TOP > マンガ新聞レビュー部 > 「欲情の泉(ビュルッ)!?」 少女しか居ない世界に、ただ一人現れた男に与えられた使命とは?『パラレルパラダイス』

「欲情の泉(ビュルッ)!?」 少女しか居ない世界に、ただ一人現れた男に与えられた使命とは?『パラレルパラダイス』

今回は『エルフェンリート』『君は淫らな僕の女王』『極黒のブリュンヒルデ』など数々のヒット作を手がけてきた、岡本倫先生による最新作『パラレルパラダイス』に注目!!

 

極限まで突き詰めた描写がエロい→エロくない→一周回ってめっちゃエッチで興奮してくる!なのに物語として深まる謎が続刊を渇望させる!
一度読んだらもう一度あのシーンを読み返さずにはいられない………そんな作品を、感想を交えて本日はおすすめします!

 

パラレルパラダイス(1) (ヤンマガKCスペシャル)
著者:岡本 倫
出版社:講談社
販売日:2017-08-04
  • Amazon
  • Amazon

 

『パラレルパラダイス』あらすじ

主人公、陽太は同じクラスの幼なじみ、仁科が好きなごく平凡な男子高校生。
ある日突如校庭に現れた、”血だらけのてるてる坊主”のような謎の生き物と目があった瞬間ーー…光が満ちた異世界に飛ばされる!

 

作中では赤と青の2つの月がある紫色の空、宙を舞うドラゴン、巨大な城が描かれており、ひと目で異世界とわかります。
そんな中、陽太は聖騎士と名乗る一人の少女「ルーミ」と、鳥の姿をした神様「ジーニアス」と出会う。

 

陽太が男だと判明した瞬間剣を向けるルーミ、軽く触れた瞬間

「いやーーーあんた何すんの!?私を犯すの!?私を性的な慰みものにして殺そうとしたのね!?カルたちみたいに!!」

 

と突き飛ばされるがその股間からはーー…ビュルビュルビュル
「ちょまぁあぁあぁあああああああーーーーっっっ!!」

 

粘液が滴り少女が発情したり、鳥が解説者のように喋ったり、ドラゴンが襲ってきたり、少女しかいない街で女のふりをして過ごすことになったりと、奇想天外な物語が始まります。

正直、めちゃくちゃおもしろい。
 

初見は私もただのえっちな漫画かと思いました、しかしページをめくる度に面白さはそこだけじゃないとすぐにわかります。
この物語が面白いと思った3つのポイントを交え、皆様に作品のご紹介をしたいと思います。

 

過剰すぎる描写で描かれる少女たちの異常な発情行動「欲情の泉」

 

男がいない世界、異性に対してなんの免疫もない少女たちの遺伝子に組み込まれていた過剰反応、「欲情の泉」。
 

陽太に触れるだけで「びゅるびゅるびゅるっ」と滝のように股間から滴る粘液……、
作中で何度も出てくるこの描写は、レビュー冒頭でも書きましたが、通常ではあり得なさすぎて笑えてくるレベルです。

 

一見エロくない、と感じるのに一周回って「やばい…え…私も興奮してくる…」となってしまいます。
本能で陽太と「交尾」がしたい。好きとか嫌いとかではなく、ただひとりしかいない男に本能が思考を奪い迫ってしまうのです。

 

正直、荒い息遣いに読んでる側も、だんだん正常な判断ができなくなってきます。

 

30世紀もの間行われなかった生殖行動、少女たちは一体どうやって生まれてくるのか?

 

鳥の姿をした神様ジーニアスによると「この星にただの一人も男はいない」とのこと。
 

だとすれば一体少女たちはどうやって生まれてきたのか?通常の人間とは違うのか?
命の根幹に関わる部分に大きく広がる謎に対して、陽太に与えられた使命

 

「人間の男よ
 だからこれはお前の使命だ
 まずはこの女と生殖行為をしろ
 つまり交尾だよ 知っているだろう
 話はそれからだ」

 

続きが気になりすぎます。

こんなパワーワード、他にありますか!?

 

一巻終盤で語られる衝撃の真実、軽快なタッチで描かれる絶望と一筋の希望

 

物語には「続きを読ませたい」と思わせる引きが大事になってきます。
 

ネタバレになるのでどんな内容かは言えませんが、陽太にのみ突きつけられた衝撃の真実がこの世界にとっての絶望であり、
そして陽太がこの世界にとって一筋の希望となる瞬間が終盤に描かれています。

 

私はこの真実を知ったとき、すぐに続刊の発売日を調べました。

一巻が発売されたばかりの日に読んだというのに、続きが読みたくて仕方がなくなったのです。

 

本当は他にももっと語りたいポイントがいくつもあるのですが、あえて避けておきます。
なぜならこの作品を本気で読んでほしいから。

 

そしてこの物語の真髄をみなさまに捉えてほしい。

これはただのえっちなマンガではなく、きちんとした青年漫画であり、主人公の周りは問題(異常発情)を抱えた少女たちで溢れています。

ただ欲望に負けて、好きな子がいるのに他の女に目がくらむハーレム作品では決してありません。

主人公が「何もしらない少女たち」を救う物語……の!はずなんです!

 

陽太とルーミが初めて出会ったとき、
こんなやり取りが繰り広げられます。

 

「なぜ私を助けた?」
「なぜ?
 この世界じゃ女の子を助けるのに
 いちいち理由がいるのか?」

 

……ああああやっぱ青年漫画の主人公だわ…かっこいい…!!
 

以上、『パラレルパラダイス』の感想でした。

とにかくおもしろすぎるのでぜひぜひ読んでみてください!!