TOP > マンガ新聞レビュー部 > あるあるネタ満載!『クレーンゲームはやめられない!』を読んでキミもプライズゲットだぜ!

あるあるネタ満載!『クレーンゲームはやめられない!』を読んでキミもプライズゲットだぜ!

皆さん「クレーンゲーム」はお好きですか?

 

ゲームセンターとかにある「ボタンやレバーでアームを操作して景品を穴に落とす」ゲーム機のことです。

 

クレーンゲームはアームの形状や景品の置き方のバリエーションが豊富で、それらによって攻略法が異なるのですが、共通して言えるのは「プライズ(ゲームセンター専用の景品)をゲットできたらチョー嬉しい!」ということです。

 

そんな流れで今回ご紹介するのは、「クレーンゲームの世界」を面白おかしく学べる作品『クレーンゲームはやめられない!』です。

 

クレーンゲームはやめられない!(1) (ガンガンコミックスJOKER)
無料試し読み
著者:高瀬 飛鳥
出版社:スクウェア・エニックス
販売日:2019-08-22

 

 

主人公「星峰 理宇(ほしみね りう)」はオタク趣味の女子高生。

 

推しキャラのプライズが登場したことを知り、学校帰りにゲームセンターに向かおうとするが、どこか浮かない顔をしていた。

 

同じクラスの友人「御友 杏奈(みとも あんな)」は理宇&ゲームセンターへの興味本位で一緒について行くのだが、そこで目にしたのは杏奈が想像していたクレーンゲームの遊びとは全く異なる光景だった……。

 

 

……という感じで物語が始まります。

 

本作は「株式会社タイトー」が取材協力をしており、ゲームセンター内部の描写やクレーンゲームの種類ごとの解説が大変リアルなため、実際に遊ぶ時の参考になります。

 

またクレーンゲームを遊んでいる人なら気づく「あるあるネタ」が豊富で、読みながら「わかる~」とニヤニヤできるポイントが多いです。

 

例を挙げると、クレーンゲームの金額で「1回100円だけど、500円入れると1回分増えて計6回遊べる」ことに対して、理宇は「お得でしょう!」と喜びますが、杏奈は「5回以内に取れない前提なの!?」と衝撃を受ける…といったやりとりなどです。

 

理宇 = オタク、クレーンゲーム経験者(実力:中級)

杏奈 = 一般人、クレーンゲーム初心者(実力:素人)

 

このようなスペックのペアが一緒にクレーンゲームに挑むストーリー構成のため、理宇と杏奈のやりとりを通じて、読者は「オタクと一般人の認識の違い」ゆえに巻き起こるコメディを楽しみながら「クレーンゲーム攻略の知識」を得ることができます。

 

本作は「クレーンゲームが好きな人」には勿論、「クレーンゲームを遊んだことはないけど興味はある人」や「女子高生がキャッキャウフフしながら遊んでいる光景に癒されたい人」にもオススメできる内容になっています。

 

そんな『クレーンゲームはやめられない!』は、現在『ガンガンJOKER』で連載中でコミックスも2巻まで発売しています。(2020年春に3巻が発売予定)

 

本作を読めば、きっとクレーンゲームを遊びたくなる衝動に駆られると思いますが、くれぐれも「お金のご利用は計画的に」楽しいクレーンゲームライフをお過ごしくださいませ!

 

 

クレーンゲームはやめられない!(1) (ガンガンコミックスJOKER)
無料試し読み
著者:高瀬 飛鳥
出版社:スクウェア・エニックス
販売日:2019-08-22
クレーンゲームはやめられない!(2) (ガンガンコミックスJOKER)
無料試し読み
著者:高瀬 飛鳥
出版社:スクウェア・エニックス
販売日:2019-11-22