TOP > マンガ新聞レビュー部 > 百合+美少女吸血鬼!『ヴァンピアーズ』はとにかく美しくて上級エロスが漂う傑作だ!

百合+美少女吸血鬼!『ヴァンピアーズ』はとにかく美しくて上級エロスが漂う傑作だ!

祖母の葬儀に参列した14歳の少女、一花(いちか)は、そこで見知らぬ人物を見かけます。


びっくりするほどに美しい金髪の少女。
一花は一目で、この見知らぬ少女に心奪われてしまいます。

 

「しかるべき相手は、自分の心が教えてくれる」。
生前の祖父の教えを胸に、まだ見ぬ王子様が現れる日を夢みていた一花の前に現れたのは、王子様ではなく「女の子」だったのです。

 

彼女の名はアリア。
言うまでもなく吸血鬼であり、すでにラブ状態だった一花はノーガードで血を吸われてしまいます!

 

まずは少女たちの美しさ(エロさ)が良い!

この漫画の素晴らしさは、表紙絵に凝縮されています。
作者であるアキリ先生、かわいくてちょっとエロティックな絵を描くのが本当にうまい!

 

吸血鬼マンガの真骨頂は「吸血シーン」にあると思うのですが、美しい少女が抱き合って首筋に唇を押し付ける、百合要素と吸血鬼の相性が非常に良いことを改めて思い知らされました!

 

さて、吸血鬼に血を吸われた人間はどうなるのか?
正気を失い、吸血鬼の来訪を心待ちにする、僕(しもべ)のような存在になり果てるのか?
それとも、吸血鬼に変貌してしまうのでしょうか……!?

 

「わたしさ…吸血鬼になっちゃうの?」

「大丈夫、ならんよ。 吸うだけじゃあね」

 

……ならんそうです。

 

代わりにアリアは、一花にとんでもない「協力」を求めてきます。

 

神社に封印されていた宝剣。
それは吸血鬼の無限に近い生命を終わらせる力を持っていました。
一花に宝剣を取って来させたアリアは、にっこり笑いながらこう言います。

 

「わたしを 殺してくれ」

 

ここに至って、謎の吸血鬼少女・アリアが一花に近づいた目的が、彼女の身体(血)目当てなどではないことが明らかになります。

 

しかし一花はこの願いを拒否します。

当然です。
アリアが「人外の化け物」であれ「女の子」であれ、一花にとっての「運命の王子様」なのですから!

 

かくして、
“捕食者(吸血鬼)と獲物(人間)”
“殺されたい者(王子様)と殺さない者(ヒロイン)”
という奇妙な関係性を持つ、百合カップルが爆誕することとなりました!

 

ちなみに、この後、アリアが一花の中学に転向してくる、というお約束(笑)の展開が待っています。

 

現在、コミックスが2巻まで発売中。

この二人が今後どうなっていくのか気になる方はぜひ読んでみて下さい!

 

 

試し読みはこちらから

 

 

 

ヴァンピアーズ (1) (サンデーGXコミックス)
無料試し読み
著者:ア キリ
出版社:小学館
販売日:2019-08-19
ヴァンピアーズ (2) (サンデーGXコミックス)
無料試し読み
著者:ア キリ
出版社:小学館
販売日:2020-01-17