TOP > マンガ新聞レビュー部 > けっこう楽しい作業らしい。『ひとりでしにたい』から学ぶ独女の「終活」とは?

けっこう楽しい作業らしい。『ひとりでしにたい』から学ぶ独女の「終活」とは?

みなさん、こんにちは。マンガ新聞レビュー部です。

 

突然ですが、みなさんは明確な人生プランをお持ちでしょうか。

何歳で結婚して~、老後はこんなことして~みたいな、あれです。

多様な生き方が可能になった今の時代、どんな生き方をすればいいのか自信が持てないという方も多いと思います。

 

前置きが長くなってしまいましたが、本日ご紹介する漫画『ひとりでしにたい』、通称『ひとしに』は今後の人生の生き方を考えさせてくれる作品です。

 

『ひとりでしにたい』あらすじ

 

主人公・山口 鳴海(やまぐち なるみ)は都内の美術館で学芸員として働く35歳の女性、独身。

そして物語は鳴海が幼いころ憧れを抱いていたバリキャリの伯母が孤独死したという報せを受けるところから始まります。

 

「結婚もせず 子どもも産まないで ずっと一人で好き勝手 やっていたから

最後に罰が 当たったって とこだな」

 

父のこの言葉を受け、伯母のように結婚する気のなかった鳴海は愕然。ついには孤独死したくない=人生のパートナーを見つければOK!! という発想から婚活に踏み切るのでした。

 

しかし、それも束の間。後輩・那須田からの「結婚すれば将来安心って昭和の発想でしょ?」という鋭い指摘をきっかけに鳴海の婚活生活は早くも幕を閉じます。

 

世間体を気にした結果、したくもない婚活を始めた鳴海でしたが、今度はそれが原因で大して喋ったことのない後輩からバカにされるという仕打ち。

心の中でメラメラと燃え出した怒りが彼女を「終活」へと誘うというところで第一話が終わります。

 

もはやギャグ!! 笑いながら人生について考察できる神マンガ

 

「孤独死」や「終活」というシリアスな言葉がオンパレードで出てきてしまうために、読む気が起きないという方もいるかもしれませんが、それは全くの誤解です!

 

ストーリー、画、キャラクターデザインの全てがセンスの塊。深刻な社会問題をユーモアに扱う『ひとしに』の奥深さには、読んでいて脱帽してしまいました。だって、孤独死した伯母の家から電〇(女性用オ〇ニーグッズ)が発見されますからね。常人には絶対に思いつかない設定だと思います。

 

また、無知な主人公・鳴海と共に得体の知れない「終活」というものについて考えることができるというのも『ひとしに』の魅力。鳴海というひとりの女性が「終活」を通じてどのように自分の考え方が変わっていったなど、彼女の成長が描かれています。

 

さらに作中では孤独死の実態や、そうならないために頼るべき支援団体など、役立つ情報が記載されており、もう色んな意味で神マンガなんです!!

 

「終活」って何? そんなご質問に『ひとしに』が答えます。ぜひ下のリンクから読んでみてください!

 

 

試し読みはこちら

 

 

 

 

 

ひとりでしにたい(1) (モーニング KC)
無料試し読み
著者:カレー沢 薫,ドネリー美咲
出版社:講談社
販売日:2020-03-23