TOP > マンガ新聞レビュー部 > 東大を目指さないすべての受験生にもおすすめしたい『ドラゴン桜2』

東大を目指さないすべての受験生にもおすすめしたい『ドラゴン桜2』

コロナウイルスの流行の影響で自治体によっては学校の再開がGWにまで延長されるかもしれない。

学習塾も休講傾向にあると聞く。

 

みんなが同じ状況にあるのはもちろんだけれど、受験生のメンタルは悲惨なことになっているのではないだろうか。

こうなると自宅でひとりで学習するしかないけれど、その方法がよくわからない。

 

そんな時にお勧めしたいのがドラゴン桜の続編『ドラゴン桜2』である。

成績のよくない生徒を合格させるメソッドを漫画にし、大ヒット作となった『ドラゴン桜』の続編である。

 

本作は東大合格メソッドを今の時代のツールに合わせて、進化させてあるのが特徴だ。

 

私個人の考え方で言うと、大学卒業後の夢目標と関係なしに東大合格を勧める桜木の考え方には正直、賛同できない。

 

私自身が東大に合格できていない(どころか自身の成績から東大を受験すらしようと思ったことはない…)ため、なんとも説得力に欠けてしまうのだが、別に東大だけが大学受験の正解ではないことは明らかだ。

やりたい研究さえはっきりしていれば、その分野の先生を探して受験した方が絶対にいい。

ただし、どんな学校に行きたいとしても、受験は乗り越えねばならないのは同じだ。

 

そしてみんながいっせいに勉強するタイミングにおいては、凡人が頭ひとつ出るためにはある程度の戦略が必要となる。

その戦略づくりのために、プロ講師などが存在するわけだが、今は非常事態で彼らの手を借りるのもままならない。

 

さらに、学校も塾もない今は、当たり前になってしまっている家庭学習は残念ながらたいへん差がつきやすい。

自分で効率よく勉強するにはどうしたらいいか…本書はそんな悩みにヒントを与えてくれる。

 

東大クラスで最初に桜木が取り出したものはスマホだった。

 

スマホを中心にして学習が進んでいくのは現役高校生にとってはおそらく別に珍しくもないのだろうが、場所を選ばずとも十分に勉強を進められる、という証明のようで勇気づけられる。

 

得意、不得意分野の復習の順番はどのように組めばいいのか。

基礎ができていない場合、どこから手をつけたらいいのか。

読解力を急ごしらえする方法とは。

 

すべてとても理論的で、参考になった。

長い自宅学習で迷える受験生の皆さん、ぜひ息抜きに『ドラゴン桜2』を読んでみてはいかがだろうか。

 

とくに大学受験に特化した内容ではあるけれど、受験勉強に普遍的な部分も多く、すべての受験生におすすめしたい。

 

 

試し読みはこちらから:1巻

 

 

試し読みはこちらから:2巻

 

 

 

ドラゴン桜2(1) (モーニング KC)
無料試し読み
著者:三田 紀房
出版社:講談社
販売日:2018-03-23