TOP > ネットマンガラボ > 【ネットマンガラボ】2018年3月「経済歴史マンガプロジェクト」ミーティングレポート

【ネットマンガラボ】2018年3月「経済歴史マンガプロジェクト」ミーティングレポート

 

2018/3/23(金) マンガ新聞会議室で経済歴史マンガプロジェクトのミーティングが開催されました。

 

経済歴史マンガプロジェクト振り返り

<活動目的> 
・経済&時代劇というテーマを漫画化して、広く多くの人に経済の 歴史を知ってもらう
・「日本の投資嫌いを改善」し、日本人の「会社嫌い、労働嫌い」を改善できるようなエンタメに仕上げる

<活動内容> 
・経済時代劇マンガを制作する
   – 2018年1月20日(土)ファンドマネージャー・藤野英人と堀江貴文のサロン主催の対談イベント(http://www.manga-news.jp/news/body/1094)での原案をもとに、ストーリー・マンガを作成。
・ネット媒体や、マンガ新聞本体などでの連載(予定)
・最終的に、紙のマンガとして出版する
——————————–

 

▼初めての参加者もいるため、自己紹介から実施!

また、サロンメンバーだけ先行して今後のイベント情報も解禁しました!!

▼経済歴史マンガプロジェクトをどのように進めていくか話し合いました。

 

終わり方をどうするか?

 

『乱世の薬売りシン』をネットで復活させたY氏:

「現代の話も書いて、昔と今はつながっているというのはどうだろうか?」

 

原案担当I氏:

「現代とリンクさせた方がいいのか、江戸だけで終わらせた方がいいのか悩んでいる。現代とつなげると説教臭くなるのが不安」

 

他にも様々な意見が出ました。

 

作画担当、対談レポートマンガを描いたアイタローさん(https://note.mu/aitarou/n/n3a9b185266bf):

「経済時代劇マンガプロジェクトは"マンガ好き"な人よりも"経済に興味がある"人をターゲットにしたい」

 

原案担当Iさん:

「NewsPiecksなら、経済に興味がある人が多く集まっているので、広まりすいと思う。」

 

このように、ネットマンガ家コースの人から一般コースの人まで意見・アドバイスし合ってプロジェクトを進めております。

もちろん、ROM専OKなので、ClosedなFB上のやり取りを見て楽しんでいる人もいますよ。

 

▼お菓子をもぐもぐしながら参加

 

ネットマンガラボ 第2期募集開始のお知らせ!

ネットマンガラボは、第2期会員を募集します。

ネットマンガで、作品作りやプロモーションなど、新しい取組にチャレンジしたい方向けの一般コースの加え、新たに安価な「ネットマンガ家コース」(2000円/月:活動実績審査あり)を新設いたしました。既に第一期は満員に達しました。
ネットで実際に活動されている漫画家さんを新たなメンバーに迎え、イベント・交流会・オンラインでの活動を強化してまいります。

 

詳しくは、リンク先まで。

 

ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロン
https://lounge.dmm.com/detail/448/