TOP > マンガ新聞レビュー部 > 介護はホントはクリエイティブ!『老人ホームに恋してる。』で知る辛いだけじゃない日常

介護はホントはクリエイティブ!『老人ホームに恋してる。』で知る辛いだけじゃない日常

こんにちは、NetGalley Japanです。NetGalley(ネットギャリー)は、出版社が掲載する発売前の作品をサキヨミできるサービスです。

 

今回取り上げるのは、2019年12月10日に発売となった『老人ホームに恋してる。 介護職1年生のめくるめく日常』。Twitterで3.2万RT、13万いいね!と大反響を巻き起こした作品です。

 

 

 

 

 

【あらすじ】

自分がやりたいことを真剣に考えたら、老人ホームで働くことになりました。

新感覚!無常の老人ホームコミック&エッセイ

Twitterで3万リツイート!介護職の悲喜こもごもをほがらかに暴く1冊。

「まだ若いのに… 芸大を出たのに… 3Kなのに」なんでその仕事をしているのか?

介護の仕事はクリエイティブ!?

母が祖父母の介護をするのを見て興味を持った介護職。周りの目は、「なぜその仕事?」「早く辞めな」と冷たい視線。体はキツいし、泣きたいこともあるけれど、私、この仕事が好きです。

介護職1年生の新人職員のフレッシュな目線から、鮮やかに切り取られる介護の仕事と、個性あふれる入居者の方々の老人ホームでの生活と人生もようがあふれます。

(書誌情報より)

 

出版社の担当からのメッセージ

ひとことで語られがちな「介護」や「老人ホーム」。
とかく大変と思われがちな介護職。
なかなか入れないがゆえに、実はよく分からない「老人ホーム」。

 

オープンでないところだけに、社会的にこれだけ大きな存在になり、多くの人が利用するようになっても、そこでの生活や介護の様子はなかなか分かりません。

 

この本は、介護職1年生の著者が、自らの体験を等身大にイラストで表現しているので、老人ホームで働く人はもとより、行ったことが無い人にもイメージができるので、共感したり、そういうことかと気づいたり。

 

■介護に携わる方、入居している方と家族、そして、介護職を検討している方、入居を検討している方にぜひ読んで欲しい本です。

 

介護はクリエイティブ!(図書館関係者)

「福祉の仕事ってみんなが思っているよりも、クリエイティブなんです」。
高校は美術科、大学も芸術大学と美術畑を歩んできた著者が、卒業後の進路に悩んでいた時に就職セミナーで出会ったのが冒頭の言葉でした。そうして飛び込んだ介護の世界。時に喜び、時に涙しながら介護職として働いた1年目の日々を、文章と漫画で綴ります。

 

「介護の世界って3Kなだけじゃないんです!楽しいこと、心動かされることだって、こんなにたくさんあるんですよ」という作者の思いがすべてのページから聞こえてくるような本でした。

著者の一生懸命さに心が洗われます。(あと司書の仕事も世間からバカにされたり、低く見られたりされがちなので、その点にも共感しました。)

 

また、「クリエイティビティを発揮できる仕事の幅は結構広い!」という実例を提供しているという点で、生徒の進路選択の役にも立ちそうなだと思いました。ぜひ購入したいです。

 

葬儀屋だから読んでみたら…(レビュアー)

忘れてはいけないこと。

人生の先輩なんだなぁと。
読んでいて暖かいような、切ないようなきもちになったのは素直な感想。
ぼくは葬儀屋として施設には何度もお迎えに行きました。
介護職員の方とこのような話できたらよかったなぁ。
亡くなってからも、実は身体には生きた形跡残るんです。
匂いや色など、そんなことも共有したかった。
ぼくはいま葬儀屋ではなく、施設にお迎えは行かなくなったが、母と妻が施設職員なので、夜勤の大変さは漫画の通り想像できる。
特に印象的なのはシワのない23歳の手と、シワシワのお年寄りの手を合わせているところ。
きっとこれは合掌なんだと。
ありがとうございます。
そんな気持ちで読み終えました。

 

介護職って辛いだけじゃないらしい(教育関係者)

介護職に就かれた女性のおじいちゃんおばあちゃんたちとの交流や老人介護施設での出来事を赤裸々に、あたたかく描いてあるエッセイマンガ。手書きの文字も上手で暖かさを出していてとてもほっこりとしました。著者の大塚紗瑛さんはとても素敵な方だと思います。

 

介護職のイメージってやはり「給料が安いのにきつい仕事」というようなあまりよくないイメージがあるので、こういう介護職の方の働き甲斐とか、きついこともあるけれど楽しいこともうれしいこともあるよなんていう声がもっと世間に届いて、もっといろんな人が注目するような仕事になったらいいなと思います。

 

そして保母さんもそうですが、もうちょっと給料が上がってもいいと思うんですよね。

どんどん少子化が進む現在、介護は自分たちにも必要になってくるんだし。この本は例えば小中学、高校などの図書館とか「将来なにになりたいか」とかを考える授業で使ってもいいと思います。

 

最後に大塚紗瑛さんが素敵な人と結婚できますように!

 

 

* * * * *

 

などなど、感想やレビューが寄せられています。

 

発売前に新刊が読めるのがNetGalley!

NetGalleyには5タイプの会員が登録されています。

・書店関係者

・図書館関係者

・教育関係者

・メディア関係者

・レビュアー(他業界の方、ブロガー、SNSユーザー、一般読者など)

会員のみなさんはNetGalleyにレビューを投稿して、読んだ作品を応援しています

 

 

ぜひ、気になるこの作品を読んでみてください!

まずはNetGalleyに登録(無料) 

→『老人ホームに恋してる。 介護職1年生のめくるめく日常』ページのリクエストをクリック!

→NetGalleyを通して、出版社に直接レビューが届けられます。作家さんが読んでくれるかも! 感想・レビュー大歓迎です。

 

 

 

あなたもNetGalleyでこれから世にでる本を一緒に応援しませんか?

 

 

NetGalley(ネットギャリー)とは?

NetGalley Japan Twitter

NetGalley Japan Facebook