TOP > マンガ新聞編集部 > 【レビューランキング】年下執着男子×アラサーデリボーイを描いたBL『ピンクネオンスペンディング』が第1位!

【レビューランキング】年下執着男子×アラサーデリボーイを描いたBL『ピンクネオンスペンディング』が第1位!

みなさん、こんにちは。マンガ新聞編集部です。

本日は2020年3月23日~29日の一週間のなかで、最も人気だった記事TOP3をお届けいたします!

今週はBL・医療マンガ・少女マンガと、幅広いラインナップが揃いました!

それではさっそく、第1位から!

第1位:「自分は賞味期限切れ?」アラサーデリボーイがピュアな男子高校生に愛されたら…『ピンクネオンスペンディング』!

 

こんにちは!マンガ新聞レビュー部です。

今回は、イチオシのBL、エリート男子高生×底辺デリヘルボーイのコンプリメンタリー・ラブ『ピンクネオンスペンディング』をご紹介します!

 

 

とにかく「エモ」と「エロ」のバランスがいい!

 

実は最近「頭空っぽにしてエンジョイするエロBLが多いなあ~」とさまよっておりました。(BLに限ったことではないのかもしれませんが……)

 

「もっと、BLならではのストーリーが読みたいんだ!(だがやはりエロは欲しい)

 

そんなモヤモヤを抱えたまま、本作『ピンクネオンスペンディング』(略称『ピンスペ』)もそれ系なのかなと思ったのですが…

 

キャラが!ストーリーが!しっかり描かれている!
エグいのにめっちゃ切ない!!
しかも大・大満足のスケベ量だ!!!

 

絵柄はビビッドでシャープでありつつも、キャラが軽くない。

登場人物の切ない気持ちがこちらに刺さってくるのですね。

 

ハードな環境の中で、心の奥ではピュアな想いに焦がれている受と、まだ未成熟だけれど自分の気持ちにまっすぐな年下攻がクロスする様が、ストーリーとしてきちんと単行本一冊に収まっているんです。

 

しっかりした設定×立ったキャラクター=おもしろいストーリー

この名作方程式に見事に当てはまりますね。(独自の方程式ですが。)

 

ではどんなストーリーなのか、簡単にご紹介です☆

 

>>>記事本文はこちら

 

電子配信BL雑誌「Qpa」に連載されていた『ピンスペ』こと『ピンクネオンスペンディング』が第1位にランクイン!

 

BLに限らず、これからは雑誌は電子で読んで、お気に入りのコミックスは単行本という選択肢も増えてくるかもしれません。

(『ピンスペ』も電子版含め、各書店特典がついているようです)

 

お家でないと読みづらいくらいの「エロ濃度」になっているこちらの作品。「STAY HOME」のお供にいかがでしょうか!

 

 第2位:「記念に全裸写真撮ろうかな」と血迷った私が心を病まずに済んだのは……『Shrink~精神科医ヨワイ~』

Shrink~精神科医ヨワイ~ 1 (ヤングジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:月子,七海 仁
出版社:集英社
販売日:2020-01-17
 
 
―以下、レビュー本文より転載
 
 
ロンドンオリンピックの開会式の日、ついにジンマシンが全身でパンデミック。足の裏から頭皮まで、なんなら耳の中や目の中にも発生してしまったのです。やがて全身のジンマシンが繋がりまくって一つの大きな集合体となり、私を痒みで包み込んだのでした……。

 
あまりの姿に、記念に全身ヌード写真を撮ってツイッターに上げようと思ってしまったほどです。
 
 
 
部位は毎日記録用に撮りましたけどね!グロ画像すみません…
 
いやー、ぶっちゃけ、めちゃくちゃ大変でした!
真夏だったのも手伝い、とにかく痒くて痒くて痒すぎだった……! 
結局、強めのステロイドを処方してもらって無理やりコントロール。8年経ったいまもまだ、毎日欠かさず抗アレルギー剤を服用しております。
まあ、完治はしないものだと腹を括ってはいるんですが、一時はもう、見た目もヤバいし痒いしで「死にたい」と思っておりました。
 
 
でも、思えば私はラッキーだったんだなあ……。
 
そんなことを、「グランドジャンプ」で連載中の『Shrink〜精神科医ヨワイ〜』を読みながら思ったので紹介させて下さい!
 
 
 
パニック障害、うつ病、発達障害、PTSD…。
心に病を抱えながらも、誰にも相談できずに苦しんでいる潜在患者が数多くいると言われる、隠れ精神病大国・日本。その自殺率は先進国では最悪レベル。なぜそのような事態に陥ってしまっているのか…。精神科医・弱井幸之助が、日本の精神医療が抱える問題に向き合い、人々の心の影に光を照らす!(公式サイトより)
 

「頑張り」が「無理の積み重ね」になった時、それが起きる

 
この作品には、ごくごく普通の人たちが急に「患者」になってしまう様子が描かれています。
 
例えば、「睡眠時間短くても私は大丈夫なタイプみたい」と分刻みでバリバリ働くキャリアウーマンの薫子。徹夜明けのある日、電車の中で心臓が止まりそうなほどの苦しみに襲われて倒れてしまいます。
 
 

©七海仁・月子/集英社

売上成績がイマイチ振るわない営業の藤木は、頭痛、食欲不振、疲れているのに眠れないなどの症状で悩んでいます。
 
 

©七海仁・月子/集英社

 
 
精神科医の弱井は一体どのような手段で彼らの心を救うのでしょうか?
 
 
 
医療マンガの中でも「精神科」がテーマの『Shrink~精神科医ヨワイ~』が第2位にランクイン!
 
ブラック企業による過労死やいじめ自殺の問題がニュースで見ることが珍しくなくなった現在でも、まだ「精神科はちょっと……」という風潮は残っているようです。
 
心身の不調を抱えながらも、どこかに精神科受診へのストッパーがかかっている人にこそ、「受診してみたら」と後押ししてくれるような作風になっています。
 
身体と同じく、精神も壊れてしまってからでは治りがずっと遅くなってしまいます。ちょっとでも気になる方は、まずはお気軽にマンガから、情報を集めてみるのも大いにアリです!(だからこその2位獲得とも言えるでしょう!)
 
 

第3位:処女&童貞×むっつりスケベ=もどかしすぎて爆発しそう!『まじめに不純異性交遊』しませんか?

まじめに不純異性交遊(1) (KC デザート)
無料試し読み
著者:八田 あかり
出版社:講談社
販売日:2020-01-10

 

どうもみなさんこんにちは。

岡山県でマンガと出逢うお店、コミックサロン『G.I.F.T.』の店主やってます、マンガ新聞ではお馴染み森本さんです。

 

本日は珍しく“少女マンガ”をレビューします。

少女マンガは読むには読むし、好きなんですが、どうにもキラキラしまくってたりドロドロしまくったりな作品が少なくなくて、なかなか手に取る機会に恵まれなかったんですよね。

 

今回ご紹介する作品は僕と同じ“岡山在住”の作家さん。これはまたとない機会!だと思いました。

 

というわけで今回ご紹介するのはこの作品!

 

 

試し読みはこちらから

 

 

 

不純異性交遊なんてもっての外、「まじめで誠実」がモットーの主人公の女子高生・美波ちゃんは3か月前から同じバイト先の4つ年上の先輩藤堂さんと不純異性交遊(おつきあい)中。

 

“不純”なんて言っていますが、二人の仲はまだ手すらつないだこともなく、とても“イマドキ”とは思えないほど“純粋”なお付き合いの状態です。

 

モットーは「まじめで誠実」で門限は19時、という箱入り娘な美波ちゃんですが、そういうお家の娘さんにありがちな抑圧は大抵の場合、逆方向に欲望を爆発させてしまうものです。

ある時、友達から借りたエッチなマンガを読んで以来“そういうこと”への興味が尽きない“むっつりスケベ”になってしまいました。

 

もうひとりの主人公、美波ちゃんのカレシの藤堂さんは21歳。落ち着いた雰囲気のイケメン大学生。

そんなカレシとの関係をもう少し、というか、もっと先に進めたいけれど、なかなか言い出せない美波ちゃんですが、ある日バイト先で自分のエロマンガをうっかりみんなに見られていしまいます。

 

 

>>>記事本文はこちら

 

 

レビューを読むだけでも十分もどかしさが伝わってくる『まじめに不純異性交遊』が第3位にランクイン!

いざ付き合うとなったものの、そこから先をどう進めるかって、恋愛の過程の中で、ある意味一番ドキドキする期間ですよね。

恋愛というテーマでも「行為よりも気持ちの変遷を丁寧に描く」のは少女マンガの王道とも言えますが、そこを登場人物が「計画的に進めようと画策する」テイストは最近のトレンドかも。

その中で『まじめに不純異性交遊』が、これからどんな展開になるのか、木になるところです!

 

 

* * * * *

 

 

以上が2020年3月16日~22日のTOP3レビューです。いかがでしたか。

新型コロナウイルスにより、自宅で過ごすことを余儀なくされている方もいらっしゃると思います。

こんな時こそお家でマンガを読むチャンス。

マンガ新聞の多くのレビューには無料試し読みのページがついています!(リンクで飛ぶ形です)

この機会に新しい作品や懐かしい作品を読んでみるのはいかがでしょうか。

 

さて、次週のTOP3レビューはどの作品になるのでしょうか。

来週も【週間レビューランキング】をお楽しみに!