TOP > マンガ新聞編集部 > 歴史と漢とロマンの夜…時代物マンガ6選!

歴史と漢とロマンの夜…時代物マンガ6選!

こんにちは!マンガ新聞編集部です。

既にマンガでもなじみ深くなった電子書籍ですが、簡単に「試し読み」ができるのも大きな魅力ですよね。

電子書店「コミなび」では、無料試し読みできるマンガが山ほどあります!

その中でマンガ新聞編集部お勧めの作品をピックアップ!今回は……

 

漢のロマン「歴史マンガ」のご紹介です!

 

漢だけでなく歴女の皆さん、むしろ歴史がわからないからマンガで学びたいみなさま、今宵は歴史マンガにどっぷりと浸ってみようではありませんか。

 

「歴史マンガ」から編集部のオススメはこちら!

太陽を堕とした男 分冊版

もと奇兵隊総督・赤根武人は、長州の裏切り者として故郷を追われていた。幕府側は、捕縛した武人を対長州の密偵にしようと画策。新選組の監視のもと、武人は自由を手に入れる。すでに故郷には帰る場所もなく、残ったものはその身と命だけ。そんな武人の胸を焦がす、ある男の存在とは……? 時代に翻弄され、袂を分かった二人の男。その行き着く果てを描いた、邂逅の物語。 

 

 

 

新撰組初代局長 壬生の狼 芹沢鴨

新撰組初代局長・芹沢鴨。血も涙もない狂気の男が幕末の世を刹那的に生き急いだ。その人生とは!?京都の治安を守るため、坂本龍馬、中岡慎太郎ら勤王の志士たちと闘い、反面、女と酒と金に執着した芹沢鴨。その芹沢を暗殺せざるをえなかった同じ新撰組の近藤勇、土方歳三、沖田総司ら。江戸幕府の長く続いた世から、やがて明治の時代へと移り変わっていく激動の幕末をそれぞれの思いで生き、死んでいった英雄たち。

 

 

 

真田幸村の陰謀

天下分け目の‘関ヶ原の合戦’が終わり、あとは豊臣秀吉の遺児・秀頼のみとなった豊臣方。秀頼を亡き者にするということに執着する家康は、やがて‘大坂夏の陣’を画策する。圧倒的な実力で豊臣方へ進攻する徳川軍。だが豊臣方には知将・真田幸村が待ちかまえていた。少数の武力をもって、その知略で徳川軍を悩ます幸村。そして幸村は最後の戦いに討って出た!その幸村の戦いは家康を震撼させるものであった。 

 

 

 

居眠り同心闇始末(分冊版)

南町奉行所の定町廻り同心・早川門戸は、昼行灯のダメ同心。だがしかし、門戸にはもう一つの顔があった。【第1話】次々に女ばかりが殺される事件が……。下手人の狙いは……。

 

 

 

 

 

特攻3万メートル

太平洋戦争も日本に敗戦の色濃い昭和20年はじめ――。圧倒的な物量を誇る米軍機動部隊は、日本の最後の砦・沖縄周辺海上に集結していた。これに対し、日本軍の残された反撃手段はただ一つ。機もろとも敵艦に体当たりする肉弾攻撃、神風特別攻撃隊であった。250kgの爆弾を戦闘機に取り付け、まっしぐらに敵艦に突っ込んでいくという世界にも例をみない恐るべき戦法である。しかしながら、この神風特別攻撃隊をしても敵の侵攻をくいとめることはできず、ここでさらに恐るべき戦法がとられた。すなわち、ロケット特攻機「桜花」の誕生である。桜花はそれ自身戦闘能力は全くない翼をもった爆弾といっていいだろう。――昭和20年3月21日、桜花特別攻撃隊の第1陣18機は九州の南端・鹿屋基地を飛び立っていった。護衛戦闘機はわずか30機。「この攻撃に成功し、戦局は逆転する」日本軍最後の期待を担った桜花は必ずや戦局を打開してくれると固く信じられていたのであったが…。 

 

 

 

 

覇王の月~明智光秀の生涯~【分冊版】

「織田軍となら天下泰平の道――到達できる」燃え盛る日輪がごとき覇王・織田信長に仕えた月、明智光秀。その夢と挫折、そして思惑までを精緻に描く歴史ロマン!! 自らの理想のために戦った武将・明智光秀の全てをこの一冊に! 「第一話 会見」事の始まり――明智光秀と織田信長、二人の邂逅を描く。「あとがき&フォロー四コマ&イラスト」も収録。

 

 

* * * * *

 

いかがでしたか?

すべての作品が電子書店「コミなび」で無料試し読みできます!

この機会にぜひ新しい「面白い!」を発見してくださいね。