TOP > マンガ新聞レビュー部 > 実写ドラマ化!『きみが心に棲みついた』作品紹介&厳しくも優しいサバサバ系女子・八木の魅力を語る!

実写ドラマ化!『きみが心に棲みついた』作品紹介&厳しくも優しいサバサバ系女子・八木の魅力を語る!

2018年1月16日(火)22:00、ドラマ第一話放送開始『きみが心に棲みついた』。

漫画家・天堂きりんによって描かれており、現在『きみが心に棲みついた』上下巻と、『きみが心に棲みついたS』が祥伝社から出版されている。

 

今回の実写ドラマ化に伴い、早くも多くの反響を呼んでいる本作。

可愛らしい表紙が目印の原作漫画について、気になる「あらすじ」と「みどころ」をご紹介したい。

 

きみが心に棲みついた 新装版 (上) (FEEL COMICS swing)
著者:天堂きりん 出版社:祥伝社 販売日:2017-11-20
  • Amazon
  • Amazon

原作漫画『きみが心に棲みついた』あらすじ紹介 

 

下着メーカーに勤める主人公・小川今日子-おがわきょうこ-は自己評価の低いネガティブ女子。 すぐにテンパり、挙動不審になるためついたあだ名は「キョドコ」。

 

物語の冒頭は、そんなキョドコが鋏を持つ男性に髪を切られながら、「キョドコに俺の何がわかるって?」と馬乗りになられている強烈なシーンから始まる。  

きみが心に棲みついた1

 

大学時代の激しいトラウマのせいで、社会人になっても未だに”フツーの恋愛”ができないキョドコ。

 

新しい出会いを見つけるために来た合コンで、昔の話を出された焦りからテンパり、キョドコは勢い余って 「ちゃんとした恋愛をしてくれる人なら誰でもいい」と言ってしまう。

 

周りが引く中、そこに居合わせた一人の男・吉崎-よしざき-が 「ちゃんとした恋愛ってなんだよ」と口を開く。

 

きみが心に棲みついた

 

ド直球な意見を言われたキョドコは、過去を思い返し、変わりたくても変われない自分を強く自覚する。

そしてそのまま……なんと、吉崎の後を追いかけ「私とつき合ってください!!」と必死の形相で迫るのだ! そこがキョドコと言われる所以、しかし本人は至って大真面目。

 

当然頭のおかしい人扱いされ、吉崎には振られる。

その日の晩、家に帰り一人落ち込むキョドコ。

苦しくてつらい、そんな時にふと会いたくなったのは、自分の心を酷く傷つけた先輩、星名-ほしな-だった。

どれだけ酷い目に合わされようと、キョドコを縛り付ける呪縛の言葉「キョドコはそのままでいろよ」。 自分に都合のいい女でいろ、という意味の言葉ながらも、自己を肯定するその言葉は深く心に根付いており、抜け出すことができない。

 

きみが心に棲みついた3

本作は、そんなキョドコが前を向いて歩き出す物語

 

この後の展開では、星名が同じ会社で働くことになったり、星名に気のある後輩の女の子と恋や仕事でこじれたり、様々なトラブルが待ち受ける。

 

しかし、そんな状況下でもキョドコは吉崎に連絡を取り続け、相談していく。

一見ぶっきらぼうだが、かけてくれる言葉のひとつひとつのウラオモテのない誠実さに、”本当の意味で”少しずつ惹かれていくも、何度も星名の邪魔が入って―…といった三角関係が繰り広げられる。

原作漫画『きみが心に棲みついた』みどころ 

本作は、恋愛を通して、誰にでもある弱い心について考えさせられる物語でもある。

 

人前に出ることに対して緊張したり、自信がなかったり、頼まれたことを断ったり、何かを失敗したり。 そんな時、周囲の人から目に見えて失望されると、そのショックをいつまでも引きずり「自分はダメなやつなんだ」と思い込んで何をするのも怖くなってしまう時がある。

 

主人公はまさに、そんな弱い心につけこまれ、「そのままでいい」と言ってくれた星名の言葉に、だめだとわかっていても縋ってしまった。

 

社会人になり星名と再会したあと、再び狂い始めた歯車により、どんな判断をしても裏目に出てしまい悪循環から抜け出せない。 仕事場のやっかみや、星名のせいで地道にコツコツ積み上げてきた信用を失うシーンは、正直読んでいるだけでも心苦しかった。

 

結局、“そういう人間”はいつまでたっても”そう”なのか……。

諦めかけたそのとき、主人公・キョドコを支えてくれる人物達の台詞や行動が、心にじんと染みて、変わろう、前を向こう!と背中を押された気持ちになるのだ。

 

吉崎は本作の重要なポジションであり、物語の冒頭からも登場するため今回は紹介を省かせていただく。きっとドラマの一話でも、テレビの前の女性たちは彼の良さに気づくことだろう。

 

私が事前に見どころとしてお伝えしておきたいのは、キョドコと新規プロジェクトの企画でチームを組む相手・八木泉の清々しさだ。 彼女はキョドコに対し、「認めない」と豪語しつつも、いつも真正面から向き合ってくれる。

 

例えば勢い余った行動を取り、社内から冷たい目で見られ泣いて後悔するキョドコを見て 「泣いて後悔するくらいやったら 初めからすんな」と思ったことを包み隠さずに口にする。

 

きみが心に棲みついた4

 

人間性の違いから、歯にもの着せぬ言い方をする八木。 しかし、次のシーンはこう続く。

 

きみが心に棲みついた5

 

「伝えたいことは仕事で示せ」と言わんばかりの、力強いこの台詞。 女が多い職場では、嫌われたり、浮いて仲間はずれにされることを恐れ、無難な言葉しかかけられないことが多いなか、八木の台詞は仕事に対しても、個の人間に対しても真っ直ぐで真摯に感じる。

 

八木だけでなく、『きみが心に棲みついた』には、多くの魅力的なキャラクターが登場する。 「この人に認められたい、勝ちたい、肩を並べたい。」そう思うほど、尊敬できる心を持つキャラクターに、キョドコも読者も、頑張ることができるのではないだろうか。

 

少しでも興味を持っていただけたのであれば、ぜひドラマだけでなく、原作漫画も手に取ってみてほしい。

 

マンガ新聞編集部 駒村

 

きみが心に棲みついたS(1) (FEEL COMICS)
著者:天堂きりん 出版社:祥伝社 販売日:2014-06-07 
  • Amazon
  • Amazon