TOP > マンガ新聞レビュー部 > 『週刊少年ジャンプ』あれから読むか?これから読むか?

『週刊少年ジャンプ』あれから読むか?これから読むか?

10月の3連休初日、私はふと思いました。
「…あ、ってことは今日ジャンプ発売日じゃん!」と。

 

マンガアプリ・少年ジャンプ+で定期購読を始めて1年。

私の中で、ジャンプの読み方が変わりました。
電子書籍の特徴である”目次”から直接作品に飛ぶ機能を使うようになったのです。

 

毎週楽しみにしている作品を、気になる順番から読みたい!
本日は少し趣向を変えて、週1回、ワクワクしながらアプリを起動する、私の”読み順”をご紹介したいと思います!

 

1番目『鬼滅の刃』

 

鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:吾峠呼世晴
出版社:集英社
販売日:2016-06-17

 

最近どえらい面白いこのタイトル。

 

時は大正時代。家族を殺され、ただ一人生き残り”鬼”となってしまった妹を、
人間に戻すすべを探り、鬼を刀で斬って滅する”鬼殺隊”に入隊した主人公。

 

心優しく、真っ直ぐで頭のかたい兄・炭治郎と、人喰い鬼になってもなお
人を食わない妹・禰豆子の家族愛や、人の命の儚さ真の心の強さとは何か、を教えてくれる一作です。

 

このマンガはほとんどトーンが使われておらず、絵柄も可愛らしいです。
テンポの良いギャグを”真面目に”書く、独特の面白さがあり、好きな人は本当に好きだと思います。

 

また個別でレビューを書きたいのですが、
最近では鬼殺隊vs人食い鬼たちを統率する一派との戦いが描かれており、
次々と登場するキャラクターの魅力に磨きがかかってきているのです…!

 

2番目『ぼくたちは勉強ができない』

 

ぼくたちは勉強ができない 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:筒井大志
出版社:集英社
販売日:2017-06-07

 

週刊少年ジャンプの中の、ラブコメ担当作品にこれほど注目するとは思っておりませんでした。
誰とくっつくのか、が気になる…というよりは、単純に私の中の”女の子萌え”が昂る一作です。

 

ガリ勉主人公・唯我成幸は家庭の事情でなんとしても大学受験のVIP推薦をつかみ取りたかった。

 

しかし理系では数学・物理の天才少女…通称「機械仕掛けの親指姫」こと、
低身長メガネっ娘の巨乳娘、緒方理珠(おがたりず)に。

文系では通称「文学の森の眠り姫」こと、黒髪ロング、すらっとしたスタイルで物腰のやわらかな貧乳少女、古橋文乃(ふるはしふみの)に及ばなかった。

 

そんな中、いろいろあって唯我は天才少女ふたりに勉強を教えることに!

 

なぜなら親指姫は文系大学に、眠り姫は理系大学にと、得意科目とは真逆!
壊滅的に”ワカラナイ・理解デキナイ”科目をメインとする大学を目指していたのだ!

 

なんで天才なのにわざわざ真逆の大学に行きたがるんだ!と思うも、
それぞれの真剣な理由に、思わず応援したくなること間違いなしです。
だってとにかく本当に、出てくるキャラクターみんな可愛い…っ。

 

唯我も不憫で真面目で、人が良すぎて、好感を持たざるを得ない。
ウブな高校生たちの甘くもどかしい恋愛模様を温かい目で見てニヤニヤするのが日課となりつつあるのです。

 

恋も勉強もがんばれ!と後押ししたい、青春作品だと思います。

 

3番目は『ROBOT×LASERBEAM』

 

ROBOT×LASERBEAM 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
著者:藤巻忠俊
出版社:集英社
販売日:2017-07-04

 

『黒子のバスケ』が終わり、次の作品は何かと楽しみにしていたらまさかのゴルフで驚きました。
紳士のスポーツでおもしろくなるのか!?と。

 

バスケのようにぶつかりあうわけでもない、美しく洗練されたスポーツ。
泥臭さが魅力のひとつでもあるそんなジャンルで、泥臭さとは程遠い題材。

しかしそんな心配など露知らず、藤巻先生の読者を”期待させる”展開のうまさには本当に驚くばかりです。

 

『黒子のバスケ』も『ROBOT×LASERBEAM』も、主人公は

自分の特技・強みをとことん極めた一点突破型。それは強みでもあり、弱みでもある。

 

周囲の強いライバルたちに出会い、刺激され、主人公が弱みを自覚し、

長所を伸ばすことや弱みを克服する「努力と成長」。

 

純粋にスポーツを好きで楽しむ心の爽やかさと、好きだからこそ追い求める、

正々堂々とした「勝利」への思いを描くのがうまいと思います。

 

まだまだ始まったばかりのこの作品。

次はどんな「ライバル」が現れるのか。どんな「試練」が待ち受けているのか。

主人公はどうやって乗り越え、「成長」するのか。

続きが気になる作品です。

 

 

今回はここまでにしておきます。

私の場合、読む順番は必ずしも作品として”面白い”順番ではありません。

むしろ”好み”に近いです。

 

恐らくアンケートで投票するのは上記作品3作をこの順番に、ではないでしょう。

 

この読み方、私だけなのでしょうか?気になるところです。

さて、今週のジャンプも非常に楽しみですね!楽しい連休をお過ごしください!