TOP > マンガ新聞レビュー部 > 「営業が働くのはだれのためだろう?」会社と顧客のあいだでジレンマを抱えながら働く営業マンにささぐ、ウソをつけなくなった男の歯がゆい誠実な戦い『正直不動産』

「営業が働くのはだれのためだろう?」会社と顧客のあいだでジレンマを抱えながら働く営業マンにささぐ、ウソをつけなくなった男の歯がゆい誠実な戦い『正直不動産』
正直不動産 1 (ビッグ コミックス)
著者:大谷 アキラ
出版社:小学館
販売日:2017-12-27
  • Amazon

 

「営業」という仕事はジレンマの連続だと思います。会社から売り上げのノルマを課せられて、その上で自分が接した顧客の利益を最大化するよう努める。個人としては、どちらも良い方にいくことを願っていても、実際は会社からの評価を気にするあまり、顧客の利益の最大化には繋げられないことも多いのではないでしょうか。

そして時には顧客に対して嘘もしくは不誠実な回答をすることで、自分にとって有利な条件での契約に持ち込ませ、必要以上の請求をとって会社から評価を得る営業もいます。

 

こういう話を耳にすると、一体営業とはなんなのか、誰のために働いているのか、たびたび自分は疑問に思ってしまうのです。

 

営業をするには、嘘もしくは不誠実な回答をして、顧客をそそのかさなければならないのか。そうしなければ、利益を上げることはできないのか。そんな営業のジレンマをマンガにした作品が、最近ビッグコミックにて始まりました。

 

その名も『正直不動産』です。

 

『正直不動産』あらすじ

 

登坂不動産のエース営業マン・永瀬財地は
嘘を厭わぬ口八丁で売り上げNO.1を叩き出す凄腕だった。
だが、とある地鎮祭で石碑を壊して以来、
嘘が上手くつけなくなってしまった…!!
千三つと言われる海千山千の不動産業界で
かつての成績が一気に低下する中、
永瀬は、嘘が上手くつけない正直営業で苦戦するが…!?
不動産屋の裏側を全部ぶっちゃけちゃうニュー・ヒーロー、誕生。

 

不動産営業の合言葉は"千三つ"⁉︎

あらすじで説明されていますが、この作品の主人公はとても優秀な営業マンでした。ただし、そのやり口はお世辞にもほめられたものでなく、顧客にとってまさに不誠実そのものでした。

 

本来ならばクライアントにとってよりメリットのあるやり方をオススメせず、自分にとって利益の大きいやり方を勧めてそそのかし、契約をさせるというやり方をとっていました。

 

そんな主人公が使った言葉が「千三つ」。不動産などの仲介業のことを指す言葉ですが、一方で「千のうち三つしか本当のことを言わない」という意味もあります。

 

この言葉を、主人公は新しく入ってきたばかりの後輩に対して伝えるのです。これが不動産営業の基本なのだと。嘘や不誠実な回答を顧客にすることが売り上げを上げるために必要なのだと、威張りながら言うのです。

 

そんな主人公がある日、不思議な力によって嘘がつけなくなるところから、このお話は動き出します。どんな問いにも正直に答えてしまい、せっかく顧客が首を縦に振りそうだった案件も、次々と水に流してしまう。そして営業成績はみるみる下がり、一位の座を後輩に明け渡してしまいます。そんな状況のなか、主人公は再度奮起して、嘘をつかない営業で一位を取ろうとします。嘘が封印された主人公は、果たしてその状態で売り上げ一位を取ることができるのか、それがこの作品のキモになっているところでしょう。

 

営業は誰のために働くのか

自分も前職は人材派遣の営業をしていたので、このお話はとても印象に残りました。会社の社是としては、顧客の価値の最大化をうたっているにもかかわらず、実際にはお金を出してくれる企業のことを最優先している会社の方針に、ずっと違和感がありました。

また、上司が請負の仕事を企業から受けたとき、請求書には作業人数を2人としていたにも関わらず、実際には1人しか稼働させないで、1人分の人件費を余分にもらって売り上げを立てたことも、とても違和感がありました。そしてそんな上司を「よくやった」と賞賛する会社にも、やっぱり違和感がありました。

 

営業は、売り上げを上げられるならば何をしてもいいのでしょうか?嘘をついて、人をだましてお金をもらってもいいのでしょうか?バレなきゃ問題ないということなのでしょうか?営業をやめたいまでも、時々考えることがあります。

 

だからこそ、顧客に誠実に対応して、みんなが幸せになる形で営業をしていく主人公を、自分は応援したいと思います。嘘をつかなくたって、営業ができることを証明してほしいです。

 

この作品は、組織で一度でも営業という職種に就いた人すべてにオススメします。営業とは何か、誰のために働き、何のために商品を売るのか、この作品を読むことでもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

なお、この作品の第1巻は2017/12/27に発売されました。公式サイトで第1話の試し読みができるので、読んでみてください。

 

https://bigcomicbros.net/comic/shoujikifudousan/

 

正直不動産 1 (ビッグ コミックス)
著者:大谷 アキラ
出版社:小学館
販売日:2017-12-27
  • Amazon