TOP > 恋愛・ラブコメ > 一生に一度はこんな恋愛をしてみたいのがマンガ読みの常!あなたにも『夢で逢えたら』

一生に一度はこんな恋愛をしてみたいのがマンガ読みの常!あなたにも『夢で逢えたら』

みなさん!!してますか?

 

どうも初めましてこの度、レビュアーとして活動させて頂くことになりましたマンガ新聞レビュアー地方代表(自称)の森本です。

よろしくお願いします。

僕の基本のレビューテーマは『過去と現在を繋げる架け橋』です。

新作や話題作は他のイケてる方々にお任せして、僕がみなさんにお届けしたいのは、めっちゃ面白いのに『古い』というだけでなんか手を出しにくくなってる、埋もれてしまっている。そんな作品たちにスポットを当てていきたいと思ってます。
もちろん時には併せて新作や話題作なんかもレビューしていきたいと思っています。

で、レビューをやらせてもらうことが決まって、最初は、もうこの作品だと決めてました。

もう誰になんと言われてようがこの作品を扱うんだと、心に誓ってました。それはこの作品です。

 

『夢で逢えたら』

夢で逢えたら 1 (ヤングジャンプコミックス)
著者:HANAKO
出版社:集英社
  • Amazon
  • Amazon

 

この作品は1994年~2000年にかけてビジネスジャンプで連載された山花典之センセイによるラブコメ作品です。

冴えないモテないサラリーマンのフグ野マスオはある日一念発起して入店したお見合いBARで出逢った潮崎渚に一目惚れ。

恋のライバルに様々な障害、繰り返すすれ違いを乗り越えながら少しずつ近づいていく不器用な二人の恋の行方を描いた物語。

ヒロインの潮崎渚は誰もが憧れる容姿端麗、眉目秀麗の高嶺の花な女の子なんだけれど、男性に対しての免疫がなくヤキモチ焼きで意地っ張り。
一方の主人公であるフグ野マスオは気弱で、見た目も仕事もパッとせず。優柔不断で女の子にモテたことなんて生まれてこの方一度もなく、もちろん彼女なんていた事もない男の子。

マスオくんが冒頭に街の真ん中で叫ぶ

『世の中には一生に何回も春が来る人もいるっていうのに…皆 何処で知り合ってどーやってくっついてるんだぁ教えてくれよオオオ!! 』

©山花典之/集英社

は多くの読者の共感を呼びました。そして考えてみたらそのマスオくんの叫びに僕も呼ばれたのです。

マンガによくある『人生でたった一度の燃え上がるような恋愛』には違いないのだけれど、シリアスな場面もあるし序盤はややコメディータッチなお話も多いけれど中盤の福岡編からは二人の行く末をきっと見守りたくなること請け合いですし、サブキャラクターたちのエピソードも涙を誘います。

©山花典之/集英社

↑は中盤、そして物語全編を通しても屈指の名エピソード『福岡編』から。とある事情から福岡本社へ事実上の左遷を言い渡されたマスオ。見知らぬ土地で実力の違いを見せつけられそれでも渚への想いだけを力に頑張ってきたのだが・・・

個人的にはこの『福岡編』がめっちゃ好きなパートですね。

マスオくんは渚と出会ってから急にモテはじめます(この辺りは時代が変わってもあんまり変わらないですよね)

会社の後輩や本社の同僚など、もちろんマスオ君の気持ちは変わらないんですけど、それが誤解につぐ誤解を

呼びこの辺りの二人はとにかくまぁすれ違うすれ違う。そこのモヤモヤとこの時のマスオくんに課せられた

仕事の内容が熱いです。そういう要素が絡み合ってこのパートはめっちゃ面白いです。そしてこの『福岡編』のクライマックス

がまた最高にいいんですよ。ぜひ一読ください!

 

 

連載開始時よりも綺麗になっていく渚やお話が進む毎にどんどんと成長していくマスオくんの姿は誰よりも大切で愛おしい渚の負けずに立ち向かう姿をぜひ見届けてあげてください。

©山花典之/集英社

序盤はこんなこと言ってた渚先生。実は彼女も交際経験ほぼゼロの女の子です。

©山花典之/集英社

それでもマスオ君は諦めない。かっこ悪い姿も全部見せて渚先生に猛アタックです。

©山花典之/集英社

誤解もすれ違いも本当に傷ついてもそのたびに二人は距離を縮めて愛を深めていきます。

©山花典之/集英社

 

 

序盤は男嫌いでマスオくんのこともスケベな男だなんて言ってた渚先生も、マスオくんの一途さに徐々に惹かれはじめます。

 

二人が出逢い距離を縮めていく序盤、進展しそうでなかなか進展せずにモヤモヤする中盤

ついに想いが重なって結末に向かっていく終盤とどこを切り取っても楽しめる本作ぜひご覧ください。

 

夢で逢えたら 17 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
著者:山花典之
出版社:集英社
販売日:2015-09-01
  • Amazon

 

そして、作者の山花典之センセイの新作がこちら『聖樹のパン』です山花センセイは原作で参加されています。こちらもぜひ

よろしくお願いします。

 

聖樹のパン 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
著者:山花典之
出版社:スクウェア・エニックス
販売日:2016-04-25
  • Amazon

 

※本稿の画像掲載においては作者様の許諾を得て掲載をしております