TOP > 恋愛・ラブコメ > 隣人同士がBL関係に⁉『子持ちホストの危険な隣人』は酔っぱらうとキス魔になるイケメン作家でした。

隣人同士がBL関係に⁉『子持ちホストの危険な隣人』は酔っぱらうとキス魔になるイケメン作家でした。
レビュー執筆者:アキミ

BL漫画『子持ちホストの危険な隣人』

子育てBLです。タイトルの通り、No.1ホストが働きながら子育てしております。

 

こちらの作品は現代ものでファンタジー要素はありませんので、受が産んだわけではありません。亡くなった姉の子供なのですが、自分の子供として養育しているようです。この息子さんが天使のように可愛いんですよね……4歳くらいでしょうか。

 

カップリングは、「人気小説家の隣人 × 子育て中のNo.1ホスト」です。

 

攻は危険な隣人よばわりされていますが、せいぜい酔っぱらって好みのお隣さんにキスしちゃう程度の危険さなので、BL業界においては可愛いものです。しつけられた愛玩犬の甘噛みみたいなもんです。

 

この隣人の人気作家は、好みの外見のホストに胃袋までガッチリ掴まれて彼氏に立候補し、積極的に口説きにかかります。

 

まず息子に気に入られ、保育園に行きたくないとぐずる息子に困った時は預かって面倒をみて、キスをしたければ勤めているホストクラブに来いといわれて来店し、ヤバイ男に狙われていると知ったら勤務先のホストクラブに見習いとして入店してくるという忠犬っぷりです。危険な隣人というか、受に熱烈に求愛するごく普通の攻さんです。

 

危険というなら、店をクビになったあと、新しい店を作って元の店のホストを引き抜きにかかった挙げ句、断られたら人を使って襲わせて、特にお気に入りだったNo.1を自分のものにしようとした男の方がよっぽどヤバイやつでした……。

 

さらっと解決していましたが、相当イッちゃってる感じだったので、二度と関わりに来ないでほしいものです。

 

ホストクラブでNo.1を維持している聖也は、基本的に性欲が薄くあまり人に執着できない性格で、過去のトラウマもあり、何より養育している息子に全力投球中なので恋人なんて二の次三の次状態でしたが、次第に気持ちが傾いていきます。

 

最初以外は誠意の塊みたいな男に口説かれたらそれは落ちるしかないよね……という感じでしょうか。

 

子育て描写が可愛く、肌色シーンはごく控えめ。絡みが苦手でも美味しくいただける仕様になっていますので、気軽に手を出していただければと思います♪

 

 

子持ちホストの危険な隣人 (花音コミックス)
著者:桃季さえ
出版社:芳文社
販売日:2019-08-29

 

 

こちらの記事は、記事提供元のマンガの宇宙を旅するためのWebマガジン「コミスペ!」でも読むことができます。