shogakukan’s "Weekly Shonen Sunday" from 1988 to 1991.

 

 

Firstly, I’ll talk about the story.

Gosho Gawara, a third year at Musashiyama High, is the only member of the Sumo club. In order to participate in the group competition for his final inter-high school match, he needs to find another four students to join.

 

Kaoru Kiyokawa – Won the judo inter-high school match in his second year

Ippei Nanno – A tough guy from the cheering squad

Takayuki Kannai –  a member of the amateur wrestling club, aiming to be a pro

Goro Raiden – The giant coward of the Go club

 

These four inexperienced students come together to aim for victory at the local Inter-high school preliminary matches!

This 12-volume manga depicts the events of only one day of preliminary matches, between volume 2-12.

 

 The story is compact and does not stagnate, the characters also stand out, and although they are sumo wrestlers, I was thrilled (as a boy) by the attitude to take advantage of each characteristic and compete. At first glance it seems to be a crazy story, but it is made with the aim of attracting gutsy and sporty boys (probably).

 

With just this, you probably aren’t feeling the appeal of this manga, right?

So why would I recommend this manga? I thought up some points!

 

Point 1:

There are no girls!

There is not a single female character, no romance or sex, I can’t think of a modern manga likes this.

 

Point 2:

Although this is an inter-high school preliminary competition for Sumo wrestling, it is mostly a mixed martial arts competition!

Wrestling versus sumo, judo versus sumo, karate versus Sumo. This is a boy’s dream!

(But it isn’t a crazy story…I think…)

 

Point 3:

Fighting spirit!

Showa-era style fighting spirit!! Fighting to honor the rules and winning!  Continuing the game with broken bones and dislocated joints! Keep your word as a man, apologizing when you’re wrong, and believing in guts over goals! Returning debs! The whole thing is about men of honor!

It's filled with stupid boy’s enthusiasm!

 

When I was 12 years old, I was watching TV and reading manga all day long. It is around that time, that I stopped reading CoroCoro Comic and Televi-Kun and started subscribing to Jump and Sunday.

 

At that time, Kyō Kara Ore Wa!!, Legend of the Swordmaster Yaiba,  Ranma ½, Mobile Police Patlabor,Obi wo gyuttone!  Kenta Yarimasu, Yagami-kun's Family Affairs and B.B. were being published, and I read them over and over again! For me that was the Sunday era!

(By the way I was in the judo club in high school because I read ‘Obi wo Gyuttone!’ haha)

 

“Ucchare Goshogawa” is one of the works I still have clear impression of to this day.

I think…That was a time when I still admired others, and I Was moved by the Guts of the characters more than the animation. 

 

The animation I still prefer to this day have some elements that speak to me as a man, like this manga.  In other words, “Pure idiots are cool after all!”

 

I hope that the teenagers of today can read this manga.   (Although I’ve never met a woman who said she liked this manga…) But if someone reads this, I think they can see the charm of pure and honest boys!