TOP > マンガ新聞レビュー部 > うさ耳、猫耳?いいえ、キツネ耳です!『あおはるデミデイズ』

うさ耳、猫耳?いいえ、キツネ耳です!『あおはるデミデイズ』

ここは、思春期を迎えた者の体に妖怪、妖精、怪物など動物の特徴が現れることがある世界。
「思春期症候群」、通称デミコンプレックスというが、思春期が終わると嘘のように治ってしまう。そのつかの間の、しかし高校生にとってはそう短くない期間。
私たちはその一部を覗き見できる‥‥

 

あおはるデミデイズ
著者:猫星にゃ~
出版社:TOブックス
販売日:2018-03-01
  • Amazon
  • Amazon

 

900万ダウンロード突破のマンガアプリ「GANMA!」で連載されている作品の単行本で、“思春期真っ只中の少年少女たちによる“亜人×人間”の青春群像ラブコメ”と銘打たれた『あおはるデミデイズ』!

『あおはるデミデイズ』©️猫星にゃ~/COMICSMART INC.
P40

デミコンプレックスにかかった女の子は、とにかくかわいい!

キツネの耳と尻尾が生えた女の子と、ミノタウロスのツノが生えた女の子が主人公、御察しの通り猫耳ならぬキツネ耳女子だ。
読みやすい4コマ形式のコマ割で、話のテンポもいい。

思春期にありがちな、目立つ子を嫌う風潮とぱっと見サバサバ系だけど素直で可愛らしい女の子、そしてその子を助けようと奮起する熱血系男子、
牛のツノが生えた女の子とどう見たって彼女のことが好きなのに素直になれない幼なじみの男の子。

 

『あおはるデミデイズ』©️猫星にゃ~/COMICSMART INC.
P20

こんな青春真っ盛りの模様を端から見ることができる楽しい作品だ。
3月1日に1巻が発売されたばかりだが、早くも2巻発売が待ち遠しい。