TOP > マンガ新聞レビュー部 > 『このBLがやばい! 2018年度版』発売!第1位の作品を実際に読んだ感想を添えて、情報の一部をお届け!

『このBLがやばい! 2018年度版』発売!第1位の作品を実際に読んだ感想を添えて、情報の一部をお届け!

本日2017年12月12日(火)、「このBLがやばい! 2018年度版」が発売されました!

 

このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
製造者:宙出版
販売日:2017-12-12
  • Amazon
  • Amazon

 

毎年、BL界で話題騒然となる本企画!

BL ファン&識者が選ぶ、空前絶後の BL コミック&小説 No.1 は!?このランキングを参考に新たな道を開拓する人も多いのではないでしょうか?

 

『このBLがやばい! 2018年度版』内容
 

・今年度の人気作を網羅! BLコミック&小説ベスト 20!
・ここでしか読めない!独占インタビュー!!

  紗久楽さわ/常倉三矢/みやしろちうこ/user
・作品が登場!ココでしか読めない描き下ろし番外編
  紗久楽さわ「百と卍」/さちも「かしこまりました、デスティニー~Answer~」
・今年も傑作目白押し!大人気コーナー、『この帯がやばい!!』
・まだ見ぬ名作をあなたに…。『「この BL がやばい!」的もっと名作ガイド』
・今や電子のチェックも当り前!? 『このデジタル発 BL コミックがやばい!』
・創刊 20 周年おめでとう♪ 新書館「Dear+」編集部インタビュー!
・BL 研究者・溝口彰子先生による、『特講! BL の歴史と未来』

その他毎年恒例『キャラクター・ザ・ベスト』『萌えジャンルで見る BL コミックス』など、人気コーナー盛りだくさん!
これを読まずして、今年の BL は語れません!!

 

今回は、発表されたBLコミック1位の作品を、実際にマンガ新聞編集部(BL担当)が読んでみた感想とともに、みなさまへお届けします。

 

1位 『百と卍』(紗久楽さわ/祥伝社 on BLUE comics)

百と卍 (onBLUE comics)
著者:紗久楽さわ
出版社:祥伝社
販売日:2017-03-25
  • Amazon
  • Amazon

 

【あらすじ】 

 

江戸時代後期、元陰間(=男娼の総称)の百樹-ももき-は、お勤め明け後、帰る家もなく身を寄せていた長屋で、卍-まんじ-に拾われる。
無邪気でみんなから愛される愛嬌の持ち主、百と、粋で色男として名高い卍。二人が織りなす、愛おしくも切ない恋物語。

 

【作品の見どころ】

 

時代背景を描く豊富な知識と表現力!

 

一見クールに見える男、卍は過去"纏持ち"を生業としていました。
纏とは、江戸時代に町火消しが用いた旗印の一種。
組の中から体力・容姿・威勢ともに優れた男が、火事の際に纏を持ち、屋根に登って消火活動の目印になったといいます。

 

このようなエピソードからも読み取れるように、一度本作を読み始めたら、まずは作者・紗久楽さわ先生の圧倒的知識量、江戸時代後期の時代背景を詳細に描く画力と表現力に驚くこと間違いなしです!

 

そんな卍は現在纏持ちをやめ、百とふたり、笛吹きなどのバイトをしながら暮らしています。
復帰を願う組の仲間に、卍は

 

「勘弁してくれ四方吉
 もう大概 命で遊ぶは飽きた」

 

と誘いを断ります。
罵倒を受けつつ店を出た卍を、無邪気に出迎える百。

 

陰間時代、客の冷めた残飯ばかり食べていた百は、隣のおばさんが詰めてくれた温かい弁当を頬張ります。

 

百を見る、卍の愛おしそうな視線。
頬についた米粒を取る仕草ひとつひとつが、まるで大事な宝物の中身を取り出し、綺麗に拭ってやるかのような優しさで…。その姿を見ていると、読んでいる私のほうが熱い何かがこみ上げてきました。

 

食後、体に触れてきた卍のどこか普段と違う様子に気づいた百は、「兄ィ…何か嫌なことあった?」と問いかけます。

 

「あった あったはあったが…
 くだらねーことサ…
 てめェの気遣ェにゃ及ばねェ」

 

素直に応えつつ、そのまま床になだれ込む二人。
何度身体を重ねても幸せを噛みしめるように、今でも夢みたいだ、と悦ぶ百を隅々まで可愛がりながら、卍はこう想うのです。

 

(俺ァ……
 もうヤケを起こして
 命で遊ぶ意気地は捨てた
 この世に未練がありすぎる)

 

この作品の第1巻は、百と卍の関係性を丁寧に描いており、互いを想う心の強さがひしと伝わってきて、今朝通勤途中に読んでいた私は思わず一筋の涙を流しました。
これが尊いという気持ち。
私のようなBL好きが、あまりに尊さを感じる作品に出会うと、黙って涙を流しながら天を仰ぐことがあります。
「この世の全てにありがとう」という感情に浸るのです。

 

第1巻は特に、百の陰間時代の過去、なぜ卍に拾われるに至ったかも描かれており、そちらのエピソードも切なく非常に読み応えがあります。

 

第2巻では、ところどころ卍の回想に出てきた"卍の過去"も明かされる模様。
今この機会にぜひ読んで欲しい一作となっておりましたので、気になった方はお近くの書店へ駆け込む、または電子書店で探してみてください!

 

また、2位以降も話題作や尊い作品が勢揃いです!

 

2位 『囀る鳥は羽ばたかない』(ヨネダコウ/大洋図書)

囀る鳥は羽ばたかない 1 (HertZ&CRAFT)
著者:ヨネダコウ
出版社:大洋図書
販売日:2017-11-01
  • Amazon
  • Amazon

3位 『かしこまりました、デスティニー ~Answer~』(さちも/ふゅーじょんぷろだくと)

かしこまりました、デスティニー~Answer~ 上 (THE OMEGAVERSE PROJECT COMICS)
著者:さちも
出版社:ふゅーじょんぷろだくと
販売日:2017-05-24
  • Amazon
  • Amazon

4位 『Life 線上の僕ら』(常倉三矢/芳文社)

Life 線上の僕ら (花音コミックス)
著者:常倉三矢
出版社:芳文社
販売日:2017-04-14
  • Amazon
  • Amazon

5位 『やたもも』(はらだ/竹書房)

やたもも (バンブーコミックス Qpaコレクション)
著者:はらだ
出版社:竹書房
販売日:2015-03-13
  • Amazon
  • Amazon

これらのランキングが掲載された、『このBLがやばい! 2018年度版』!

今世間で注目されているBL、要チェックです!

 

このBLがやばい! 2018年度版 (Next BOOKS)
製造者:宙出版
販売日:2017-12-12
  • Amazon
  • Amazon

 

マンガ新聞編集部

 

最新情報や近況を報告中!Twitterもフォローお願いします!

マンガ新聞編集部:@manga_shinbun

マンガ新聞レビュー部:@mangahonz