TOP > マンガ新聞レビュー部 > 少女たちの鮮烈な「痛み」、そして「生」を描く『センコウガール』

少女たちの鮮烈な「痛み」、そして「生」を描く『センコウガール』

「2019年に発売された中で最高のマンガを一つ挙げよ」と言われたら悩んでしまうが、筆頭候補に『センコウガール』を挙げることは間違いないだろう。

 

『スメルズライクグリーンスピリット』を読んだその時から、私の肉体・魂・精神は永井三郎さんへの敬慕をとめどなく溢れさせ続けている。

『センコウガール』を読み終わった時、その想いは更に遥かなる高みへと昇華した。あまりにも良すぎたため、レビューを書こうと思ってもこんな言葉では全然形容し切れてない、と数ヶ月書けなかったほどだ。

 

永井三郎という稀代の作家

永井三郎さんの作品には、「これは自分の物語だ」と思えるような心の傷を抱えたキャラクターが頻出する。

理不尽な環境や運命に傷つけられてしまった少年少女たちが、痛みを曝け出し、苦しみ、叫び、涙し、葛藤しながら懸命に藻掻くように生きる姿はどこまでも胸を焙り焦がす。

 

人は誰といようとどんな契約を取り交わしていようと、根本的は孤独な存在だ。

されど、マンガを含めて優れた物語というものは、時に人の孤独と痛みに寄り添い和らげてくれる。

自分にしか解るまいと思っていた苦しみと同質の悩みを持ち、葛藤しながら生きるキャラクターに出会った時、人はそこに自己を投影したり深い共感を得たりする。

そして、その存在は人生を歩む際に心の杖となってくれる。

 

そこまで思い詰めていない人が触れた場合でも「世の中にはこういうことで悩み苦しんでいる人がいるんだな」と可視化されることで、自身がまったく体験したことがない他者の痛みに対してでも理解と想像力が育まれ、心と精神の成長を促してくれる。

 

『センコウガール』も正にそんな力を有する優れた作品だ。

 

「デストロイ新連載」だった『センコウガール

『センコウガール』は、2015年に雑誌「ヒバナ」で「デストロイ新連載」というパワフルなコピーを提げて連載が始まった。

しかし残念ながらヒバナ自体が休刊になってしまった。その後、裏サンデー・マンガワンでの掲載を経てまんが王国というサイトでのみ全巻が配信されていた。

 

それが2019年になり、4月26日に遂に各電子書店でも配信が開始された。そしてこの度、2020年1月10日に1、2巻同時発売するのを皮切りに、2ヶ月連続で紙の単行本が完全版として全4巻で発売された。

 

これを機に、全力でお薦めしたい。4冊で完璧にまとまっている名作なので、あまり長いマンガはちょっと、という人にもうってつけだ。

 

本作では不登校になっていた主人公の民子とその周囲のクラスメイト数名を中心に、ひとりの女生徒の死を巡って不穏な展開が続く。

高まる緊迫感、謎が謎を呼ぶ展開に真相はどこにあるのか、彼女たちはどうなってしまうのかと読むほどに引き込まれる。純粋にサスペンス的な面白さも一級品だ。

 

そして、物語を彩る端正な絵が純粋に魅力的だ。

ヒロインの美しさが一つ物語を構成する軸になっているが、それが画的にも十分な説得力を持たされている。

 

しかもただ単に美しいだけではない。豊かな表現力によって、喜怒哀楽すべての表情の振れ幅が大きく描かれる。特にある回の扉絵などはぞっとするほど美しくも鬼気迫るものを感じさせられる。

 

人というのは恐ろしいものなのだ

しかし、それ以上に『センコウガール』は様々な方向に感情を大きく揺り動かしてくるところに類稀なる魅力がある。

前述した通り、少女たちの葛藤こそが本作の真髄だ。容姿の悩み、夢の挫折、外部的要因による排斥、家族関係など、青春の輝かしい面の裏側にある闇に囚われた少女たち。それぞれが死にたいほど悩み、半ば自棄になりながら、心の奥底では生きることを希求している。

 

一人一人のバックボーンが丁寧に描写されていく中で、言動を好きにはなれなくとも悩む理由は理解はできていく。そこには強靭なリアルさがあり、痛切に胸に迫る。人によっては強すぎるくらいの共感を覚えるだろう。

 

噂話をするクラスメイトたちや主婦たちの無責任さがまたリアルさを補強している。物語で読んでいると嫌悪感を催すが、人間は無意識的にこういった立場に立ってしまいがちであることにも自覚的であるべきだと釘を刺されているようにも感じられる。

 

そして、それは完全版4巻描き下ろしのおまけマンガで、更に強力に補完されている。現代の人間の歪さを極めて的確に、批評的に描いている。

 

不遇の中で微笑む力強さ

期待をすることを諦めていた対象と改めて対話を深めることによって、自らが抱えていた問題が大きく氷解していくシーンはとりわけ感動的だ。

現実でも、こうした相互の歩み寄りによって解決する問題やシーンは存在するだろうと考えられる。

 

一方で、どれだけ対話をしたところで理解し合うことは不可能であろうと思わされる対象も存在する。

こういった相手とは物理的に距離を取り、社会のシステムがもたらしてくれる盾に縋るしかないのだろう。

修復できる関係が多数を占める中で、決して修復できない関係、しかも内心無理だと解っていてもそれを求めずにはいられない、より絶望感を浮き彫りにさせられる構造がそこにはある。

 

しかしながら、そんな中ですらも笑って輝きを放つことができるのもまた人間なのだと『センコウガール』は示してくれる。それこそが本作の最大の美点だと言ってもいい。

 

過酷な運命、過酷な世界の中で傷つきながらも前を向いて気高く生きる姿に圧倒的に魂を揺さぶられる。

それは第三者から見ていると解り難いが、容易く行われることではなく決死の覚悟が必要な高貴で苦難に満ちた営為であると神視点から見ている読者には深く実感できる。

それ故に、果てしない困難の上に成り立つものだからこそ、余計に尊さを、神聖さを感じずにはいられない。

 

『センコウガール』が意味するところ

センコウガールのセンコウは様々な意味を宛てがうことができるだろう。

「先行」……先に行くこと。先に行われること。

 

「先後」……時や順序の、さきとあと。さきとあとの順序にほとんど差がないこと。また、順序が逆になること。

 

「鮮好」……はっきりしていて美しいこと。主人公・民子の生き方の形容としてこちらも相応しい。

 

「跣行」……裸足で行くこと。これも民子に相応しい。

 

「潜考」……心を鎮めて深く考えること。そんなシーンもあった。

 

「潜行」……水中をもぐって進むこと。隠れて動き回ること。そうせざるを得ないこともあった。

 

「閃光」……瞬間的に明るくきらめく光。何と言っても一番はこの意味だろう。

 

私は「閃光」というと、最近リバイバルで話題となった『ダイの大冒険』のポップの以下の名台詞を思い出さずにはいられない。

 

「一瞬…!!だけど閃光のように!!まぶしく燃えて生き抜いてやるっ!!それが俺たち人間の生き方だっ!!」 

 

そう、閃光とは一瞬の燃焼の際に生じる刹那の輝き。

そんな、生命から生れ出づる玉響の閃光がこの物語にはあまりにも烈しく美しく綴られている。この至高の人間讃歌に込められた魂の大熱と高貴さを、奇跡のように眩い青春を、一人でも多くの人と共有し語り合えることを切に願って止まない。

 

余談だが『スメルズライクグリーンスピリット』はNirvanaの『Smells Like Teen Spirit』が元になっていると思われる。

そしてこの『センコウガール』もまたモチーフになっている曲があると考えられる。東京事変の『閃光少女』だ。

敢えてここでは詳細は書かないが、読後に『閃光少女』の歌詞を読みMVを観るとストーリーに重なる部分があまりに多く感じ入ってしまう。

ぜひ、読んだ際には併せて聴いてみて頂きたい。

 

 

無料試し読みはこちらから

 

 

 

センコウガール 完全版 (1) (裏少年サンデーコミックス)
著者:永井 三郎
出版社:小学館
販売日:2020-01-10