TOP > マンガ新聞編集部 > 【レビューランキング】第1位は曲者揃いの変態ぶりが妙に心地よい学園マンガ『可愛いそうにね、元気くん』

【レビューランキング】第1位は曲者揃いの変態ぶりが妙に心地よい学園マンガ『可愛いそうにね、元気くん』

こんにちは。マンガ新聞編集部です。

週間レビューランキング(1/24~1/30)をお届けします!

 

 

第1位:嗜虐心、羞恥、支配。アブノーマルな欲望が絡みあう青春コミック!『可愛そうにね、元気くん』

 

こんにちは! 漫画ソムリエの東西サキです。

ふだんは東京ネームタンクでマンガの持ち込み先進路相談をしています。

マンガ技術研究会では新連載をひたすら集めて読むお仕事もしています。

そんな私から見てオススメの漫画をご紹介して参ります。

どうぞよろしくお願いします!

今回ご紹介する物語は、可憐であるがどんくさいヒロイン・八千緑と、そんな彼女の悲痛な様子に興奮し妄想する主人公・廣田元気、彼の秘密を知るクラスのマドンナ・鷺沢守の奇妙な関係性を描いた物語です。

 

 

・あらすじ

 

主人公・廣田元気はクラスメイトである少女、八千緑の悲痛な様子に性的興奮を覚えつつ恋愛感情を抱いています。

八千緑は彼にとって「理想の不憫な少女」であったが、主人公はそんな自分の彼女に向ける欲望がまともではないと葛藤し、その欲望のはけ口として漫画を描いています。

しかしある日、秘密をクラスメイトに知られてしまいます。

相手はクラスのマドンナ的存在である鷺沢守。

主人公の悪評が広まってしまうのか、と思いきや……

……勉強はもとより運動もできる正統派美少女である彼女にも秘密があったのです。

それが「人を支配コントロールしたいという欲望」。

主人公は彼女から「今日から私がお前を飼ってやる」と脅迫文句を打ちつけられ、誰もが隠している欲望が絡みあうという展開へと物語が進んでいきます。

 

 

・倒錯した性癖や歪な人間関係を題材に選ぶ理由

 

主人公の性的嗜好は苦痛に晒されて苦悶の表情を浮かべる様子や物理的暴力で悲鳴を上げるシチュエーションに興奮する、所謂「リョナ」と呼ばれる性癖で一般には共感できない趣味といえます。

また主人公以外の周囲の人物達も倒錯した性癖や人には言えない願望を持つ人々で配置されています。

では、なぜこの作品の主要登場人物達は、みな特殊な性癖や秘密をもっているのでしょうか?

それはおそらく……

 

>>>記事全文はこちら

 

 

他人からは理解されにくい変態ぶりを持つ3人の高校生。

性癖を隠そうとウソやブラフをかましていくことで、ストーリーがどんどん複層的になっていき、むさぼるように続きが読みたくなる衝動に駆られます。

3人の、青臭くて、傲慢で、あやういヘンタイな高校生活を覗き見する感覚がなんともワクワクする一作です。

 

 

第2位:最新マンガ傾向を解説!『このマンガがすごい!2020』がどうすごかったのか★オンナ編

 

『このマンガがすごい!2020』のどこがすごかったか、オトコ編を昨年末に記事にしましたが、今回はそのオンナ編です!

あけましておめでとうございます! 東京ネームタンク代表のごとう隼平です。
マンガ文法を広め、マンガ作りをもっと楽しいものにしていくために、マンガスクリプトドクターとしてYoutubeも更新中です。本年もどうぞよろしくお願いします!

インタビュー記事の不備により雑誌版の『このマンガがすごい!2020』は回収ということでした。その後続報もないようなので、このまま雑誌版は出ない形でしょうか。

 

しかしそうなると「なぜこのマンガがすごいのか」その理由を解説しているところがどこにもない……!という事態!

今回もマンガスクリプトドクターを名乗るごとうが、どうこのマンガがすごかったのか、マンガ技術的な側面と2020年という時代性を考え、審査員の心を掴んだ理由について読み解こうと思います。

全20作品、ここだけ読んでればちょっとマンガを詳しい風に語れるように頑張ります!まず今回は『オンナ編』10作品をご紹介しますね。

『オトコ編』はこちらからご覧いただけます。

★オンナ編

 

>>>記事本文はこちら

 

 

マンガ好きならチェック必須の『このマンガがすごい!2020』。ランキングの面白いところは作品についての評価が、主催者ごとに全然違うところなんですよね。マンガ新聞大賞10位の『さよならミニスカート』は『このマン』オンナ編1位でした。本当に面白い作品は、どのランキングにも登場するのは必然ですね。

この、ごとうさんによる『このマン』受賞作品の解説はさすが!としか言えません。わかりやすすぎる……。

 

第3位:【マンガ新聞大賞入作品】『SPY×FAMILY』がなぜ面白いのか整理してみました!

SPY×FAMILY 1 (ジャンプコミックス)
無料試し読み
著者:遠藤 達哉
出版社:集英社
販売日:2019-07-04

 

 

『SPY×FAMILY』は、2019年3月25日より『ジャンプ+』にて連載が開始された作品、2020年1月現在第3巻までが発売されています。

 

掲載開始からマンガ新聞でもさっそくに話題になり、レビューが寄せられました。たとえば……

 

①赤の他人が「本物の家族」になっていく過程が面白い(西川裕貴さん)

②最先端の「家族観」が描かれている(ごとう隼平さん)

子育ての難しさを一言で表した深すぎる名ゼリフ(こしのりょうさん)

 

それぞれ「なるほど!」という視点のレビューでした。レビュアーさんごとに『SPY×FAMILY』の面白さを端的に言い当てているので、なぜこの作品がこんなにもウケているかがスッと理解できます。

 

>>>記事本文はこちら

 

 

おかげさまで2019年1月27日に開催された「第3回マンガ新聞大賞」も盛会に終えることができました。当日は『SPY×FAMILY』の担当編集者である林士平氏にもお越しいただきました。

 

オリジナル記事では3人のレビュアーがそれぞれに『SPY×FAMILY』の魅力を語っています。すでに200万部超えのヒット作、そしてレビューが何人からも寄せられるというのは、面白さの証といえるでしょう。

 

* * * * *

 

以上が2020年1月24日~1月30日で最も多く読まれた記事になります。いかがでしたか。

 

どの作品も第1巻が発売されてからそれほど日が経っていないものばかり。

一気読みするなら今がチャンスです! これを機に最新巻まで追い付いてみてはいかがでしょうか。

 

次回はどんな作品がランクインするのか。

来週まで乞うご期待ください!