TOP > 【コミュニティ担当者必見】特集:キズナアイと『宇宙兄弟』のファンコミュニティ対談 ~ upd8大坂武史氏×コルク佐渡島庸平対談【8/10】

【コミュニティ担当者必見】特集:キズナアイと『宇宙兄弟』のファンコミュニティ対談 ~ upd8大坂武史氏×コルク佐渡島庸平対談【8/10】

「キズナアイ」YouTubeチャンネル登録数200万人 ×『宇宙兄弟』ファンコミュニティメルマガ会員約3万人、それぞれの現在地から見えることとは?
 

講談社でマンガ編集者をしていた佐渡島庸平氏は、漫画家エージェント会社のコルクを立ち上げました。

 作家を支えるために必要なのは、ファンコミュニティではないか? 

– WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE.(NewsPicks Book) より引用

という仮説のもと、コルク社では、ファンコミュニティを運営しています。
 

『宇宙兄弟』の作家小山宙也ファンコミュニティ「コヤチュー部」の運営を通じた様々な試行錯誤の結果、メルマガ会員は約3万人、最近では1000個もの新商品が、数時間で完売するという驚くべき結果も出始めています。
 

そんなコルクを運営する佐渡島が、ぜひ話をしたいと私に伝えてきたのが、バーチャルYouTuberのキズナアイなどをサポートする大坂氏でした。

 

最前線を知る経営者、大坂武史氏

出現から2年と待たず、大きな存在感を示すようになってきたバーチャルYouTuberたち。

その中でも、四天王筆頭と呼ばれる始祖「キズナアイ」などをサポートするupd8(アップデート)を運営するのが、大坂武史氏です。

短期間で新しいジャンルとして立ち上がったバーチャルYouTuber(以降VTuber)。

そのパイオニアと言われているキズナアイは、サンジャポ出演の日と同時に、YouTubeチャンネルのファン数が200万を超えて話題になりました。
 

現在は、このマーケットに多くの企業も、大小さまざまな形で参入してきており、成長中のマーケットだと期待されています。

VRやネット動画の世界を新しい表現の場と捉えた、VRマンガアプリなども、続々登場してきています。
VTuber周辺では、そのビジュアルやトーク、斬新な編集にゲーム実況、数多のVTuber競演、ライブや関連商品開発までと、様々な新しいビジネスの芽が生まれています。ですが、VTuberやVRの可能性は、新しい表現だけとは限りません。

 

生身のYouTuber同様、YouTubeのチャンネル登録数も重要ですが、最初から3DCGである彼女(彼)たちは、早い段階からSNSと強い相性の良さを示しました。

Twitterのハッシュタグ #キズナアイ には、日々大量の画像がアップされ、これまであまり見たことのないLIVEかつネット的なファンコミュニティが形成されつつあります。
 

この新しい存在にファンがついていく中で、新しいコミュニティの成り立ちも現在進行形で確立し始めています。キズナアイや多くのVTuberをサポートする大坂武史氏は、その絶賛成長中のVTuberファンコミュニティの拡大も、担っていくのでしょうか。

8月10日(金)のイベントでは、2つの最前線の現状と、その議論から生まれる新しい何かをお持ち帰りいただきたいと考えています。
 

【イベント概要】バーチャルYouTuberキズナアイとupd8をビジネス面から語る
日時: 2018年8月10日(金)19:00〜21:30 (終了後交流会予定)
会場:株式会社メディアドゥ ホール
   東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル5F (アクセス
登壇:
  Activ8株式会社 代表取締役 大坂武史
  株式会社コルク 代表取締役社長 佐渡島庸平 @sadycork

お申し込みは、こちらまで!

 

参加者の方には、質問などを募集します!
以下のサイトSlidoのトップページにて、”#U408”を入力してください。

→ 質問入力フォーム”Slido” ←
https://www.sli.do/

 


バーチャルYouTuberを知る、参考書籍

このイベントの準備のために読みました。Vtuberのことが良く判るのですが、特に元祖バーチャルYouTuberであるキズナアイのインタビューは、とても面白く、かつなんだか不思議な気持ちになりました。何が不思議だったかは、イベントにて。

ユリイカ2018年7月号 特集=バーチャルYouTuber
著者:キズナアイ
出版社:青土社
販売日:2018-06-27
    t
  • Amazon
  • t
  • Amazon

 


 

サロンについて、これまでのイベントや特集記事など

まとめ

test