TOP > マンガ新聞編集部 > 【レビューランキング】不条理モノ、お色気モノとヤバめな作品たちが堂々のランクイン!

【レビューランキング】不条理モノ、お色気モノとヤバめな作品たちが堂々のランクイン!

みなさん、こんにちは。マンガ新聞編集部です。

本日は2020年3月16日~22日の一週間のなかで、最も人気だった記事3つを抜粋してお届けいたします!

今回ランクインした作品はコンパクトな巻数のものから、完結作品など、外出が厳しい今だからこそ知らなきゃ損なランキングです。

 

そして記事の終わりには締め切り間近なあのキャンペーンの詳細もご紹介!

それでは早速参りましょう。

第1位:エロ?ピュア?あなたはどっち派?ヤンマガ発の対照的なラブコメ2タイトルを読んでみた

首を斬らねば分かるまい(1) (ヤンマガKCスペシャル)
無料試し読み
著者:門馬 司,奏 ヨシキ
出版社:講談社
販売日:2020-03-06

 

みなさん、こんにちは。マンガ新聞レビュー部です。

本日は「ヤングマガジンコミックス」から発売された新作2タイトルをご紹介いたします!

 

どちらも3月6日発売、ともに男女の恋模様をテーマにした作品なのですが、片方は明治時代の厳しい身分差を描いたヘビーな世界観、もう片方は幼馴染の高校生を描いたライトな世界観といった違いすぎる作風なのがとても印象的です。

 

 

・冒頭からSEX三昧!!不条理に満ちた歴史ラブロマンス『首を斬らねば分かるまい』

 

作品の舞台は明治初期。

 

華族の嫡男である愛州幸之助(あいす ゆきのすけ)はある悩みを抱えていました。それは生まれてから一度も勃った事がないということ。子供を残せないとなっては大問題。この問題を解決すべく腹違いの兄・達臣(たつおみ)は色々と試行錯誤するのですが、どれも効果は現れません。

 

そんなある日のこと、達臣と幸之助は江戸時代から続く首斬り処刑一族・洞門家を訪れます。そこから洞門家に対して強烈な興味を抱いた幸之助は、翌日洞門家が執り行う処刑を見物に。

 

初の処刑見物に戸惑いを覚える幸之助でしたが、八代目当主・洞門沙夜(どうもん さよ)が罪人の首を斬った瞬間、今まで勃つことのなかった彼のイチモツは大きく膨れ上がり…!?

 

一巻の時点ではこの作品のジャンルが肌色シーンたっぷりの大人恋愛漫画なのか、それとも身分の垣根を越えようとあがく一人の人間を描いた歴史ヒューマンドラマなのかは判断がつきません。

 

ただ一つ言えることは、登場人物が全員可愛く、一巻の時点では彼女たち全員の裸体が描かれております。また作中において、岩倉使節団や大久保利通といった動乱の時代を生き抜いた人物が登場してくるのも作品の見どころだと思います。

 

圧倒的な画力で描かれる本作の行く末を一緒に見届けませんか?

 

 

>>>記事本文はこちら

 

マンガ新聞レビュー部発の記事が栄えある第1位に!!

対照的な2作品と銘打って『首を斬らねば分かるまい』と『大きくなったら結婚する!』を取り上げたのですが、ぶっちゃけ『首を斬らねば分かるまい』はあらすじだけでかなり重め。もう重すぎて賢者モードに突入するのでは、と思ってしまうくらい色んな意味で覚悟がいる作品です(笑)

 

そんな少しお腹いっぱいになってしまった方には、お口直しに『大きくなったら結婚する!』がオススメ。プラトニックで初々しい高校生男女の恋模様を読むことができます。

オリジナル記事の方では両作とも試し読みが可能ですので、ぜひ上記のリンクから作品の方も読んでみてください!

 

第2位:女性向けエッチなコミックの魅力を解説!『オタクも恋する肉食紳士 ~絶頂! オジサマテクニック~』

 

――以下、レビュー本文より転載

 

こんにちは! 漫画ソムリエの東西サキです。

 

今回ご紹介する作品は、本屋でバイトをしている恋愛初心者のオタク女子ヒロインと、本屋で女性客を虜にする年上イケメン店長との恋愛模様を描いた
「イケオジ×オタク女子」の年の差TL(ティーンズラブ)コミック作品、『オタクも恋する肉食紳士 ~絶頂! オジサマテクニック~』です。

 

 

©柚樹ちひろ / 小学館

 

 

・TL(ティーンズラブ)とは…

 

馴染みない方もいらっしゃることかと思うのでTL(ティーンズラブ。以下、TL)の説明させていただきます。

 

TLとはレディコミより年若い少女読者をターゲットとしたジャンルの呼称で、絵柄や物語は少女マンガのソレに近いのですが、「王道ラブストーリーの、その先を見せる」ことをテーマとしており、ほぼ必ずセックス描写があります。

 

しかし、年齢制限は設けられておらず、明確な恋愛関係や恋愛感情がないまま性行為を行う物語が多いのが特徴です。
また主人公は必ず女性、相手役は必ず男性となってます。

 

 

>>>記事本文はこちら

 

2週連続でランクインとなった本レビュー。

「TLってこんなにエロいのか…」と思うほど肌色シーンが豊富なのですが、通常のエロ漫画とは違い、ラブコメ漫画としてストーリー単体でも楽しめるのはすごいですよね。

近日中に新たなTL漫画のレビューを公開する予定ですので、興味のある方はお楽しみに!(ちなみにその作品もかなりエロかったです笑)

 

第3位:【無料試し読み】理不尽な世界で真剣に生きる様が、なぜか笑えてしまうダークファンタジー『ドロヘドロ』

ドロヘドロ 1 BIC COMICS IKKI
無料試し読み
著者:林田 球
出版社:小学館
販売日:2002-01-30

 

――以下、レビュー本文より転載

 

こんにちは。

今回ご紹介するのは、2年前に18年間の連載を終え、待望のアニメ化が実現し、現在TOKYO MXにて毎週日曜24:00〜放映中の『ドロヘドロ』です(NetflixやMBSでも観られます)。

 

ちなみに『ドロヘドロ』は18年間、4誌に渡って連載をしていました。全23巻まで出版されています。

 

そんな根強い人気を誇っていた『ドロヘドロ』の魅力をお伝えしたいと思います。

 

 

・ドロヘドロあらすじ

 

まずは、『ドロヘドロ』を全く知らない方のためにのあらすじを。

 

『ドロヘドロ』には魔法が使える魔法使いの住む世界と、魔法が使えない人間の住む「ホール」が存在します。

魔法使いの中にも魔法の強さによって格差がありますが、ホールに住む人間は、魔法使いの練習台にされる実験動物のような扱いを受けています。

 

主人公は、ホールに住むトカゲ頭の怪力男「カイマン」。カイマンはホールに来る前の記憶を失っており、トカゲの頭になる前の自分の顔も知りません。『ドロヘドロ』は、トカゲ男のカイマンが様々なバトルを繰り広げながら、自分の頭と記憶を取り戻すお話です。

 

 

・とにかくグロかっちょいいキャラクターデザイン

 

語り始めればいくらでも語れてしまうのですが、『ドロヘドロ』の魅力をギリギリまで絞ると、2つあると思います。まず、ひとつはキャラクターデザイン。

 

 

魔法使いの「煙ファミリー」のみなさん。

 

 

主人公の頭がトカゲ、という時点で心鷲掴みなのですが、『ドロヘドロ』に登場する魔法使いはみんなマスクを被っており、それがぜーんぶグロかっちょいい。

カイマンの顔にも負けないインパクト。

見た目のデザインだけではなく、魔法使いによって異なる魔法も魅力。生きたまま体をバラバラにしてしまう魔法や回復魔法もあれば、ちょっとした衝撃波を打てるだけのショボい魔法も。

 

また魔法を使えない人間たちも、魔法使いに実験台にされたことで顔に縫い目があったり、見た目は子ども頭脳は中年であったりと、かなりの個性が。

 

そんなキャラクターたちがぞんぶんに生かされながら、ストーリーが進んで行きます。

 

 

>>>記事本文はこちら

 

あらすじからして世界観が壮大な『ドロヘドロ』。

個人的には記事タイトルにもある「理不尽な世界で真剣に生きる様が、なぜか笑えてしまう」という言葉につられ、実際に読んでみたくなってしまいました(笑)

新型肺炎の影響で外出が難しい今日、『ドロヘドロ』を全巻一気に読むのもアリかもしれませんね。

 

* * * * *

 

 

以上が2020年3月16日~22日のTOP3レビューです。いかがでしたか。

みなさんが読みたいマンガがありましたでしょうか。

さて、次週のTOP3レビューはどの作品になるのでしょうか。

来週も【週間レビューランキング】をお楽しみに!