TOP > マンガ新聞編集部 > 【レビューランキング】女性向けエロ=TLが堂々の1位!男女問わず満足できる『オタクも恋する肉食紳士 ~絶頂! オジサマテクニック~』

【レビューランキング】女性向けエロ=TLが堂々の1位!男女問わず満足できる『オタクも恋する肉食紳士 ~絶頂! オジサマテクニック~』

みなさん、こんにちは。マンガ新聞編集部です。

本日は2020年3月9日~3月15日の一週間のなかで、最も人気だった記事3つをダイジェストでお届けいたします!

今回ランクインした作品はどれもコンパクトな巻数。どこへも出かけられない今だからこそ、一気読みするのにうってつけなランキングです。

 

そして今週は番外編の記事もご紹介!

それでは早速参りましょう。

第1位:女性向けエッチなコミックの魅力を解説!『オタクも恋する肉食紳士 ~絶頂! オジサマテクニック~』

 

――以下、レビュー本文より転載

 

こんにちは! 漫画ソムリエの東西サキです。

 

今回ご紹介する作品は、本屋でバイトをしている恋愛初心者のオタク女子ヒロインと、本屋で女性客を虜にする年上イケメン店長との恋愛模様を描いた
「イケオジ×オタク女子」の年の差TL(ティーンズラブ)コミック作品、『オタクも恋する肉食紳士 ~絶頂! オジサマテクニック~』です。

 

 

©柚樹ちひろ / 小学館

 

 

・TL(ティーンズラブ)とは…

 

馴染みない方もいらっしゃることかと思うのでTL(ティーンズラブ。以下、TL)の説明させていただきます。

 

TLとはレディコミより年若い少女読者をターゲットとしたジャンルの呼称で、絵柄や物語は少女マンガのソレに近いのですが、「王道ラブストーリーの、その先を見せる」ことをテーマとしており、ほぼ必ずセックス描写があります。

 

しかし、年齢制限は設けられておらず、明確な恋愛関係や恋愛感情がないまま性行為を行う物語が多いのが特徴です。
また主人公は必ず女性、相手役は必ず男性となってます。

 

>>>記事本文はこちら

 

 

まだ世間に浸透していないTLコミックですが、今まさにTL時代が来ると言っても過言でないほどアツいんです!!

この作品ではセックス描写はもちろんのこと、行為にいたるまでの経緯が丁寧に描かれており、女性がなぜTLを読み、魅力にボーっとしてしまうのかがわかるはずです。

男性が読んでも、えっらいエロい作品であるため、ぜひレビュー本文記事を読んでみてください。

第2位:運命の出会いの瞬間だけを描く『その時の彼女が今の妻です』は恋する瞬間特化型恋愛漫画!!

その時の彼女が今の妻です (ビームコミックス)
著者:音井 れこ丸
出版社:KADOKAWA
販売日:2020-02-12

 

・出会いの瞬間にこそドラマがあると改めて感じさせる傑作短短編集

 

『その時の彼女が今の妻です』というタイトルそのままに、23組+αの夫婦になる男女の瞬間を各話10ページにも満たないほどで読ませるオムニバス作品。

 

この作品、実はめちゃくちゃ新しい読み味で、とんでもなく面白いんです。

そののち結婚する二人の瞬間は想像通りのドキドキキュンキュン展開のものもあれば、「こんな出会い!?」といういわゆるどんでん返し展開もあり、その短編を読んでいるだけでもめちゃくちゃ面白いのです!

 

ですが……この作品の凄いところは「読み終わった後」にあるんです。

 

例えばこんな1話があります。

自分が一番おいしいと思っているラーメン屋。そんなお店の隣の席でラーメンを食べている美人の女性が小さな刻みネギをテーブルにこぼしてしまう。

それを恥ずかしそうに悩みながらも手でつかみさっと口に放り込む瞬間を見てしまった。

 

うんうん、わかる、ネギひとつも取りこぼしたくないよね~なんて思ってその光景を見ていた彼も、ついつい刻みネギをこぼしてしまう。すると結構遠くまで飛んでしまい、隣の女性の近くまでいってしまう。

そんなネギを自分が落としてしまったものと勘違いしてしまい口に運んでしまう彼女。

 

そんな彼女……とのやり取りを見てニヤッとしていた店員の女性が今の妻です。

 

 

>>>記事本文はこちら

 

人との出会いは奇なるもの、この一言ほど本作を表現するのにぴったりな言葉は恐らく無いでしょう。多種多様な男女が結ばれて夫婦になる様は、ひょっとするといつかのあなたの姿に重なるやもしれません。

新生活が始まる4月、素敵なご縁を運んでくれるのでは、と読めば思わず期待してしまいたくなる一作です。

第3位:女性議員へのテロ行為、洗脳犯罪を描いた『ゼウス 神々の王』がたった2巻で驚愕展開の完結に!

ゼウスー神々の王ー ( 1) (ニチブンコミックス)
無料試し読み
著者:天王寺 大,秋重 学
出版社:日本文芸社
販売日:2020-02-28

 

女性議員が少しぼやいたり、ちょっと記者に気持ちを吐露しただけで1時間も待たずに炎上するこのご時世。

女性議員にヤジやヘイトツイートをするだけでなく、発砲からの自爆テロまで起きてしまうというエグい作品が発売された。

 

『ゼウス 神々の王』。

なんと第1巻と第2巻が同時発売という大胆さで。

 

内閣府特命大臣の女性議員、新城綺羅(しんじょうきら)が、いわゆる選挙カーの上で

「みんなぁ……今のニッポンに満足してるぅ?」

と投げかけるシーンから物語は始まる。

 

そして、論調が次第に高まり、

「近い将来 日本国総理大臣となってニッポンを取り戻す!!」

と宣言したとたんに聴衆から拳銃を撃ち込まれるという。

犯人をおさえつけるとなんと少女。

しかもその直後にその娘が自爆テロ。

いや、壮絶ですよこれは。

 

2016年に英国の議員が発砲され、その後に刺殺される事件があったが、この漫画にあるような「選挙カーの上での演説」って思えばかなりリスクが高いですよね。

観ている人たちからの距離が近いだけでなく、観覧の範囲も曖昧。その上、人々を刺激する言葉をマイクで投げかけるわけで。

 

そういった大衆とのコミュニケーションにおける危険性(リスク)に警鐘をならしているような出足から一転。

 

物語は組の金を返せなくなった暴力団員、工藤迅のストーリーへ。

金策に困りながらも弱っている人を見捨てられないという兄貴肌な彼に、謎の美少女から電話がかかってくる。

 

「三日で……一億円の利益じゃ足りないかしら?」

 

少女が持ち掛けてくるこの不可思議な誘いは、いわゆる「洗脳犯罪」の初手になっていまして。

まぁここからの展開がトリッキーなストーリー構成でなっかなか先が読みにくい。

というか、先読めないし。

 

なんてったってこの少女こそがテロを量産する洗脳行為のキーパーソンで、最初に登場した新城綺羅議員がマークしていた相手だったというから、もうあんぐりですよ。

 

世代的にTVドラマ『沙粧妙子-最後の事件-』がもう大好物なんですが、あのノリですね。

洗脳された人間が次々に事件を起こしていくという。

映画『羊たちの沈黙』といい海外ドラマ『ザ・フォロイング』といい、何度このパターンを見てもぐぐぐっと惹きつけられてしまうんですよね。

 

洗脳者は大体ニコニコしていたり、瞬きをあんまりしなかったりといろいろですが「洗脳犯罪」というジャンルがもうコンテンツ業界に確立している感があります。

 

だがしかぁぁしっ!

 

 

>>>記事本文はこちら

 

壮大なテーマとスピード感を掛け合わせた本作は、読んだ後に何とも言えない爽快感を味合わせてくれるのが特徴です。

このような恐ろしい出来事は絶対に起こってはならないと分かっていても、マンガとなれば話は別。“最悪×悪夢”の産物とも言える本作がきっとあなたに刺激的な一時を与えてくれるでしょう。

* * * * *

 

 

以上が2020年3月9日~3月15日のTOP3レビューです。

いかがでしたでしょうか!

次週のTOP3レビューはどの作品になるのでしょうか。

来週も【週間レビューランキング】をお楽しみに!