TOP > マンガ新聞レビュー部 > 新型コロナウィルスとの戦いにも応用できる学問『紛争でしたら八田まで』

新型コロナウィルスとの戦いにも応用できる学問『紛争でしたら八田まで』

こんにちは! 漫画ソムリエの東西サキです。

ふだんは東京ネームタンクでマンガの持ち込み先進路相談をしています。

マンガ技術研究会では新連載をひたすら集めて読むお仕事もしています。

そんな私から見てオススメの漫画をご紹介して参ります。

どうぞよろしくお願いします!

 

そして今回ご紹介する作品は『紛争でしたら八田まで』(田 素弘/講談社)です!

 

 

 

無料試し読みはこちらから

 

●あらすじ

地政学リスクコンサルタントという肩書きの眼鏡美人八田百合が

地政学に基づいた知性とちょっとの荒技で

スパイよろしく世界各地を飛び回って、トラブルを解決していくというお話です。

 

 

●地政学

そもそも地政学とは

地理学と政治学を合成したもので、

地理的な環境や条件が、政治や軍事、

経済に与える影響について考えるという学問です。

ヒロインはこの知識に基づいてトラブルを解決していきます。

 

 

●注目される学問

インターネットの普及とグローバル化で、

地理的条件が生み出す障害は克服したという幻想がありますが

我々が消費する食糧や水は、

相変わらずどこかから運んで来る必要があり、

いくらグローバル化が進もうとも地理に縛られている事は変わらず

国際政治のレベルになると、地政学は重要度を増すことから

コロナウイルスによる感染症の拡大など

地政学的思考は注目度が高まっています。

 

●マンガで楽しく学べる!

学ぶことが重要である事は分かるが、

ちょっと敷居が高いなぁという地政学。

こうした敷居が高い学習に最適なのが漫画というジャンル。

全く興味が無かった分野や理解できなかった学問も

魅力的な物語やキャラクターを通して触れることで

探求心を刺激し幅広い知識を自然と学習できるという利点があります。

本作品はアクションあり、魅力的なヒロインあり。プロレス技あり

エンタメとして楽しく読めるので最適な内容と言えます。

 

 

●縦軸の物語への興味!

知性と美しさを兼ね備えたヒロインが

世界を駆け巡りトラブルを解決しながら抱いてる

「私の国を作る」という縦軸の目標にも強い魅力を感じます!

本作『紛争でしたら八田まで』には軽妙なキャラクターの掛け合い、

アクション、知的好奇心を満たす魅力がたっぷり詰め込まれています。

気になる方は、ぜひ読んでみてください!

 

 

紛争でしたら八田まで(1) (モーニング KC)
無料試し読み
著者:田 素弘
出版社:講談社
販売日:2020-03-23