TOP > マンガ新聞レビュー部 > 祝!広辞苑 第七版「BL」新追加!ほっこりするハートフルBL『ただいま、おかえりーかがやくひー』

祝!広辞苑 第七版「BL」新追加!ほっこりするハートフルBL『ただいま、おかえりーかがやくひー』

「BL(ボーイズ・ラブ)」が、日本語として定着したあるいは定着すると考えられる言葉として、『広辞苑 第七版』(岩波書店)に追加された!そしてBLの意味はこう記されている。

(和製語 boys love) 男性同士の恋愛を描く、主に女性向けの小説・漫画などのジャンル。BL

執筆者は、漫才師であり腐男子のサンキュータツオさんなのだとか。

BLファンのみなさんには、とっくに一般的な言葉だけどね…と思われそうだが、私はちょっとドキドキしたので、これを機に苦手だったBLマンガに目を向け、今回は特殊設定「オメガバース」作品をご紹介する。

 

ただいま、おかえりーかがやくひー (オメガバース プロジェクト コミックス)
著者:いちかわ壱
出版社:ふゅーじょんぷろだくと
販売日:2017-06-24
  • Amazon
  • Amazon

 

癒やしのホームドラマBL

専業主夫の妻・藤吉真生(まさき)、エリートサラリーマンの夫・弘(ひろむ)は、第2子・陽(ひなた)も授かって、愛息子・輝(ひかり)と家族4人、ますます幸せいっぱいに!格差婚のため悲しみや苦しみを乗り越えてきた藤吉家に、ようやく穏やかな日々が訪れた。だが、ふと不安や悲しみに囚われる時もある真生は、家族の愛に支えられて強くなっていく。

 

ハートフルBL第2弾。被差別階級の男性と、エリート階級の男性が、家族に反対されながらも結婚。男性同士の結婚はすでに当たり前で、問題は階級差。しかし、悲壮感漂う場面は数えるほどで、ハッピーな気持ちになれる。彼らの息子と娘が泣けるほどかわええ、家族っていいな…。素直に涙して笑顔になってしまう作品だ。これ、BLっていうのか?と思ったくらいなので、特殊な設定のわりにスッと物語が自分の中に入ってくる。

 

で、この作品のように、男性が妊娠するという特殊な設定「オメガバース」とは。

 

オメガバースって?

 

海外ドラマの二次創作から生まれたBLにおける特殊設定。SF作品のパロディで、人狼(オオカミ男)の恋愛を描く際に、オオカミの生態を参考にしたのだそう。男女の性別に加え、α(アルファ)、β(ベータ)、Ω(オメガ)という3つの性がある。書き手によって解釈が違うため無数のバージョンのオメガバースが存在するらしいが、基本設定は以下。

 

■α アルファ
選ばれし生まれつきのエリートで社会的地位が高い。ベータとオメガに勝る存在。発情期になったオメガ性の側にいると超興奮状態になり理性を失うことも。

 

■β ベータ
ごく普通の人間。人口に占める割合が最も多い。ベータはベータ同士の結婚が普通。ベータ同士の子どもは高確率でベータ。

 

■Ω オメガ
定期的に発情期があり、アルファ性を惹きつける。男性は発情期にのみ妊娠可能。人口は最も少なく、種の繁栄のための存在として扱われてきた歴史があり、差別や偏見の目で見られることが多い。

 

 ※参考・引用 B+LIBRARY(日販)、『ただいま、おかえり』(ふゅーじょんぷろだくと)

妄想が止まらないSFファンタジー

男性も妊娠、女性が男性を妊娠させることもできる、運命の番(つがい)、階級制度、発情期…。
味わい深い、オメガバース。
今回は腐女子でなくても優しく癒されるBL作品を紹介したが、過激ですごいオメガバースのマンガは多数ある。
私はまだそちらの沼へは行けないが…

 

 

★関連作品★

ただいま、おかえり (ザ オメガバース プロジェクト コミックス)
著者:いちかわ壱
出版社:ふゅーじょんぷろだくと
販売日:2016-06-24
  • Amazon
  • Amazon