TOP > マンガ新聞レビュー部 > 危険人物!?×見ててイラつくくらい不器用!?×でもホントはすっごく優しい高校生!!!『BEASTARS』

危険人物!?×見ててイラつくくらい不器用!?×でもホントはすっごく優しい高校生!!!『BEASTARS』

今、巷で着実に人気を集めている『BEASTARS』というマンガをご存知でしょうか??

 

一度読んだら主人公から目が離せない!??そんな『BEASTARS』を少し紹介いたしましょう。

 

物語の舞台はとある高等学校。通う生徒はどこにでもいるような高校生たち。しかしこの高校、ここだけの話普通の高校じゃないんです!

 

もう表紙からお気づきの方もいるでしょう・・・そう!!なんと主人公はオオカミ!!出てくる登場人物はぜーんぶ動物なんです!!!

 

一つの高校に、小さなネズミから身体の大きいゾウまで、さながらサバンナや巨大なサファリパークのように多種多様な動物がいるわけです。

 

察しの良い方なら、疑問に思うんじゃないでしょうか??「そんな高校やばくない?草食動物はどうなっちゃうの?」と。。。

 

しかし、ご安心ください!この世界では肉食動物が草食動物を食らうことはNG。肉食動物たちも草食動物たちもみんな仲良く青春を謳歌しております。

 

そんな世界である一匹の草食動物が何者かに殺されるところから物語はスタートします。その殺されるシーンが実にリアルなんですね~(驚)

 

当然、平和な高校で殺害事件が起きたら怖いです。犯人は誰なのか?見つかるまで怖くて怖くてしかたありませんよね。。。

しかし、そんな殺害事件が起きるのも無理もないでしょ?だって肉食動物と草食動物が共存出来ることなんてないんだから。

「弱肉強食」文字通り強い肉食動物が弱い草食動物を喰らいます。

 

さて、話を戻しますがある高校で一匹の草食動物アルパカのティムが殺された。当然、疑いの目は肉食動物全般に向けられます。
かくいう主人公レゴシもハイイロオオカミという立派な肉食動物。それでいてレゴシすっごく不器用なんです(笑)口下手で・・・ちょっと変わってて・・・でもホントはすごく優しい!!

 

そんなレゴシが犯人ではないかと疑われてしまいます。レゴシもレゴシで「僕は犯人じゃないんだ、信じてくれよ!!!」って言えばいいのに(笑)

 

いや~、、、ほんとに読んでいて手に汗握りますよ。。。犯人と疑われたレゴシとそんなレゴシにすっかりおびえる草食動物との二匹っきりのシーンは(笑)

 

まぁ結局誤解は解けるのですが、長年肉食動物はつらい目に遭ってきたんでしょうね。。。レゴシのセリフからそんな一面が垣間見えてしまう。

 

長くなってしまいましたが、『BEASTARS』ホントに面白い!!というより、ホントに切ない、、、それでいて読んでいるとどこか考えさせられてしまう、、、

 

BEASTARS 1 (少年チャンピオン・コミックス)
著者:板垣巴留
出版社:秋田書店
販売日:2017-01-06
  • Amazon

 

気になった方は是非お手に取って読んでみてください!衝撃的で、きっと続きを読まずにいられなくなりますよ(笑)

 

(文:関口)