TOP > マンガ新聞レビュー部 > 新型コロナウィルス禍で生活苦決定?!でも株式市場にはお金が落ちている。『マンガ 恋する株式相場!』

新型コロナウィルス禍で生活苦決定?!でも株式市場にはお金が落ちている。『マンガ 恋する株式相場!』

この前の正月、地方に住む美容師の幼馴染から、資産運用について相談を受けました。

彼は家族を養うためと、老後資金のための準備を始めていたのですが、学資保険、大手保険会社の個人型年金、高額の生命保険等、冷静に期待できる利回りの数字を調べると、もはや詐欺といえる商品のオンパレードでした。

そこで、不必要な商品をすべて解約、清算して、今後、将来のために準備する金額を積み立てNISA(小額投資非課税制度)とiDeCo(個人型確定拠出年金)で運用することをアドバイスしました。

大手保険会社が売る商品とか限りなくク〇に近いものが多い一方、(一応投資業界の片隅にいる私から見ると)iDeCoなんてほぼ「国がお金をばらまいている」ような有利な金融商品だからです。

その美容師の彼は、今は家計を支えるために早朝バイトまでしています。

しかし、これから毎月積み立て投資する金額(米国市場連動型を採用)と期待できる利回りを低めに見積もっても、この前話題になった老後2000万円問題は軽く解決です。

人生晩年に経済的な心配をしなくていい、ということは彼と家族の幸福度に多大な貢献が見込まれます。

一方、70代の港区に住む知人です。

外資系エリートサラリーマンとして長らく働いてきて資産家でした。

しかし、リタイア後、熱中した日経225オプションを通じて、この前の指数暴落で累計1億円ほどキャッシュをすっ飛ばしたそうです(どんなポジションとればそんなに飛ばせるのかすごく知りたい笑)。

今後の収入のアテは年金のみになり、かなり厳しい生活になりそうとのことです。

時代は変わった。知らないと貧乏が待っているだけだ

前置きが長くなりましたが、これらの話はすべて株式市場に関わるものであり、株式市場に対するリテラシーの差が人生に与えるインパクトの大きさの例として紹介しました。

そのインパクトは、例の通り現時点で高収入だろうが低収入だろうが関係ありません。

そして、そのインパクトは、今後さらに大きくなることが社会情勢的にほぼ確定しています(これこそが金融庁があのレポートを出した背景ですね)。

そのような危機感を持っている人は増えているようで、最近ちょくちょくこの類の質問や相談を受けます。

資産運用は必ずリスクも含むものなので、私も断定的な物言いは極力避けているのですが、最近は、(その美容師の友人も含め)ほぼ全員にこの『マンガ 恋する株式相場!』を読み込むことを勧めています。

まず読んでくれ、話はそれからだ、と。

コロナ以降の金融経済を生き抜くための教科書

というのも、この漫画は破格の完成度で、この漫画で説明されていることを大半理解できたら、株式市場に対するリテラシーはほぼ完ぺき。さらに個人投資家としてもプロとも会話できるくらいまで到達できると思うからです。

さすが投資雑誌「ZAi」で連載していただけあって、株式トレーディングの上っ面だけをなぞった解説書とは一線を画し、各項目について根源的に、しかしわかりやすく開設しています。

そもそも「株式とは何か」という定義から丁寧に始まり、様々な投資スタイルとそのバックボーンになっている理論を網羅的に紹介。

さらに、”決算短信”という企業の業績動向をいち早く知る公開情報(数十ページ)があるのですが、そのなかで「どこだけを読めばいいのか」詳説されているのは正直びっくりしました。

また、アクティブ投資パッシブ投資の違い(←業界の「不都合な真実」に近い話)の解説も、「このコマだけでこの本の元が取れるんじゃないか……」というレベルです。

また、信用取引デリバティブ等、時に家計を吹っ飛ばす”大量破壊兵器”となりうる金融商品の仕組みも丁寧に解説されています。じっくり理解しながら読み進めると、なぜちょくちょく株式市場まわりで身を破滅させる人がいるか、よく理解できると思われます。

とまあ、それら大量の情報を解説するだけだと、漫画として飽きてしまいますが、ストーリーラインもなかなか凝っています。

不倫して妻から追い出された主人公が、ニートで個人投資家の友人宅に転がりこみ、彼から株式投資を教えてもらい始めたら……妻子持ち男性と不倫しているマクドナルドの定員の女の子も入って来て……

となかなかストーリーラインもカオスで、興味を維持したまた各項目を学んでいけます。

ちなみに、この2月から株式市場を新型コロナウィルスショックが襲いました。

連日の暴落を経て、今、プロ、アマチュア(そして私)も多くの投資家が血まみれなのですが、(断言はできませんが)高い確率で資産運用を始めるには最高のタイミングと思われます。

ネット証券で口座を開き、iDeCoとNISAを申請している間にまたマーケットが下の方に調整し、ちょうど安くなりきった時に積み立て投資開始……なんて……。

この漫画を読んで数十年後振り返ったら、この漫画の価値はうん百万円くらいあったな、など思えるかもしれません。

本当に超おススメ。

マンガ 恋する株式相場!  ゼロからわかる! 投資入門  月刊マネー誌ザイの連載マンガ
著者:ホイチョイ・プロダクションズ
出版社:ダイヤモンド社
販売日:2019-11-14