TOP > マンガ新聞編集部 > 「生きやすさ」のヒントがあるかも!【闘病記マンガ】特集!

「生きやすさ」のヒントがあるかも!【闘病記マンガ】特集!

こんにちは!マンガ新聞編集部です。

既にマンガでもなじみ深くなった電子書籍ですが、簡単に「試し読み」ができるのも大きな魅力ですよね。

電子書店「コミなび」では、無料試し読みできるマンガが山ほどあります!

その中でマンガ新聞編集部お勧めの作品をピックアップ!今回は……

 

読者の共感をよぶ「闘病記マンガ」のご紹介です!

 

なんとなく「生きづらさ」を感じている人に多いアスペルガーやHSPなどは、まだまだ社会で広く知られていません。それらを題材にした今回のセレクト。なんとなく気になった作品が、日々の「生きやすさ」へのヒントになるかも!

 

理解が深まる!【闘病記マンガ】特集

 

非日常のあなた 脳こうそくで倒れました 2017冬の号

2017年6月に脳こうそくでぶっ倒れました。その時の状況や様子を描いた実録エッセイ漫画。4コマ漫画がメイン。34ページ。全部は描ききれなかったので分冊しました。今回は、入院2週間のうち最初の一週間、倒れて救急車で担ぎ込まれ、リハビリを始めるくらいまで。脳梗塞になったら、どうしたらいいか、何をするのが一番大事か、事前の兆候はあるのかなど、役立ちそうな事も実際の体験を交えながら描きました。

 

 

 

 

 

毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で(分冊版)

アスペルガー(AS)学習障害(LD)注意欠陥多動障害(AD/HD)な作者のにぎやかな毎日。2012年大注目の作家が「おとなの発達障害」を笑い飛ばす!

 

 

 

 

 

がんまんが~私たちは大病している~(分冊版)

革命的育児漫画「私たちは繁殖している」や
幾度もテレビドラマ化された「南くんの恋人」など
多数のヒット作を飛ばしている漫画家・内田春菊に、2015年突如大腸がんとの告知が……!
発覚
から入院・手術に至るまでのドタバタないきさつ、
抗がん剤の副作用、
人工肛門による体や環境の変化、
そして術前術後の子4人との日々……。
がんと真正面に向き合いセキララに描く、著者ならではの闘病コミックエッセイ!
 

 

 

 

 

 

繊細すぎて生きづらい ~私はHSP漫画家~(分冊版)

ネット上で自分の作品を避難されてひどく傷ついたり、細かいことが気になって仕事が手につかなかったり、あらゆることに敏感に反応してしまう自分に悩んでいた漫画家のおがたちえ。あるとき、その性質は「HSP(ハイリーセンシティブパーソン)」と呼ばれていることを知り、HSP専門のキャリアコンサルタント・みさきじゅり先生にお悩み相談することに。HSPならではのトラブルに巻き込まれながらも、愉快な日常を送る漫画家のドタバタエッセイ!

 

 

 

* * * * *

 

いかがでしたか?

すべての作品が電子書店「コミなび」で無料試し読みできます!

この機会にぜひ新しい「面白い!」を発見してくださいね。