TOP > マンガ新聞レビュー部 > 正しい帳簿さえあれば あたしは世界だって救ってみせる『女騎士、経理になる。』

正しい帳簿さえあれば あたしは世界だって救ってみせる『女騎士、経理になる。』

会計とか税とか言われたってぶっちゃけよくわからんのよ

会計の話とか税の話とかって、誰しもが身近にあるもので、理解しておきたいと思うけれども勉強するにはなかなか難しいから挫折…そんな話はどこにでもありふれております。

 

簿記なんてきちんとした資格があるワケなんで、当然理解するためには専門知識が必要になるし、世の中には初心者のためのだの猿でもわかるだのといった入門書もあるけど、そんな初心者向けの本ですら正直あんまり初心者に優しくないものが多いよね。

 

そういう時に、よりわかりやすくするために『マンガで読む◯◯』なんて本もたくさんあるけど、まぁぶっちゃけそもそもマンガとして面白くないものが多い!

まぁ当然こういう本は面白さではなくわかりやすさを重視して作られてるから、面白くなくてもなんら問題はないんだけど、でもさ、勉強したいと思って読む人ならともかく、面白いマンガを読んでたら気付いたら簿記の知識身についてた!の方がゼッタイいいよね??

 

はい、そんなアナタにオススメするのがこちら!

 

女騎士、経理になる

 

オークに囚われた女騎士の成れの果て…

聖剣デュランダルと共に魔族を退治すべく魔国に身を投じた女騎士。

しかし、油断からオークに囚われてしまい…

 

©Rootport・三ツ矢彰/幻冬舎コミックス
くっ…殺せ!!

 

ただ、このオークが女騎士に求めたものは…エッチなことではなく、経理のお姉さんになれ!ということだった。

 

©Rootport・三ツ矢彰/幻冬舎コミックス
©Rootport・三ツ矢彰/幻冬舎コミックス
いや、法人成りを計画しているオーク一族ってなんやねん!

 

てことで、女騎士はオークの会社で経理を学び、簿記2級まで取得するんだけど、同僚達と仲良くやっていたある日、勇者が襲ってきて街を壊滅されてしまう

勇者の理不尽な虐殺(勇者からすれば魔族を討伐しただけだけど)に腹を立てた女騎士は、勇者を止めるために後を追おうとするが、ワープ紐で飛んだ先はまさかの人間国だった。

 

急いでもう一度魔国に戻ろうとするが、無一文の女騎士には魔国へ行くだけのお金がない。

せっかく学んだ簿記の知識を生かしてお金を稼ごうとするが、人間国の文化経済レベルは魔国よりも相当遅れているので、『簿記?ナニソレ?』的な感じで就職もままならない。

 

©Rootport・三ツ矢彰/幻冬舎コミックス
貴殿の今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます

 

その後なんやかんやあって、女騎士はダークエルフと知り合い、銀行で働くことになりました。

ファンタジー世界で経済を学ぶ

ここからのストーリーは是非自分で読んでいただければと思うんだけど、この作品は基本的にギャグマンガのノリを持ちながら、実はしっかりと会計や税といった簿記で学ぶことを、実際の事例を挙げながら解説してくれるという非常に素晴らしいマンガなのだ。

 

しかも、基礎知識を学ぶだけでなく、それがどう商売や経済に繋がっていくか、歴史や社会が経済的な観点から見た時にどう成り立っていくかまで幅広く理解することができるという優れものだ。

 

©Rootport・三ツ矢彰/幻冬舎コミックス
正しい帳簿さえあればあたしは世界だって救ってみせる

 

もしかしたら、この言葉は現実世界でだって通じるかもしれない。

そう思ったら、ちょっとは勉強してみようかなって思うかもね。

 

女騎士、経理になる。 1-7巻セット
著者:三ツ矢 彰 出版社:幻冬舎コミックス
  • Amazon
  • Amazon

【DMM電子書籍で読む】