TOP > マンガ新聞レビュー部 > 35歳の私が『週刊少年ジャンプ』を買うのをやめた理由

35歳の私が『週刊少年ジャンプ』を買うのをやめた理由

『週刊少年ジャンプ』の発行部数は、全盛期の1/3以下に落ち込んでいるそうです。
 

『週刊少年ジャンプ』の最大発行部数は653万部です。1995年のことでした。

『DRAGON BALL』、『幽★遊★白書』、『SLAM DUNK』、『ダイの大冒険』・・・。学校で毎日話題に上るのは、つねにジャンプの作品でした。山王工業は強すぎたし、仙水の狂気は底が知れませんでした。それでも立ち上がっていくヒーローたちの姿は、出版不況をジェットコースターのように下りゆく、最後のきらめきだったのかもしれません。

あれから20年、いくら発行部数が落ちようと、『週刊少年ジャンプ』はずっと僕の側にありました。部活でレギュラーになれなかった高校時代、就活で失敗した学生時代、終電で帰れなかった営業マン時代、欠かさず店頭に並ぶ『週刊少年ジャンプ』は月曜を迎える、僕のささやかなモチベーションであり続けました。友情、努力、勝利。それ以上に大切なことなんて何があるでしょうか?

そして発行部数は200万部を割り込みます。当時の部数と比較すると、450万人が週刊少年ジャンプを買うのをやめた単純計算になります。なんと不義理なことでしょう。たしかに『HUNTER×HUNTER』の連載は不定期だし、看板作の連載はどんどん終了していくけれど、だからといって、いったい誰が『週刊少年ジャンプ』を離脱したというのでしょうか・・・。


そう思いながら迎えた2017年、ジャンプ創刊50週年の年。
ついに僕も『週刊少年ジャンプ』を買うのをやめました。

そのたったひとつの理由は・・・・・
漫画アプリ「少年ジャンプ+」が面白すぎたからです。

 


「少年ジャンプ+」は主にスマホ用のアプリです。インストールすると、月曜から日曜日まで毎日更新される連載作を無料で読むことができます。

彼方のアストラ』『十二大戦』は本誌連載作家陣による、これぞジャンプという王道少年漫画。

『ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-は『僕のヒーローアカデミア』の番外編で、本編をしのぐクオリティ。

終極エンゲージ』『地獄楽などバトル漫画は中毒的なスピード感だし、『ROUTE ENDみたいな鳥肌が立つくらいに練り込まれたサスペンスもある。

星の王子さま』『ハイリスクミッションセラピー』など出落ちギャグ漫画はハズレがないし、左ききのエレン』『青のフラッグ』『透明人間の骨』みたいな青春譚はつねに胸をチクチクする。しかもそこに加えて『幽★遊★白書』『キン肉マン』など本誌の名作が再掲されるとなると・・・。

なお課金すると、「少年ジャンプ+」で『週刊少年ジャンプ』本誌も読むことができます。

「少年ジャンプ+」は今、次なる黄金時代を迎えつつある新しい息吹です。これで明日もまた僕は職場に出勤することができそうです。ぜひダウンロードしてみてください。
https://shonenjumpplus.com

 

【少年ジャンプ+関連記事リンク】

遂に待望の1巻発売!『地獄楽』は超大作の予感しかない!

脳と心がストーリーの妙に溺れること間違い無し!『彼方のアストラ』が大団円すぎて感涙!!

遭難した僕が出会ったのは、全裸の王子さまだった『星の王子さま』

全裸で学校を駆ける!エリートイケメンの命を賭けた挑戦!『剥き出しの白鳥』

この発想はなかった……‼アニメと同時展開で連載されているロボ作品の設定が天才的すぎる『ダーリン・イン・ザ・フランキス』

路地裏のヒーローを新たな才能が描く『路地裏バンチ』もジャンプ+だった。ジャンプ+の作品群の面白さの秘密に迫る!

ジャンプのアンケートシステムは今現在どうなっている?『ジャンプの正しい作り方!』を教えてやろう。