TOP > マンガ新聞レビュー部 > 自分を押し殺して、我慢する癖がある人が共感しそうな恋愛漫画『こどものおもちゃ』

自分を押し殺して、我慢する癖がある人が共感しそうな恋愛漫画『こどものおもちゃ』

『こどものおもちゃ』という少女マンガを読んだら、面白かった。

 

僕は全く知らなかったのだけど、マンガ新聞のメンバーに聞いたら、男性もみんな知っていた。

昔、大ヒットしたらしい。

 

少女マンガで恋愛となると、僕の守備範囲外すぎて、ヒットしていても知らなかった。

でも、読み始めたら、大人の男性でも十分楽しめる、先が気になる恋愛マンガだ。

 

逆に、小・中学生の女子は、これを本当に理解できるのか?

すごく繊細な感情が描かれている。

 

子どもにはやるためには子ども向けに書くのではなく、大人も感動させられるものでないと子どもにも受けない、ということをよく言うが、それのお手本のような作品だ。

なんで、僕が、この本を読もうと思ったのか。
僕は、新しい作家を担当するようになると、その作家の作品を繰り返し読むだけなく、その作家に影響を与えた作品も読む。

 

なぜ、その人にその作品が影響を与えたのだろう、と考えながら読むと、その作家の作品を読むだけよりも、ずっと深く作家のことを理解できる。

そういう努力を作家のためにはするのだけど、コルクの社員のためにしたことはなかった。

 

でも、新しく入ってきたスタッフがとても優秀で「無給でもいいのでおいてください」とやってきて、2週間もしたらアルバイトになり、1ヵ月もしたら、契約社員になり、2ヵ月目には社員となって『宇宙兄弟』の担当をするようになった。

 

最近では「ユヒコ」として宇宙兄弟のメルマガを書いて、ファンとコミュニケーションをとっている。

そのスタッフの才能をより伸ばしたい!と思って、自分の人生に影響を与えた本を教えて、と聞いたら『こどものおもちゃ』と言われたのだ。

 

正直、1巻の表紙を見て、僕とそのスタッフは分かり合えないと思った。

世代的な差もあるし、こんな中学生の恋愛には興味を持てないと思ったが、十分楽しめた。いや、名作と言っていい恋愛少女マンガだと思った。

 

 

 

『こどものおもちゃ』の一番すごいところは、シリアスな内容を、ギャグも交えながら読者の心に響かせているところ。

 

当時(1995年)の社会問題や、学級崩壊(その中でも教師いじめ)。

家族の問題、父と子の関係、母と子の関係、血のつながっていない親子、チャイドル(こどものアイドル)、若くして出産し赤ちゃん捨てる、自殺、精神病(表情のなくなる病気)、ホームレスなどを描ききっているところ。

大人がわかっていない、こどもの抱える闇・孤独を描き、漫画で表現したことで、子どもたちは周りの大人よりもこの作品の方が自分を理解してくれる、と感じたのではないか。

そして、人生のバイブルになった人が多いのではないか

 

というのが、ユヒコの感想だ。

恋愛少女マンガという言葉で一括りにはできない作品なので、絵柄などが趣味でない男性読者も、読んでみることをお勧めする。

ちなみに僕はこの作品を読んだことで、ちょっとだけ「ユヒコ」という社員が、会社では見せない顔も理解することができ、仕事を一緒にしやすくなった。  

 

こどものおもちゃ 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)
著者:小花美穂
出版社:集英社
販売日:2013-05-14