TOP > マンガ新聞編集部 > 【レビューランキング】80年代の熱狂がWEBで甦る!『キン肉マン』が圧倒的第1位!

【レビューランキング】80年代の熱狂がWEBで甦る!『キン肉マン』が圧倒的第1位!

みなさん、こんにちは。マンガ新聞編集部です。

本日は2020年3月30日~4月5日の一週間のなかで、最も人気だった記事TOP3をお届けいたします!

言わずと知れた往年の名作が現代に甦り、TL作品がまたもランクイン。

そしてホリエモンもオススメの雀士マンガと、今週も幅広いジャンルの3作が揃いました。

それではさっそく、堂々の第1位から!

第1位:俺たちが小学生に戻る瞬間がここにある。深夜24時の激闘『キン肉マン』

ツイート数&閲覧数でダントツの1位はWEBで連載中の『キン肉マン』のレビュー!

なんと、ゆでたまご先生にリツイートしていただきました!

 

 

 

 

(―以下、レビュー本文より転載)

 

毎週日曜日の深夜、男たちはじっとその時を待つ。

24時となり、月曜になる瞬間を。

そして、10分もすると、ツイッターのトレンドは埋め尽くされる

『キン肉マン』関連の言葉で……!

 

キン肉マン 70 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:ゆでたまご
出版社:集英社
販売日:2020-03-04

 

1・伝説の復活

そんなわけで今回は『キン肉マン』のご紹介。

と言いましても、もはや作品自体は説明不要かもしれません。

 

簡単にだけ説明しますと、人間を超えたヒーロー・超人、その中でもダメ超人とされた落ちこぼれのキン肉マンが、超人レスリングに挑み、友情と努力で勝利を掴む物語です。

『週刊少年ジャンプ』で1979年に連載が開始され、80年代に爆発的人気を誇りました。

 

そんな『キン肉マン』は87年に連載が終了、続編『キン肉マンII世』や単発の読み切り等が発表されたりしていました。

 

それが、2011年、突如として「過去シリーズの続きから再開」されます。

 

既に前述の『キン肉マンII世』が続編として存在していましたが、それは次世代を描くもので、時間軸も大きく飛んでいました。

しかし今回は、80年代にみんなを熱狂させた「キン肉星王位争奪編」の続きが、WEB連載として始まったのです!」

 

 

2・なつかし超人総進撃

そうして始まった新シリーズ。

しかし、80年代のような熱狂にはほど遠い……なんてことは全くありませんでした。

 

アツい。

煮えたぎるほどアツい。

 

現超人たちを粛正すべく現れた完璧・無量大数軍との戦いは「これが見たかった!」という展開のオンパレード。

 

それが爆発したのが、旧作での大人気シリーズ「7人の悪魔超人編」に登場した悪魔超人たちの鮮烈な復活でした。

 

「マッスル・インフェルノーッ!」

 

ラジカセモチーフの悪魔超人・ステカセキングが三大奥義をいきなりぶっ放す。

この衝撃的な活躍を皮切りに……

 

>>>記事本文はこちら

 

ジャンプ全盛期の一角を担い、少年マンガ史に燦然と輝く『キン肉マン』。

30代後半~50代前半の男性が必ず通った道、それが『キン肉マン』。

一生懸命集めて闘った「キン消し」を思い出します。

 

あの頃の少年マンガは本当にアツくて自由でスゴかった。今ならブロッケンマンなんて生まれないですよね。

『キン肉マン』は今年で40周年を迎えました。オトナなマンガ好きにとっては“一緒に育ってきた”作品なのです。

 

そして今なお新展開を色あせることなく読ませてくれる、本当にスゴイ作品です。ゆでたまご先生、ありがとうございます!

 

 

第2位:女性の王道エロ・TLの名作の魅力を解説!『教えてください、藤縞さん』

教えてください、藤縞さん! 1 (ラブコフレコミックス)
無料試し読み
著者:なえ・淡路
出版社:ブライト出版
販売日:2018-02-17

 

 

(―以下、レビュー本文より転載)

 

こんにちは! 漫画ソムリエの東西サキです。

ふだんは東京ネームタンクでマンガの持ち込み先進路相談をしています。

マンガ技術研究会では新連載をひたすら集めて読むお仕事もしています。

そんな私から見てオススメの漫画をご紹介して参ります。

どうぞよろしくお願いします!

 

そして今回ご紹介する作品は『教えてください、藤縞さん』(なえ・淡路/ブライト出版)です!

 

 

©なえ・淡路/ブライト出版2018

 

 

©なえ・淡路/ブライト出版2018

 

 

女性の望むエッチとは?

少女小説家・リオの悩みは、挑戦中のTL(ティーンズラブ)小説がうまくいかないこと。担当いわく「エロに魅力がない」らしい……。

悩んだ末、通りすがりのイケメン銀行員・藤縞に頭を下げ、性体験のインタビューをさせてもらうことに……。

(書誌情報より)

 

今回も前回と同様「TL」という女性向けのエッチなジャンルのマンガをご紹介したいと思います!

>>>記事本文はこちら

 

 

第2位は、TL作品がランクイン!

以前の週刊レビューランキングでも女性向けエッチなコミックの魅力を解説!『オタクも恋する肉食紳士 ~絶頂! オジサマテクニック~』】が1位に上がるなど、TLが徐々に注目されているようです!

書店でも、TLの棚が増え、特設コーナーもあるという現状だそうで……BLのみならず、TLも一大ジャンルになるかもしれません。

要チェックです!

第3位:ホリエモンもハマった麻雀という底なし沼に沈んだ男の物語『東大を出たけれど overtime』

東大を出たけれどovertime 1 (近代麻雀コミックス)
無料試し読み
著者:須田良規,井田ヒロト
出版社:竹書房
販売日:2020-03-02

 

私も近代麻雀って雑誌で漫画連載していたことあるからよくわかるんだけど、麻雀にハマった時代は一年くらい本当にバイトと麻雀しかしていなかった。

本当にどっぷり浸かっていた。

麻雀のことしか考えていなかった気がする。

それくらいの依存性が麻雀にはあるのだ。

 

実家にいた時と違い誰も麻雀ばかりする私を咎める者はいない。タガが外れていたのである。

それでも私は社会復帰できた。

 

そのころ東大の駒場寮で一緒に麻雀打っていた人たちの中には、大学を除籍になってセブンイレブンで働きながら、寮に内緒で住み続けて麻雀ばかりやっていた猛者がいた。

本作品はまさにそんな人たちの漫画なのである。

 

>>>記事本文はこちら

 

 

第3位は東大卒の金なし妻なし子供ありの麻雀プロが主人公の『東大を出たけれど overtime』。

東大といってもみんながみんなエリートになるわけではなく……その中でも麻雀に「憑りつかれた」男の生き様が描かれた本作。

麻雀マンガというジャンルはしっかり確立しているものの、勝負の中だけを描く作品が多いイメージ。

『咲 -saki-』のような女性雀士の華やかな(?)作品もありつつ、雀士のリアルな人生そのものを描く作品は、またそれぞれが異彩を放っているので、たとえ麻雀のルールが分からなくても、勝負師作品は心理戦がおもしろいので強くオススメです。

 

 

* * * * *

 

 

以上が2020年3月30日~4月5日のTOP3レビューです。いかがでしたか。

『キン肉マン』、アツすぎますね。

 

一時期、テレビや雑誌離れが進んで「みんなが同じ話題を同じタイミングで楽しむ文化」がなくなるんじゃないかと危惧されていましたが、「配信」とリアルタイムでコメントできるインフラが整って、その風潮がネット上で復興してきている気がします。

マンガは一人で読めるのもよいところですが、みんなでワイワイ語るのもまた醍醐味ですよね!

マンガ新聞も、マンガ好きのみなさんにとってその一助になれたらと切に願ってやみません。

さて、次週のTOP3レビューはどの作品になるのでしょうか。

来週も【週間レビューランキング】をお楽しみに!

 

 

今週のランキング作品の無料試し読みはこちら

第1位『キン肉マン』

試し読みはこちらから

 

 

第2位『教えてください、藤縞さん!』

試し読みはこちらから

 

 

第3位『東大を出たけれどovertime』

試し読みはこちらから