TOP > ネットマンガラボ > 【ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロン】2018年2月交流会レポート

【ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロン】2018年2月交流会レポート

2018/2/23(金)メディアドゥで開かれた交流会にはサロンメンバー8人が参加しました。

【参加したサロンメンバーの内訳】
・一般会員コース3人
・ネットマンガ家コース5人

 

新設したネットマンガ家コースを中心に、新たに加わったメンバーと交流を図り、今後のサロンについてや、これから実行するプロジェクトについて話し合う場です。
アジェンダは以下でした。

—————–

1.自己紹介
2.アイスブレイク
3.今後のプロジェクトについて
4.新規プロジェクトブレーンストーミング

 

 

1.自己紹介
サロンメンバー内で互いに顔と名前を一致させるべく、名前・職業(普段やっていること)・好きなマンガについて紹介してもらいました。
全員の紹介が終わる頃には、初めての参加で緊張していた参加者たちにも自然と笑みが。
茶菓をいただきながら、和やかなムードで場があたたまってきました!

2.アイスブレイク
「自分的 このマンガがすごい!選手権」
隣の人とペアになり、「自分的 このマンガがすごい!」を一作品決めて用紙に記入後、サロン専用FBページに投稿。その場で投票まで行いました。
今回の参加メンバーの半数がネットマンガ家コースということもあり、出来上がった用紙のクオリティはすごく高いものでした。
お見せしたいところですが、サロン専用FBページのみでの公開ですので、断念、、、。

 

3.今後のプロジェクトについて
【乱世の薬売りシンプロジェクト】
プロジェクトについて:
サロンメンバーの一人『乱世の薬売りシン』管理人のyasu(やす)さんが、漫画家「佩月なおこ」さんが90年代に連載していた作品『乱世の薬売りシン』をネットで復活させました。
マンガ新聞での連載も開始!
http://www.manga-news.jp/news/body/1135

 

交流会では、作品をアップされたきっかけの説明から始まり、いかにこの作品を広めていくかまで議論しました。
十人十色な意見が飛び交い、白熱した状況に。

 

【経済時代劇マンガプロジェクト】
プロジェクトについて:
2018年1月20日(土)ファンドマネージャー・藤野英人と堀江貴文のサロン主催の対談イベント(http://www.manga-news.jp/news/body/1094)での原案をもとに、ストーリー・マンガを作成しています。
サロンメンバーの一人であるアイタローさんの対談レポートマンガはこちら!

https://note.mu/aitarou/n/n3a9b185266bf

 

交流会では、今後の方針について話し合い、プロジェクトに新たに参加するメンバーも増えました。
3月中旬、次回のミーティング開催が決定。

4.新規プロジェクトブレーンストーミング
最初からやりたいことを持ってサロンに参加したメンバーもいるため、新規プロジェクトとなり得る案についてブレーンストーミングを行いました。
きっとこれから新規プロジェクトが立ち上がることでしょう。

 

 

メンバーが増え、動き出したサロン。
まだまだ入会者募集中です。
この春、新しいこと始めてみませんか?

 

************************

 

ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロン 第2期募集開始のお知らせ!

 

 

ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロンは、第2期会員を募集します。

ネットマンガで、作品作りやプロモーションなど、新しい取組にチャレンジしたい方向けの一般コースの加え、新たに安価な「ネットマンガ家コース」(2000円/月:活動実績審査あり)を新設いたしました。既に第一期は満員に達しました。

ネットで実際に活動されている漫画家さんを新たなメンバーに迎え、イベント・交流会・オンラインでの活動を強化してまいります。

詳しくは、リンク先まで。

ネットマンガ実践研究会:マンガ新聞サロン
https://lounge.dmm.com/detail/448/