TOP > マンガ新聞レビュー部 > もうひとつの『まんが道』!少女漫画の誕生秘話を描く『薔薇はシュラバで生まれる』

もうひとつの『まんが道』!少女漫画の誕生秘話を描く『薔薇はシュラバで生まれる』

『まんが道』(藤子不二雄Ⓐ)『ブラック・ジャック創作秘話』(原作:宮崎克、漫画:吉本浩二)など、マンガ家とその創作過程を描いた「マンガ家マンガ」はマンガ作品とマンガ家を知り、マンガをより楽しませてくれます。

 

マンガ家本人が語るものはもちろん、その周辺のひとたちの語りも読みごたえがあります。

 

笹生那実さんの『薔薇のシュラバで生まれる――70年代少女漫画アシスタント奮闘記』もそのひとつ。

1970年代の伝説的少女漫画家たちのものでアシスタントをされていた方からの話は、自分が楽しんでいた作品の誕生秘話を知ることができるとともに、今のマンガ家の方への貴重な助言も詰まっています。

 

山岸凉子先生が描きたくなかった作品とは?

 
『ポーの一族』『摩利と新吾』『はみだしっ子』――いまもなお読者を魅了し続ける「少女マンガ」の傑作たち。自身もマンガ家としてデビューし、そんな傑作を生みだした先生方のアシスタントを務めていた笹生那実さんが、アシスタント時代のエピソードを描いたのが『薔薇はシュラバで生まれる』です。
 
 
当時は多くのマンガ家が表現を模索し、読者を開拓していたとき。『ガラスの仮面』を描いた美内すずえさんがアシスタントに次の展開はどちらがいいか聞くように、『薔薇はシュラバ』に登場する先生方が日々、読者をどう引き付けるか奮闘してる姿が描かれます。
 
 
笹生先生はその先生方と同じ部屋の中でアシスタントとして背景や小道具を描かれていました。
先生のエピソードからシュラバのときの雑談内容まで、事細かに紹介してくれます。
萩尾望都先生が作られたという、シュラバの様子を描いた歌「アシスト・ネコ」は私も聞いてみたい。
 
 
なによりも純粋に自分の好きな作品の生まれた現場をのぞき見できるのは楽しい。印象的だったのは、山岸凉子先生の『天人唐草』という家族を含め周囲に圧迫されていた女性が「狂う」ことで解放される姿を描いた短編です。
 
 
笹生先生によると描いている最中に山岸先生は「ああ 描きたくない……」とこぼされたそう。
 
しかし、のちのテレビインタビューで、山岸先生がそれまで描いたものの中で一番好きな作品として挙げ、「転機となった」「自分というものをより表せるようになった」とコメントしました。
 
笹生先生も作中で指摘されているように、きっと生みの苦しみだったのではないでしょうか。驚くと同時に、「それでも生み出していただきありがとうございます」と言いたくなりました。
 
 

いまにも通じる貴重な助言も

笹生先生のアシスタント生活をみると、当時のマンガ家が自作を描きつつ、かつ、先輩の元で話の作り方や絵の描き方を勉強していたことがわかります。背景などを描く参考書籍も少なかった時代ですから。

 

そして、ときには先輩マンガ家からの貴重な助言も。

アシスタント活動が忙しくなった笹生先生は、なかなか自分の作品を完成させることができなくなります。

その中で、樹村みのり先生の作品のセリフを思い出し、「練習作でいい」と割り切って少しずつ描いていきます。それがなんと雑誌に掲載されることに。

 

戸惑う笹生先生に、お祝いの電話をされた樹村先生は、

「デビュー直後の若い人なら未熟な作品を描いてもいい 失敗作だっていい」

「それを読者に読んでもらうことによって学んでいける」

と伝えます。これはデビュー直後、完璧主義ゆえに作品数が少なかった樹村先生自身の経験から出てきた言葉です。

 

「たくさん描けば、物語の作り方が自然に身につく」という樹村先生の言葉は、マンガ家を目指す人にも参考になるでしょう。(今なら、デビュー直後の若いマンガ家に限らず「始めた人は誰でも」といえると思います)

 

読み終わってから「今までこうしたエピソードが断片的に、しかも主に編集者から伝わっていなかったのはなぜか」という考えてしまいました。

その答えも笹生先生が作中で指摘されており、当時の少女マンガ家は若くして引退する人も少なくなかったそうです。

 

しかし、笹生先生が出した同人誌がきっかけで商業出版となったように、これからも少女マンガ誕生秘話がどんどん出てくればいいな、と長年の少女マンガファンとしては願ってやみません。

 

 

無料試し読みはこちらから